イスコの移籍は決定的?移籍先は、ユベントスが濃厚なのか?

レアル・マドリードに所属するイスコ。もしかしたら、この冬の移籍市場で移籍をするかもしれません。

監督との確執問題で修復不可能とまで報じられている。このままでは、イスコが飼い殺しになってしまう可能性が高い。

イスコのプレースタイルと監督が求めるプレーが合わないことが原因だと思うのですが、これ以上試合に出られないとなると、イスコは移籍した方が良さそうですね。

イスコの獲得を狙っているクラブが多くあると思います。中でもユベントス、マンチェスター・C、チェルシーといったビッククラブが狙っているとのこと。

イスコも偉大なクラブからのオファーで移籍を決断するのでしょうか?

今回は、イスコの移籍について書いていきたいと思います。


イスコは、この冬に移籍を決断するのか?

この冬で動く可能性はあるとは思います。イスコは監督が変わらない限り出場は厳しいようなので。

夏まで待つのであれば、レンタル移籍をするといった手段はあるでしょう。そうしないと、イスコの試合勘がなくなってしまい、選手としての価値を下げてしまう恐れがあるからです。

イスコ自身もレアル・マドリードにいては試合に出ることが難しいと判断していると思うので移籍はするだろうと思います。

ユベントス、マンチェスター・C、チェルシーというビッククラブからのオファーとなれば移籍を考えることでしょう。

贅沢な悩みですね。他の選手から見たら羨ましいばかりです。

イスコの代理人も移籍の話を進めていると思います。イスコが新天地を求めるとしたら、どこになるのでしょうかね?

一番いい移籍先とすればチェルシーかもしれません。セスクがいなくなったことを考えれば、イスコの居場所もあると思います。

ただ、チェルシーのサッカーに合うのかは疑問があります。イスコのプレースタイルを考えると、プレミアリーグは合わないような気がしますね。

ボールを持ちたがるイスコのプレースタイルに合うかと考えると厳しいかもしれません。同じく、マンチェスター・Cも同じですね。

しかも、マンチェスター・Cには、ケヴィン・デ・ブライネがいますし。

そうなると、ユベントスが一番良いのかもしれませんね。ユベントスにもパウロ・ディバラがいますので、どう組み合わせるのか?

難しいところであると思います。しかし、パウロ・ディバラの移籍の噂も出ているので、後釜としては良いかもしれません。

クリスティアーノ・ロナウドもいるので適応するのには楽かもしれません。

冬の移籍市場は、まだ時間がありますので、慎重に移籍先を決めてほしいと思います。

イスコの移籍先の候補にユベントスが挙がっていますが、気になることがあります。

次は、そのことについて書いていきたいと思います。

イスコを始めユベントスに移籍するのではという報道が多いのは、何故?

イスコの移籍先の候補の一つであるユベントスですが、マルセロがユベントス移籍を望んでいるという報道もあります。

さらに、インテルが狙っているモドリッチの獲得にユベントスも名乗り出るような報道も出ました。

これって、レアル・マドリードの選手ばかりじゃないですか!マルセロの場合は、クリスティアーノ・ロナウドが関わっている可能性が高いです。

イスコ、モドリッチは関係がないとは思いますが。何故、レアル・マドリードの選手がユベントスに移籍の話が出てくるのでしょうかね?

クラブの方針が気に入らないのでしょうかね?イスコは、ユベントスに移籍しそうな気がしますが、モドリッチの場合は、インテルに移籍しそうな気がします。

もしかしたら、モドリッチもユベントスになるかもしれませんね。レアル・マドリード経由ユベントス行きが加速しそうですね。

ユベントスのサッカーがスペインのサッカーに変わってしまいそうな感じもしてきます。

ユベントスは若手を取らずにベテランを欲しがるのでしょうか?ユベントスの方針なので何も言えませんが。

レアル・マドリードとしては嬉しい反面、人気選手の移籍は痛そうですね。若返りを図るにはいいタイミングかもしれません。

マルセロ、モドリッチ、イスコが移籍となると売り上げの面で痛いと思います。

イスコの移籍は仕方ないことだと思いますが、マルセロ、モドリッチには何とかいてもらいたいところでしょう。

ユベントスとしたら国内では絶対的な存在であり続けることと、チャンピオンズリーグを制覇したいところが大きいと思うので、経験者を入れたいのかもしれませんね。

人気の選手を獲得できれば戦力としてだけでなく、経営面でもプラスになりますからね。上手くいけば、セリエAの人気回復にもつながるかもしれません。

そこを狙っているのかなと、最近思ってしまいます。

イスコを始め、何人の選手がユベントスに移籍をするのかも注目です。

まとめ。

今回は、イスコの移籍のことについて書かせていただきました。

ユベントス、マンチェスター・C、チェルシーといったビッククラブからオファーが来ているようなので、イスコはどれかのクラブに移籍をするでしょう。

ただ、イスコのプレースタイルが活きるクラブなのかを考えた上で移籍を決めてほしいですね。

移籍先のクラブのサッカーに合わずに飼い殺しにならないクラブに移籍をしてほしいです。

イスコの技術は世界でもトップレベルであることは間違いないので、新天地では伸び伸びとプレーできるところに移籍できることを願っています。

こちらの記事も読まれています↓

マルセロが、ユベントスに移籍した場合に、メリットはあるのか?

マーカス・ラッシュフォードは、移籍をするべき!今後のためにも!

コウチーニョが、冬に移籍とバルセロナが狙っていた理由は?



チェルシー、バルセロナ、マンチェスターU、レアル、インテル
ACミラン、リバプール、ボカジュニアーズ、リーベルプレート
バレンシア、ASローマ、フィオレンティーナ、コリンチャンス
バスコダガマ
サッカーユニフォーム3000点以上の品揃え!
さらに激安
『フットボールマックス』