クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズは何を示しているの?

ゴール後のパフォーマンスは、サッカーを見ている人たちにとっても楽しい場面でもありますよね?

変なポーズをしたり、選手に子供が出来た時とかには、ゆりかごダンスとかありますね。祝福の意味も込めてやることが多いですよね?

中でも、クリスティアーノ・ロナウドのあのポーズは、もはや、クリスティアーノ・ロナウドのゴール後の代名詞となりましたし。

実際に、鈴木優磨は、クラブワールドカップで真似したりと話題になりました。

色々な意味でですが・・・。批判的な意見が多かったですが。本人は、本家が憧れの存在なのでいいのかと思いますが。

選手にとっては、ゴール後の喜びを表すポーズであり、何かしら意味があってのポーズなのでしょうね。

では、いったい、クリスティアーノ・ロナウドのゴール後の両手を広げたポーズには意味があるのか?

気になったので調べてみました。


クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズの意味はあるのか?

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズには、名前もあるようですね。

calm downというようです。日本語の意味だと、落ち着くという意味のようですね。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズの意味は、落ち着くという意味があるのか?

でも、どう見ても落ち着くといった感じじゃなさそうですよね。両手広げて仁王立ちですからね。

はっきりとした意味は分からないみたいですが、どう見ても「俺を見てくれ!」というようなポーズですよね?

らしいといえばらしいですが(笑)まあ、イエローカードを食らうようなポーズではないのでいいと思いますが。

ポーズを決めている時に雄たけびを上げているのもわかると思います。

最初は、ゴールが嬉しくて雄たけびを上げているのだろうと思ったら、練習中のゴールなどでも雄たけびを上げていたことから試合でもそうなったらしいですね。

練習の時からの癖が試合でも出ちゃったような感じなんですね。練習の時よりも試合でゴールをすれば、自然と出てきてもおかしくないですからね。

鈴木優磨が、日本でやってからは、小さい子達までやっていたようですし、その子達がサッカー選手になったら、どんなポーズをしてくれるか楽しみですね。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後の両手を広げて仁王立ちスタイルは有名ですが、他にも有名になったポーズもあるので見ていきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズは種類が多い?

やはり、スーパースターの宿命なのでしょうか?ゴール後のポーズは、すぐに噂になります。

例えば、こんなポーズもありました。

このジャガーポーズといえば、浅野拓磨の代名詞のポーズ。

まさか、クリスティアーノ・ロナウドまでやっていたなんてね。スピードが売りの選手は、ジャガーポーズをやるのか?

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズとしては、地味な方になるような気がしますね。

まだこの頃は、ゴール後のポーズは特に考えていなかったのでしょう!

続いてはこちら。

何がしたかったんだろう?そう思わせるようなポーズですよね?ゴールに不満があったのか?

このポーズは、大きな話題となりましたね!SNSで真似している人が多かったようです。

相撲取り?考える人?など様々な意見が飛び交ったようですね!

でも、地味なポーズですが、存在感は違いますよね?割とド派手なことが好きなクリスティアーノ・ロナウドがね。

ゴール後にこんなポーズをするなんて、ファンはビックリしたはず。

ファンでなくてもビックリしたから話題になったのでしょうが。

このポーズを見ていると、かつてJリーグで活躍されたビスマルクを思い出しますね。

ビスマルクは、クリスチャンでしたので、そのためのポーズだったのですが。

最後に、このポーズですかね。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズではないのですが、話題になりましたね。

レアル・マドリードの選手で撮った決め?ポーズの写真!これは、ビックリしましたし、サッカー選手って、お茶目な人が多いんですね。

練習後の一枚だと思いますが、組体操でもする気なのかなといったポーズを取る選手達。

こんな一枚もありました。写真の左側の選手達は、筋肉をアピールしているのでしょうか?

結構、練習の時にははじけているんですね。こんなチームにいたらサッカー楽しそうに思えますね。

クリスティアーノ・ロナウドのユベントスに移籍後のユベントスは家族みたい打の発言にセルヒオ・ラモスが反論したことがわかるような気がしますね。

クリスティアーノ・ロナウドと仲が悪かったのは、選手じゃなくて、フロントということになりますね。

選手同士で仲が悪かったら、こんな写真載せないですからね。

実際には、派閥があったようですが・・・。下部組織側と南米選手での・・・。

結構、サッカー選手って、面白いことやりますよね!

特に、私が好きだったのは、槙野智章、柏木陽介のいた頃のU-18?20の日本代表の時ですかね。

カナダでブームを巻き起こしたゴール後のパフォーマンスは今でも印象的ですね。

この調子乗り世代は、チームとしても最高でしたし、サッカー見ていて楽しかったですね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズについて書かせていただきました。

ゴール後のポーズには、特に意味はなく、ただ、俺を見てくれといったような感じのようですね。

ゴールを決めたわけですから、いいと思いますし、イエローカードをもらうような行為でないのでいいかなと。

気になるのは、ゴール後のポーズが変わる時には、部屋で考えているのかなと!

感情むき出しのポーズなら自然で良いのかなと思いますが、考えてやっているポーズの方が多そうですね。

今後も、クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズは、両手を広げて仁王立ちが続くと思います。

変わったら、また、ネタにされそうですね(笑)それが、スーパースターの宿命ですから仕方ないですね。

今節もゴールを決めて、あのポーズが出るのかが楽しみですね!

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアーノ・ロナウドの初ゴールは、意外な形でもたらされた!

クリスティアーノ・ロナウドのPKは、反則になるの?ならない理由は?



たった1回分に HMB1,750mg配合!『ビルドメイク24』