クリスティアーノ・ロナウドのユニフォームは、違っていたかもしれない?

夏の移籍市場で、賑わいを見せたクリスティアーノ・ロナウド。比較的に、大物の移籍はない夏でしたから、冬は凄いかもしれませんね。

ポクバが、ユベントスに来るのではないかなど、今から様々な噂が出ていますが、どうなることでしょうか?

他にも大物が動きそうですね。クリスティアーノ・ロナウドが、ユベントスに移籍したことで、セリエAの注目度も増して良い移籍だったのかなと思いますね。

ユベントスは、よくクリスティアーノ・ロナウドを取ってこれましたね。レアル・マドリードを出たがっていたことが大きいと思いますが。

スポンサードリンク



獲得したユベントスは、経営面でも優れていましたね。計算していたかのような出来事が起こりましたからね。

クリスティアーノ・ロナウドが、ユベントスに移籍した際に起こったことを書いてみました。

世界一流の選手だからこそ起こる現象でしたね。

クリスティアーノ・ロナウドの移籍で、ユニフォームがバカ売れ!

クリスティアーノ・ロナウドが、ユベントス移籍でユニフォームがバカ売れ状態になりましたね。

ユニフォームだけでなくチケットもバカ売れ状態ということで、ユベントスの経営陣は、ウハウハでしょうね。

ユベントスの経営陣としては、計算通りといったところでしょうか?ユニフォーム、チケットのバカ売れは。

ユベントスが払った移籍金が、約152億円ということを考えると、クリスティアーノ・ロナウドの年齢を考えると高額ですよね?

しかし、クリスティアーノ・ロナウドの威力はとてつもなく、ユニフォームは、1日で、52万枚も売れたらしいですね。

ユニフォームが、1日で52万枚って、ユニフォームの在庫は足りなかったでしょうし、製造も大変でしょうね。

ユニフォームだけでなく、チケットのことも考えれば、移籍金と年俸約39億円を払っても、十分価値のある移籍だったなと思いますね。

この時だけで、ユニフォームが52万枚ということは、まだまだユニフォームは売れていると思うので、いったい何枚ユニフォームが売れたのか?

アジアツアーとかもあったわけだから、アジアでもユニフォームは売れまくったでしょうね!

ユベントス側は、ユニフォームの総売り上げ枚数とか発表してくれないのかな?

もしかしたら、歴代ユニフォームの売れ筋ランキングのトップになるかもですね。

不思議に思うことがありまして、なぜ、移籍金や年俸は下がってもユベントスのユニフォームを着ることにしたんでしょうかね?

レアル・マドリードでは、年俸で揉めていたはず・・・。

なぜ、クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍を決めたのか?裏話があるようです。

そのことについて書いていきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドは、本当はユベントスに行きたかった?

とあるインタビューの時に明らかになったようで、スポルティングからマンチェスター・Uに移籍ではなく、ユベントスが濃厚だったようだ。

ユベントス側は、クリスティアーノ・ロナウドと水面下で交渉をしていたようだった!

もしかしたら、マンチェスター・Uのユニフォームではなく、ユベントスのユニフォームに袖を通していたのかもしれません。

よくありますよね?表ざたにならないようにと、横取りされないようにと。

スポンサードリンク



スカウトの人は、各国の1部リーグで活躍している選手をリストアップしていたようで、もちろん、クリスティアーノ・ロナウドの名前も入っていたらしい。

本当は、クアレスマを見に言ったはずだったが、ベンチにいたらしく、試合に出ていたのは、クリスティアーノ・ロナウドであった。

声を上げて応援する女性を見て、母親と思い、名刺まで渡していたらしい。

欧州のスカウトって、スタジアムでも営業活動するんですね。やり手のスカウトマンは違いますね。

しかし、最悪な結末が待っていた。

ユベントスは、他のスカウトマンも次々に送りこんなでいたようで、みな同じ意見だったようだった。

それだけずば抜けた存在だったのでしょうね。

クラブ側は、移籍金とスポルティングのチーム事情を考えて、ユベントスの選手もプラスするという条件を用意していたようだ。

しかし、スポルティング側は、納得せず、すべてをお金での支払いを希望していた。

ユベントスのGMは、即戦力の選手を求めており、若手に大金を使いたくないという判断に至ったようで、クリスティアーノ・ロナウドの移籍は無くなったようだ。

噂によると、メディカルチェックまで終わっていたようですが・・・。なぜ、そこまでしておいて・・・。

当時の監督は、セリエAの戦術に合わなかったのではと言っていたらしい。

要は、守備的な戦術ってことですよね。まだ、若い才能であるが故に適応できなかったのではないかと。

確かに、当時のセリエAだとそうなってしまう可能性はあったかもしれませんね。

かといって、マンチェスター・Uでも同じことが言えるのでは?と思いますが。

15年の月日が経って、ユベントスのユニフォームを着ることになったクリスティアーノ・ロナウドは、どんな思いだったのでしょうかね?

もし、あの時にユベントスに移籍していたら、どうなっていたのでしょうかね?想像もできませんが。

今となっては、幻の話ですが、サッカー界では良くある話ですからね。

スポルティングからメンチェスター・Uのユニフォームに袖を通したことは正解だったのかもしれませんね。

ユベントスのユニフォームに袖を通していたら、今はなかったかもしれませんね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのユニフォームの話と昔、ユベントスに移籍する可能性があったということについて書かせていただきました。

まずは、ユベントスに移籍した際のユニフォームのバカ売れは凄いの一言ですよね?さらに、チケットまで。

ユベントス側は、これを計算していたことでしょうね。

一方、ユニフォームを取り扱うスポーツショップや製造会社は忙しかったでしょうね。

1日で、ユニフォームが、52万枚も売れるなんて思っても見なかったことでしょうね。

現時点で、ユニフォームがどのくらい売れたのでしょうかね?気になりますが。

後は、昔のユベントスの話ですが、よくある話ですが、ユベントス側も、ちょっとひどいなと思いますね。

確かに、若手に大金を投資するよりかは、実績がある選手に出したいですからね。

しかし、マンチェスター・Uに移籍できて良かったのかもしれませんよね?

ファーガソン氏の下で大きく成長し、世界トップレベルの選手になれたわけですからね。

悲劇と言えば悲劇ですが、結果的には良かったのかもしれません。

マンチェスター・Uでは、背番号7のユニフォームに袖を通し、注目も集めましたし、プレーでも注目されましたからね。

今は、ユベントスの背番号7のユニフォームに袖を通し、ユベントスのためにプレーしてくれることでしょう。

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッドで影響を受けたことは?

スポンサードリンク