クリスティアーノ・ロナウドはユベントスの年俸で納得なの?

この夏の移籍市場で、大きなニュースとなったクリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードからユベントスに移籍をしたことで、世界中の世界中の人々が注目した。

正直、驚いたかと言えば、驚いてないんですけどね(笑)以前から、レアル・マドリードを出ていくと言われていたので。

タイミング的には良かったのかもしれませんね。レアル・マドリード側は、クリスティアーノ・ロナウドの年齢を考えて、若い選手を入れたがっていたみたいですし。

クリスティアーノ・ロナウドにとっても、ユベントスにとっても良い決断であったと思います。

スポンサードリンク



サッカースタイルが異なるリーグですが、クリスティアーノ・ロナウドなら結果を早く出してくれるのではないでしょうか?

最初の何試合かは、厳しいかもしれませんが。守備的なサッカーに、どう対応していくかが今後の見どころでしょうね。

欧州5大リーグの一つとして、セリエAもランクインしていましたが、注目度も落ち始めていた時に、クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに加入して、盛り上がりを見せるのではないでしょうかね?

まあ、ユベントス1強のようなリーグですが、注目度が上がれば、他のチームの選手たちも割って入ろうと頑張ってくれそうな気がしますが。

クリスティアーノ・ロナウドの年齢を考えれば、移籍金も多くないと思われますが、年俸はどうなんでしょうかね?

そこで、今回は、クリスティアーノ・ロナウドの移籍金と年俸について書いていこうと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの移籍金と年俸はいくら?

クリスティアーノ・ロナウドクラスと言えど、移籍金に関しては年齢も関係してきます。とはいえ、移籍金は高額だったでしょうね。

気になるクリスティアーノ・ロナウドのユベントスへの移籍金は、1億5000万ユーロ(約130億円)と言われています。

やはり、まだまだ、高額な選手ですね。ユベントスも上手いタイミングで、クリスティアーノ・ロナウドにオファーを出しましたね!

レアル・マドリードが放出しても良いことを知っていたのとクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスになるかどうかはわかりませんでしたが、移籍をしたがっていたところに来ましたからね。

ユベントスは、まさに、絶妙なタイミングであったと思われます。

気になる年俸の方ですが、欧州の場合は、推定年俸で報道されるので、確かな年俸ではないですが、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約。

ユベントスへの移籍金も凄い額ですが、年俸と契約期間が凄すぎますね。年俸よりも4年契約って。クリスティアーノ・ロナウドの年齢は、33歳だったはず。

ユベントスも凄い契約内容で契約しましたね。移籍金と年俸を支払っても、クリスティアーノ・ロナウドの加入でペイできるか、プラスになると判断したからでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドは、年俸を含め、いったいいくら稼げば気が済むのでしょうかね?CM、スポンサーなどもありますし(笑)

ユベントスに加入した時点でユニフォームは売れるは、チケットも売れるは、ユベントス側はハッピーだったでしょうね。

レアル・マドリードの時は、年俸は、2100万ユーロ(約29億円)。これでもすごい額だと思いますよ!

スポンサードリンク



しかし、クリスティアーノ・ロナウドは納得しなかったんですよね。この年俸に。

理由は、ライバルのメッシの年俸が新契約で4600万ユーロ(約63億円)、さらに、ネイマールの年俸が3700万ユーロ(約49億円)。

彼ら2人の年俸よりも低いことに不満を持っていましたね。

レアル・マドリードもクリスティアーノ・ロナウド引き留めのために、年俸3000万ユーロ(約41億円)を提案したようですが、クリスティアーノ・ロナウドは納得せず。

ちなみに、クリスティアーノ・ロナウドが要求した年俸は、それ以上のものであったと報道がありました。

メッシやネイマールの年俸より低いことが気に入らなかったんでしょうね。

後は、本当に自分のことが必要なのかどうかを確かめているような感じもしますが・・・。サッカー選手としての世界一と同時に年俸でも世界一になりたかったのかな?と思います。

それ以外にもレアル・マドリードを退団した理由は、多くあると思いますが。決定的なのがあるみたいです。

レアル・マドリード側としたら、33歳のベテラン選手に高額の年俸を払っているのに、さらに上乗せで年俸を要求してくるクリスティアーノ・ロナウドを嫌がったのかもしれませんね。

そうでなければ、年俸アップの条件は飲んでいたはず。流石に、クリスティアーノ・ロナウドの望む額までは上げれないと思いますが、メッシに近い数字にしてくれたのではないでしょうかね?

まだまだできると思いますが、年齢的からして、高額年俸を払うクラブはないでしょうね。ただでさえ、高額年俸なのに。

年俸でも世界一というクリスティアーノ・ロナウドの拘りがある限り難しかったのでしょうね。

ユベントスの年俸を見てみると、年俸だけでユベントスに決めたわけじゃなさそうですね。ユベントス入りには、様々な理由があったのでしょう。

ユベントスは、良く口説き落としたとしか言いようがありません。年俸以外にも、ユベントス側は何か用意したのでしょうか?

思いつくのは、背番号!クリスティアーノ・ロナウドは、背番号7に拘っているようなので、ユベントス側も用意したのでしょう。

でも、背番号7は、クアドラードが背負っていたはず。譲ってもらったのでしょうか?見ていきましょう。

クリスティアーノ・ロナウドのユベントスの背番号7は、どうやって決めたのか?

ユベントスの背番号7は、すでに、クアドラードが付けていましたが、ユベントスがクアドラードにお願いして変更してもらったのでしょう。

話によると、ユベントス入団の時?にクリスティアーノ・ロナウドがクアドラードにお願いをして譲ってもらったとか。

背番号を譲ってもらうという話はよく聞きますよね。快くOK!をしてくれたみたいで、良かったですね。

まあ、しかし、ユベントス側もクリスティアーノ・ロナウドのわがままばかりにかまっていると、他の選手が黙っていないと思いますよ。

ユベントスも上手い具合に付き合っていかないといけませんね。変な派閥とかが出来ないように。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのユベントスでの年俸について書いてみました。

まだ、夏の市場は終わっていませんが(一部)、この夏の最大級の話であることは間違いないと思います。

それにしても、ユベントスもお買い得な価格?で、クリスティアーノ・ロナウドの獲得に成功しましたね。年俸も思ったよりかは抑えられたのではないでしょうか?

ユベントス側にとっては、ハッピーなことばかりが続いてますね。クリスティアーノ・ロナウドのユニフォームは売れるは、ユベントスのホームゲームのチケットは売れるは!

移籍金、年俸をペイできるか、それ以上の経済効果がありそうですね。

クリスティアーノ・ロナウド加入で、戦力が充実したユベントス、今年もスクデットを取りそうですね。後は、CLがどうなるか。

今年のユベントスは、本気で狙っていると思われるので、クリスティアーノ・ロナウドの得点力と経験をユベントスに還元してあげれば、ユベントスとしてはOKでしょう。

まずは、今日のゲームでセリエA初ゴール期待してますよ!

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドの年俸の推移、待遇も半端なかった!

スポンサードリンク