クリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッドで影響を受けたことは?

今や世界最高の選手とまで称賛されるクリスティアーノ・ロナウド

ポルトガルのスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドに移籍が決まってから、世界最高の選手の一人としての成功を歩めたことでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドの才能を認め、オファーを出したファーガソン氏に感謝しなければならないことでしょうね。

若い時でも、世界有数のクラブに移籍でいたのかもしれませんが、マンチェスター・ユナイテッドに移籍出来たことは良かったんじゃないかなと思います。

スポンサードリンク



ファーガソン氏に、サッカー以外のことでも指導をしてもらえたことは、クリスティアーノ・ロナウドにとって今でも行われています。

本当の意味でのプロフェッショナルを学べたクラブであったことでしょうね。

では、クリスティアーノ・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍をし、今は、ユベントスにいます。

マンチェスター・ユナイテッドにいた時のことを、クリスティアーノ・ロナウドは、どう思っているのでしょうかね?

まだ、レアル・マドリードにいた頃に受けたインタビューを振り返っていきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドにとって、マンチェスター・ユナイテッドでのプレーはどうだったのか?

当時、18歳だったクリスティアーノ・ロナウドは、スポルティングに所属をしていた。

たまたま?練習試合で、マンチェスター・ユナイテッドと試合をしていた時に、ファーガソン氏に認められ移籍が決まったようですね。

ファーガソン氏は、自分の目で確かめてからでないとダメなんでしょうね。

香川真司が、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍をするときも香川真司の試合を見に行ってますからね。

このマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が、成功への第一歩となりました。

クリスティアーノ・ロナウド曰く、

「サッカーで成功を収めるための第一歩を、マンチェスター・ユナイテッドで刻むことができた。あのクラブでは、サッカーの技術だけでなく、フィジカル面でも大いに鍛えられた」

当時のクリスティアーノ・ロナウドは、フィジカル面が心配されていたとは思いますが、そんなこともなかったようですね。

まだ、18歳だから、そこまで体が出来ていなかったのかもしれませんし、プレミアリーグでつぶされる可能性もあったわけですが。

さらに、マンチェスター・ユナイテッドと言えば、各ポジションに世界最高の選手を揃えていたわけですし。

マンチェスター・ユナイテッドで生き残るのには、相当厳しかったはず。そのマンチェスター・ユナイテッドで活躍出来たあたりは流石。

ファーガソン氏が自ら見て決めた選手だったからこそ、問題なしといったことになったのでしょうね。

背番号の話とか見ても期待の表れが感じられますよね。

本当は、28番を背負うと思っていたようだが、ファーガソン時の背番号7を背負っている姿が見たいといわれ、マンチェスター・ユナイテッドの7番を背負うことに。

クリスティアーノ・ロナウドもびっくりしたようで、マンチェスター・ユナイテッドの背番号7は偉大な選手ばかりですからね。

スポンサードリンク



エリック・カントナ、ベッカムなどそうそうたるメンバーが背負っていた。

それは、ビビりますよね!結果を残してきてマンチェスター・ユナイテッドに来たのならわかりますが、18歳のクリスティアーノ・ロナウドには重かったのかもですね。

そのプレッシャーをものともせずに、マンチェスター・ユナイテッドの大黒柱となり、リーグ制覇3度、CL、CWも優勝。

さらに、2008年にはバロンドールまで受賞するなど、タイトルを数多く獲得してきた。

マンチェスター・ユナイテッドでのプレーを振り返ったクリスティアーノ・ロナウドは、

「5シーズンの在籍期間のなかで、僕はサッカーの芸術を学んだ。そしてみんなで多くのものを勝ち取った。夢のような時間だったね」

と振り返っていた。間違いなく、マンチェスター・ユナイテッドでのプレーが今の彼を作ったのですね。

マンチェスター・ユナイテッドで影響を受けた選手がいるということも話をしていました。

あの頃のマンチェスター・ユナイテッドで影響を受けた選手って誰だろう?

そこも、調べてみました。自分も興味があるので(笑)

クリスティアーノ・ロナウドに影響を与えた選手って、誰なのか?

クリスティアーノ・ロナウドがバロンドールを受賞した際に、あるインタビューに答えた時のことでした。

マンチェスター・ユナイテッドで影響を受けた選手は、3人いるという。

いったい誰なんだ?と思いきや、やはり、一流の選手でしたね。

その3選手は、ギグス、キーン、ファーディナンドの3人ということ。

その時の話を見てみると、クリスティアーノ・ロナウドには、自信があったように思われますね。

「14、15、16歳の時くらいから僕は他の人とは違うと分かっていた。彼らとは異なることをしていたからね。ユナイテッドでも僕は良い選手と気付けた。」

「ギグス、キーン、ファーディナンドとプレイした時に才能があると気付いたんだ。」

「イングランドのメンタリティは違うものがあって、彼らは僕を大いに助けてくれた。ユナイテッドのチームメイトには感謝しないとね」

一番最初の言葉が凄すぎですね。自分に余程自信があったのでしょうね。

同じポジションのギグスならお手本になるのかな?と思いましたが、3人とも一流の選手ですから、プレー以外に学ぶことが多かったのでしょうね。

プロサッカー選手としての振舞などを教わったのでしょうね。というか、3人の背中を見て学んできたのでしょうね。

クリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに入って潰れなかったのは、才能に加えて、素直さがあったからのような気がしますね。

だから、プレミアリーグにいきなり移籍しても成功できたのでしょうね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた時のことについて書いた見ました。

流石、ファーガソン氏としか言いようがないですね。目の付け所が違います。

マンチェスター・ユナイテッドでのプレーすることで、世界最高峰の選手たちとプレーできたことと、フィジカル面で潰れなかったことが大きかったようですね。

それにしても、クリスティアーノ・ロナウドの自信あふれる発言が出来る与えたことが、ファーガソン氏が背番号7を与えた大きな理由なのかもしれませんね。

マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍をしても、ファーガソン氏からの教えを守っているようですしね。

本当の意味での、プロサッカー選手としての基礎を築けたのは、間違いなくマンチェスター・ユナイテッドでのプレーだったことでしょうね。

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドのユニフォームは、違っていたかもしれない?

スポンサードリンク