ウスマン・デンベレの年俸は、バルセロナでは高額年俸なのか?

ウスマン・デンベレは、色々なことで話題を提供してくれますよね?

まず、最初は、バルセロナに移籍したくて、ドルトムントの練習をボイコットするなど、わがままを貫き通しましたね。

念願が叶い、ウスマン・デンベレは、無事にバルセロナに移籍をしましたが、そこでも、ビックニュースを作ってくれましたね。

移籍金が、1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスという破格の条件で契約。

ネイマールの後釜ということで獲得し、ネイマールの背負っていた背番号「11」を背負うことに。

期待の高さが伺えますね!そんな、ウスマン・デンベレですが、年俸はいくらぐらいの契約だったのでしょうか?

今回は、ウスマン・デンベレの年俸について書いていきたいと思います。


ウスマン・デンベレの年俸は、いくらぐらいなのか?

バルセロナでの、ウスマン・デンベレの年俸は、1200万ユーロ(約15億7000万円)と超高額年俸!

これは、ウスマン・デンベレのドルトムント時代の年俸240万ユーロ(約3億2000万円)の5倍になる数字だ!

ウスマン・デンベレに、これだけの年俸を支払うバルセロナも凄い。

単純計算しても、月に1億円以上入ってくるのですよ・・・。Jリーグのトップレベル選手の年俸じゃないですか。

それだけ、バルセロナは、ウスマン・デンベレにかけていたのでしょうね!

この年俸の他に、インセンティブもあり、報道によると最高で、2000万ユーロ(約26億円)とのこと!

ドルトムントにも約束事があり、公式戦50試合以上出場など様々な条件をクリアした場合、ドルトムントに移籍金のボーナスを渡すようになっていたようだ。

ドルトムントとしたら、ウスマン・デンベレを手放したくなかったはずですが、結果的に手放して良かったのかなと。

バルセロナから高額の移籍金と共にオプションでも高額なお金が入ってくるのですから。

一方、バルセロナは、やってしまったなという感じでしょうね・・・。

バルセロナ移籍後に怪我をして、長期離脱しましたが、サッカー選手なので怪我は仕方のないことだと思っているはず。

しかし、ウスマン・デンベレは遅刻癖があったり、夜遊びが大好きなようで、ピッチ外での行動が大きく取り上げられている。

ウスマン・デンベレの活躍よりも問題行動の方が目立っているので、バルセロナとしては頭が痛いことでしょう。

2018-2019シーズンの冬に、ウスマン・デンベレを放出するかもという報道も出てたりしました。

凄い期待を背負い、高額な年俸まで提示したバルセロナの期待には応えられなさそうですね・・・。

まずは、高額年俸に見合う活躍よりも、ウスマン・デンベレは、ピッチ外の態度から修正していかないとですね。

そんな高額な年俸をもらっているウスマン・デンベレですが、バルセロナでは、年俸は高い方なのでしょうか?

バルセロナの選手の年俸を見ていきたいと思います!

バルセロナで、高額年俸をもらっている選手は?

バルセロナで、高額年俸をもらっている選手と言えば、大体わかると思われますが、トップ3を見ていきたいと思います。

もちろん、1位は、メッシ。

年俸は、約37億円・・・。これに加えて、スポンサーとかからの収入もあるので、想像がつかないぐらいですね。

2018年のバロンドールでは、トップ3に入らなかったですが、存在感は、別格!

相手の逆を突くドリブルやテクニカルなシュートで、見るモノを魅了できる数少ない選手。

世界1の選手と言われていても不思議と思わない。オーラが違いすぎる。メッシ見たさに、ファンは来ますので、バルセロナとしては神様のような存在!

続いて、2位は、スアレス。

年俸は、約21億円。スアレスであれば、これだけの高額年俸をもらっていても驚きませんね。

現在も衰えを知らない得点感覚を持ち、メッシの良き相棒として活躍。

以前は、噛みつき問題などで問題児だったのに・・・。大人になったのでしょう。

ウスマン・デンベレもスアレスのようになってくれるのでしょうか?ウスマン・デンベレは、スアレスを師匠にしたら良いかもしれませんね。

3位は、コウチーニョ。

年俸は、約14億7000万円。コウチーニョも移籍で話題になりましたね。いい意味で。

ネイマールが去ってから、バルセロナの観客動員数が減少してきたことで、ビックネームの獲得に動いたバルセロナ。

以前から、アプローチしていたようですが、相手のクラブ側に拒否をされていましたが、何とか移籍に成功。

コウチーニョは、バルセロナにフィット出来ているので、問題はないのですが・・・。

肝心の観客は戻ってきたのかは、わかりません。シーズンが終わった後にわかることでしょう。

この年俸の金額は、2018-2019年シーズンの開幕の辺りの数字らしいのですが、コウチーニョよりもウスマン・デンベレの方が年俸が高いはずなのにいない・・・。

何なんでしょうかね?ウスマン・デンベレの報道されていた年俸は、初年度の年俸で、下がったのかな?

まあ、ウスマン・デンベレの問題行動を見ていれば、年俸は下がっていても仕方のないことですが・・・。

まだ、若く計算できる選手でないので、実は、高額年俸ではないのかもしれませんね。

ウスマン・デンベレは、まず、ピッチ内の結果もそうですが、ピッチ外の問題行動を修正してほしいですね。

まとめ。

今回は、ウスマン・デンベレの年俸について書かせていただきました。

やはり、ウスマン・デンベレは高額年俸をもらっていましたね。移籍金も凄かったですが・・・。

それに見合う活躍をできていないので、バルセロナも頭が痛いでしょう。ピッチ内だけならともかく、ピッチ外での行動が目立ってしまい困っていることでしょうね。

バルセロナの高額年俸の選手を3名紹介させていただきましたが、高額年俸に見合った活躍をしてくれています。

ウスマン・デンベレも高額年俸に見合った活躍をしてほしいですが、まずは、ピッチ外での行動を修正してほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

フィリペ・コウチーニョの年俸の推移は、やはり桁違いだった!

ネイマールの年俸を時給に換算したら、やっぱり半端ないね!

クリスティアーノ・ロナウドの年俸の推移、待遇も半端なかった!



Ctripとの提携したクレジットカード