クリスティアーノ・ロナウドの事故は、何が原因で起こったのか?

爆発的なスピードで相手を抜き去るクリスティアーノ・ロナウド

カウンター時の彼を止めることは、かなり難しいといえるといえる。スピードがあるあまり、事故みたいな接触で止められることが多い。

そんなスピードを誇るクリスティアーノ・ロナウドだが、別のところでも爆発的なスピードを披露して、事故を起こしたことがあったようです。

どのくらいのスピードを出して、事故を起こしてしまったのか?事故起こすほどの運転が粗かったのか?

スポーツ選手など有名人だと、事故は、ニュースになってしまいますからね。

もちろん、クリスティアーノ・ロナウドの事故も大きく取り上げられたようだ。

しかも、事故を起こしたのは、マンチェスター・Uに在籍している時のことだったようだ。

ということは、まだ、クリスティアーノ・ロナウドが若かったころの話となりますね。

若さゆえに起こしてしまった事故だったのでしょうか?若さゆえの事故ではなさそうですが。

いったい、クリスティアーノ・ロナウドは、どんな事故を起こしてしまったのか?


クリスティアーノ・ロナウドの起こした事故は、スピード違反によるもの?

事故といっても、当時の愛車であるフェラーリを大破させたとのことだった。

幸いにも、人に危害を加えていなかったことが救いでしょうね。

6年間無事故でったので、本人も驚いている様子でした。そりゃそうでしょうね、事故の後の写真を見れば。

この事故をクリスティアーノ・ロナウド曰く、

「告白すると、単純なミスだった…。色々な報道が流れたが、誤報も多かったよ。

午前8時から時速300キロで飛ばす人はいない。運がなかったとしか言えない。

路面が凍結していたし、オイルが流れていたようだった。ただ、交通事故は誰にでも起こり得る」

と話していたが、クリスティアーノ・ロナウド自身も無事だったようで何よりだった。

どうやら、事故は、練習に向かっている時に起こしたようだ。

トンネル内を走行中だったようで、車を壁にぶつけた。

助手席の方が大破したようで、ある意味運が良かったとしか言えない。

実は、後ろには、同僚のファンデルサールも走っていたようで、一歩間違えば、事故に同僚も巻き込むところだったらしい。

検査のところ、アルコールの反応は出ていなかったようだが、どうしたのか?疲労で、ウトウトしていたのかな?

目撃者は、まっすぐに壁に突っ込んでいった。左前輪が吹っ飛んでいたと証言。それだけでよかったとしか言えない。

その後は、クラブ側は、練習に参加し、普通の状態であったという。

車は、大破してしまいましたが、クリスティアーノ・ロナウド自身が無事だったことが何よりだったと思いますね。

この事故で、大破したフェラーリが変なところで注目されていたようだ。

いったい事故車は、何で注目を集めていたのか?そのことについて書いていきたいと思います。

事故車は、いったい何で注目を集めていたのか?

クリスティアーノ・ロナウドの事故車が、競売にかけられていたようです。

イーベイで売られていたらしいが、本物という証拠がないこととセキュリティー面のことを考えて、削除したようだ。

ページが消されるまで、12万ユーロを超えていたらしい。いったい、誰が出品したのか?

自動車修理工場のスター・オートという会社が出品をしていたようだ!

自動車修理工場であれば、直して出品したのでしょう。

出品が取り下げられたことで、スター・オートは訴訟を起こしたみたいですね。

クリスティアーノ・ロナウドが所有していたことを証明するものを提出しろといわれ、3度も提出したようだ。

そこまでやるか?まあ、有名人が所有していた車ですからね。事故を起こしたとはいえ。

両者は、合意に達することが出来、競売に出されることが許可されたが、その後は、どうなったかは知らないらしい。

スター・オートもよく事故車に目を付けて買い取りましたよね?利益が取れると踏んだからでしょうが。

商売根性が凄い!証明書を3度も提出するなんてね。

こんなところでも、ニュースになるあたりは、スーパースターの宿命ですね。

事故は事故でも奇跡を起こしたこともあるクリスティアーノ・ロナウド、いい人話の方もある。

いったい、どんなことが起きたのでしょうか?見ていきましょう!

クリスティアーノ・ロナウドが起こした奇跡の出来事!

クリスティアーノ・ロナウドの奇跡のエピソードが増えた瞬間でした。

こんなことってあるんだなと思わされる奇跡のドキュメンタリーでした。

ポーランドのダビ・パウラクジク君、当時14歳の少年が交通事故にあった。

しかも、意識はなく、昏睡状態であったようだ。両親は、いくつもの医者を回り歩いた時にある医者からの提案があった。

それは、昏睡状態のダビ君に、大好きなレアル・マドリードの試合中継を聴かせてみたらというものだった。

不思議なことを提案する医者だなと思いますよね?それで、意識が取り戻せるなら苦労はしないと思いますが。

しかし、奇跡が起きました。レアル・マドリードの試合ではなかったのですが、クリスティアーノ・ロナウドのゴールで意識を取り戻したとのこと。

W杯ブラジル大会のプレーオフの時である。

難敵スウェーデンとの試合で、クリスティアーノ・ロナウドがハットトリックとなる3点目を決めた時であった。

その直後に、ダビ君が意識を取り戻した!何という奇跡!!!

この話は、地元紙からクリスティアーノ・ロナウドに伝えられたようで、家族でレアル・マドリードのホームゲームに招待されたという。

その試合は、何とチャンピオンズリーグの準々決勝で、ドルトムント戦であった。

この試合で、クリスティアーノ・ロナウドは、1ゴールを記録し、ダビ君にかっこいい所を見せることに成功!

さらに、試合後には、記念撮影だけでなく、サイン、ユニフォームなどももらったらしい。

夢のようなことが起きましたね。両親としては、意識が回復しただけでもうれしかったのに、その上、試合に招待までしてくれるなんて。

しかも、また、ダビ君と家族を試合に招待したようで、ダビ君にとっては一生忘れられないことになったでしょうね。

数々のクリスティアーノ・ロナウドのいいエピソードを書いてきましたが、こんなこともあったんですね。

それにしても、この少年を思いやる心は、本当に心温まるいい話でした。

こんなことを普通にできるんですから、ファンは多くなるに決まってますよ!人間として、かっこいいとしか言いようがないですね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの事故のことに関しての良いことと悪いことについて書かせていただきました。

まずは、事故の悪い方ですが、300キロも出していたら、本人も無事ではなかったのではないでしょうか?

車が大破しただけの事故で良かったといえばよかったですが、下手をしたら同僚まで巻き込んだ可能性もあると考えると恐ろしいですね。

また、事故車を競売にかけるスター・オートも良く買い取って競売に出そうなんて考えましたね。

訴訟をしてまで、売りたかったのでしょうね。その商売根性には負けますね。

最後に、交通事故の少年の話にはビックリしましたね。ハットトリックの3点目が入った時に意識が戻るなんて奇跡ですね。

大好きなレアル・マドリードの試合を聞かせるという提案をした医者は、ある意味凄腕ですね。

どんな方なのか見てみたいですが(笑)ダビ君にとっては、命の恩人でもありますし、感謝しきれないでしょう。

おまけに、クリスティアーノ・ロナウドの粋な計らいで、試合まで見れて、サイン、ユニフォームまでプレゼントされるなんて。

ダビ君にとって、一生の思い出でしょうね。また、クリスティアーノ・ロナウドの凄いエピソードを知れて良かったです。

次は、どんなエピソードを作ってくれるか楽しみです。

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアーノ・ロナウドの愛車は何台?購入金額は?

浅野拓磨が交通事故?いったいどこで、どんな事故を起こしたの?



航空券の手配も便利 Trip.comグローバルカード