エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?

マケレレ2世とも呼ばれるプレースタイルで、フランス代表、チェルシーを支えるエンゴロ・カンテ

豊富な運動量で、決して目立つようなプレーはないが、チームのために動いてくれる縁の下の力持ち。

そんなプレースタイルのエンゴロ・カンテがいるからこそ、前線の選手は心置きなく攻めていけるのでしょう。

まさに、昔のレアル・マドリードがそうだったように。似たようなプレースタイルのマケレレがいた時のですが。

チェルシーもよくレスターから引っ張ってこれましたね。やはり、エンゴロ・カンテもステップアップしたかったのでしょうね。

チェルシーに移籍した際には、背番号7となり、クラブ側の期待が表れていますね!

しかし、フランス代表では、背番号は、13番でしたね。グリーズマンの背番号の拘りがあったから、エンゴロ・カンテは、背番号13番となったのでしょう。

エンゴロ・カンテにとって、背番号は関係なさそうですしね。性格を考えれば。

そこで、今回は、エンゴロ・カンテの背番号とプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、エンゴロ・カンテの背番号について書いていきたいと思います。


エンゴロ・カンテの背番号への拘りはない?

エンゴロ・カンテには背番号への拘りは感じられませんね。性格を考えると、何番でもいいといった感じでしょう。

性格の記事を書かせていただいたことがありますが、謙虚で、シャイな性格なようなので、自分はコレがいいと言うようなタイプではなさそう。

揉め事とか嫌いそうな感じがしますね!エンゴロ・カンテは、背番号が、どうのこうのよりもプレーできることが大切なのでしょう。

チームから与えられた背番号であれば、文句を言わずに、その背番号で構いませんと言いそう。

逆に、背番号何番がいいと聞かれたら、エンゴロ・カンテは困るでしょうね。

中盤の底の選手なので、チェルシーの背番号7は、凄く似合っていると思います!

エンゴロ・カンテの背番号として、今では認知されていることでしょう。

そんな謙虚で、シャイな性格のエンゴロ・カンテは、どんなプレースタイルなのでしょうか?

試合では、性格とは違い熱い一面を見せるようなプレースタイルなのでしょうか?

エンゴロ・カンテのプレースタイルとは?

中盤の底で、ボールを奪取し、攻撃につなげてくれるエンゴロ・カンテですが、そんなボールの奪取をするのでしょうか?

エンゴロ・カンテのプレースタイルの特徴を集めてある動画を見て見ましょう。

動画を見てみると、エンゴロ・カンテのプレースタイルの特徴は、豊富な運動量と相手からボールが離れた瞬間に、ボールを奪うといった感じですね。

確かに、小柄であるため、下手にぶつかりに行ってもボールを奪えないと考えた結果のプレースタイルなのでしょう。

動画を見ていると、本当に相手からボールが離れた瞬間を狙って、ボールを奪取しています。

このようなボールの奪取の仕方なら、余計なファールもしなくていいですから、まさに、理想的なボールの奪い方でしょう。

こういったプレースタイルですと、チームはありがたいですよね?危険なエリアでのファールが少なくなるので、ピンチを招きにくいですし。

後は、運動量が多いので、前線の選手は助かりますね。多少戻るのに遅れても、エンゴロ・カンテがカバーしてくれますから。

エンゴロ・カンテが良いところで、ボールを奪ってくれれば、すぐに攻撃に切り替えられますので、貴重な存在です。

一方、攻撃の方のプレースタイルとしては、シンプルなプレーを心掛けていますね。

その割には、ドリブルが多いなという印象もありますが・・・。

ボールを運べるだけ運んで、味方に渡すといった感じが強いです。ミドルシュートも打ってくるので、守備的な選手にしては攻撃面でも貢献していますね。

ここまでは、エンゴロ・カンテの良いところばかり書いてきましたが、弱点はあるのでしょうか?弱点についても書いていきたいと思います。

エンゴロ・カンテのプレースタイルの弱点とは?

守備面のプレースタイルでは、大きな弱点はないと思います。

強いて言えば、空中戦ではないでしょうかね。大型の選手との競り合いでは勝てません。

エンゴロ・カンテの相棒が長身で、競ってこぼれたボールをエンゴロ・カンテが拾うような感じになれればいいのですが。

そういう関係性ができていれば問題はないでしょうね。

一方、攻撃面では、展開力に欠けるかなと思います。展開力まで出来るようであったら、ほぼ完璧なプレースタイルですからね。

縦への推進力はありますが、止められた時には、横パスを選択しがちな気がします。

日本代表の柴崎岳のような縦パスを入れられるようになれば、もっと良い選手になるのでしょうけど。

エンゴロ・カンテに、そこまで求めてはいけませんね。今のプレースタイルでも十分貢献してくれているのですから。

チェルシーの背番号7が、チームの縁の下の力持ちでいてくれているので、チェルシーは、そう簡単に大崩れはしないでしょうね。

もし、チェルシーが、エンゴロ・カンテを失ってしまったら、大変なことになると思うので、大切にしないとですね。

まとめ。

今回は、エンゴロ・カンテの背番号とプレースタイルについて書かせていただきました。

背番号の方ですが、あまり拘りはなさそうですね。チームが用意した背番号でいいと言いそうですし、背番号決めてくれと言われたら困るタイプでしょう。

選手の価値は、背番号ではなく、プレーで決まると言うような感じなのでしょうかね?

エンゴロ・カンテの背番号7は、凄く似合っているので、チェルシーの背番号7と言ったら、エンゴロ・カンテというぐらい活躍してほしいです。

プレースタイルの方ですが、守備面では、ほぼ完璧ですね。何も言うことはありません。

攻撃面だけでしょうね。展開力がないのは、仕方のない部分もあると思いますが、もう少し改善できれば、もっと良い選手になれるでしょう。

エンゴロ・カンテの守備面でのプレースタイルは、世界屈指ですから、組む選手とマッチすれば相乗効果が期待できるでしょう!

こちらの記事も読まれています↓

ロベルト・フィルミーノは、背番号9の呪いを知っていたのか?

ガブリエル・ジェズスが、背番号に拘った理由は神への誓いから!

ラヒーム・スターリングは、背番号10にプレッシャーがあったのか?



【Fungoal】体幹・筋トレグッズ【解説が丁寧】Fungoal