クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、想像を絶するものだった?

世界中が注目する選手まで成長したクリスティアーノ・ロナウドですが、幼少期はどんな感じだったのでしょうかね?

やっぱり、負けず嫌いで練習を重ねていたのでしょうか?そうでなければ、世界最高峰の選手にまでなれなかったのでは?

幼少期からエリートコースを歩んできたのでしょうか?サッカー選手にはよくある話ですよね?

クリスティアーノ・ロナウドも幼少期から、クラブチームの下部組織で育ってきた可能性は高そうですね。

スポンサードリンク



今回は、クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、どんな感じだったのかについて書いていこうと思います。

幼少期は、サッカー漬けの毎日だったのでしょうか?間違いなく、そうだったことでしょうね。

クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、サッカー漬けだったのか?

実は、クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、恵まれていなかったそうです。

大西洋に浮かぶマデイラ島で育ったクリスティアーノ・ロナウド。

幼少期のことを調べてみると、意外な事実がありました。

クリスティアーノ・ロナウドの幼少期の練習は、坂に向かってボールを蹴っていたとのこと。戻ってくるボールを蹴るということをしていたそうだ。

しかも、日が暮れるまで一人でやっていたらしい。なんか、漫画みたいな世界だな。

近所のおじさんが気を使って、夕食を一緒に食べたこともあったようで。

クリスティアーノ・ロナウドの家は、父がアルコール依存だったようで、母が働き生計を立てていたようです。

兄は、ぐれてしまったようで、一人でボールを蹴っていたそうだ。一人でも工夫して練習していたのでしょうね。

そういった幼少期を過ごしていたこともあり、プロを目指して、いつも練習を繰り返していたようだ。

この幼少期に培ったハングリー精神が現在になっても活きているんでしょうね。きっと。

アルコール依存だった父に関しても、

「父さんがサッカーを教えてくれた。だから、サッカーが好きなんだ」

と周りには話していたらしい。

父の教えてくれたサッカーを愛していたんですね。そんな父は、若くして亡くなってしまいましたが、今のクリスティアーノ・ロナウドの姿を喜んでくれているでしょうね。

幼少期に、辛い思いをしながら、それを乗り越えたからこそ、世界最高峰の選手になることが出来たのでしょうね。

何となくですが、クリスティアーノ・ロナウドの幼少期を知って、少年に優しかったりするのかがわかるような気がしますね。

サッカーも上手くて、人にも優しい選手なんて、素晴らしいですね。人として心から尊敬します。

クリスティアーノ・ロナウドのように幼少期に苦労をした選手で成功した選手は、多いんでしょうかね?

スポンサードリンク



ちょっと気になったので、そちらも調べてみました。

幼少期に苦労をし、成功した選手はどんな人がいるのか?

私が好きだったダビド・ビジャがそうだったようですね。

そんな感じはしなかったのですが、クリスティアーノ・ロナウドの幼少期の苦労とは違いますが、ダビド・ビジャは、幼少期に大怪我を負いました。

大腿骨骨折をしたようで、歩行も困難になるかもしれない。プロは諦めた方がいいかもしれないと告げられたらしいです。

幼少期に、そんなこと言われれば絶望的になりますよね?普通。自分だったら、自暴自棄になりますよ!

しかし、ダビド・ビジャは諦めなかった。

入院中も利き足でない左足を父と共に鍛え上げたそうだ。

退院後もサッカーは続けた。炭鉱のクラブで、技術を磨いていった。

そして、ワールドカップで優勝し、得点王にも輝くという素晴らしい実績を残した。

きっと、ダビド・ビジャも幼少期の苦労で、精神的に強くなったことで世界で戦えるマインドを手に入れたのでしょうね。

もう一人は、ルカクですね。今や、世界屈指のセンターフォワードですが、幼少期は相当苦しかったようですね。

コンゴ民主共和国の移民だったルカクは、幼少期は食べ物が不足をしていたことを語っていた。

父親は、プロサッカー選手だったが、キャリアの終わりの頃だったので、生活費がなかったようだ。

部屋の電気代を払えず、暗闇の中で生活をしていたようだ。

ルカクがショックだったのが、6歳の時に牛乳を水で薄めているところを見た時だったという。

その時に、ルカクはプロサッカー選手になるしかないと心から決めたようだ。

さらに、今では許されることではないですが、(昔でもですが)出身地を聞かれたり、年齢なども疑われたりしていたようで。

辛い、幼少期を過ごしていたようだ。その時には、見ていろよ!といった気持ちが大きくなっていたのでしょう。

そういった辛い思いがルカクをあれだけの大選手にさせたのでしょうね。

調べれば、もっと多くの選手が苦労をして、大選手になったのだと思います。

大選手は、やはり、ハングリー精神があってナンボなんでしょうね。そうでなければ、世界最高峰まで昇り詰めることはなかったでしょうね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの幼少期と幼少期に苦労をした選手のことについて書かせていただきました。

クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、書いたような感じはしなかったのですが、相当な苦労をされていたのですね。

そこで苦労した分、本当に今があるんだなと思います。幼少期に辛い思いをしたからこそ、ボランティアや援助をしてあげられるのでしょうね。

そういった選手は、苦労している人を見過ごせないのでしょうね。本当に、クリスティアーノ・ロナウドは人として尊敬しますね。

ダビド・ビジャ、ルカクにしてもそうですが、苦労した結果が強いメンタルを生み、世界で結果を出してきているのでしょうね。

もちろん、サッカーのエリートコースでサッカー選手になった人も凄いと思いますが、こういった苦労した選手が最後のところで試合を決めたりできるのかなと思いました。

新生日本代表の若手も日に当たることが多くない選手が、今回は躍動しましたし、引きずり落とすような雰囲気を感じます。

どんどん、そういった選手が出てくれば、日本代表も強くなるのでしょうね。森保監督の今後の招集する選手にも注目したいですね。

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドが、お酒、たばこに手を出さない理由とは?

スポンサードリンク