クリスティアーノ・ロナウドの筋肉画像がマズい!どんな筋トレしたの?

サッカー選手の筋肉って、凄いですよね!凄い筋肉なんですけど、スマートな感じがしていて、かっこいいですね!

世界的に見ると、筋肉凄い選手はいますが、今回は、クリスティアーノ・ロナウドの筋肉について書いていこうと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉は、もう美術品か?と思うほどに鍛え上げられた肉体。画像を見ても、惚れ惚れするような筋肉ですよね?

この画像は、画像にアップしてもらうために取ったポーズなのか?俺の筋肉を見よ!といった感じですね。

スポンサードリンク



果たして、クリスティアーノ・ロナウドはこの筋肉をどのようにして作り上げてきたんでしょうかね?

この筋肉を作り上げるには、筋トレと食事の管理を徹底しているから、クリスティアーノ・ロナウドはこの筋肉を手に入れることが出来たのでしょうね。

いったい、クリスティアーノ・ロナウドは、どんな筋トレをし、食事をとってきたのしょうか?

クリスティアーノ・ロナウドの筋トレと食事について書いていきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの画像のような筋肉になるための筋トレとは?

まずは、クリスティアーノ・ロナウドの筋トレについて書いていこうと思います。

あれだけの筋肉を得るためには、相当なメニューをこなしていると思われます。

そこで、クリスティアーノ・ロナウドの筋トレメニューについて見ていきましょう。

・スクワット:150kg(尻・脚)
・ベンチプレス:100kg(胸・肩・腕)
・クリーン:75kg(尻・脚)
・レッグプレス:200kg(脚)
・デッドリフト:200kg(脚・尻・背中)
・ショルダープレス:70kg(肩)
・アームカール:30kg(腕)
・トライセプスエクステンション:30kg(腕)
・ラットプルダウン:75kg(背中)
・ベンチディップ:75kg(腕・肩)
・ブリッジ:75kg(体幹)

クリスティアーノ・ロナウドは、このメニューを定期的に行っているようですね。

こんなにやっていれば、画像のような筋肉を得ることが出来ますよね!では、この中で、いくつか筋トレのメニューの説明をしていこうと思います。(一部ですが)

・レッグプレス

画像の通り、レッグプレスは大腿四頭筋を中心を鍛えられ、太ももの裏側の筋肉を鍛えるのに効果があるようです。

レッグプレスは、スクワットよりも負荷をかけることが出来ることと、機械で固定されている分正しい動作でトレーニングが出来ます。

注意点は、固定されていますが、脚の位置がずれた時に膝に負担がかかってしまうので、ずれないように気を付けることがポイントとなります。

これ、画像を見る限り簡単そうですが、負荷をかけるとかなりきつかったですね。ただ、スクワットをやるよりかは効果的かなと思いますね。

これを、200kgでやっているクリスティアーノ・ロナウドは凄すぎます!

・ラットプルダウン

ラットプルダウンはケーブルマシンを使ったトレーニングで、棒を上から引いてくるといったトレーニングです。イメージは、上の画像のような感じです。

スポンサードリンク



主に鍛えられる筋肉は、広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋ですね。

上の画像の部分ですね。やはり、、このトレーニングをやると上の画像の部分が筋肉痛になります(笑)

ポイントとしては、

肩甲骨を寄せながら腕を引き寄せ、最後に肩甲骨を寄せきって背筋群を最大収縮させることです。

上手いこと書けなかったので、引用させてもらいました。

トレーニングの最中に気を付けることは、辛くなると、どうしても顎を下げてしまうんですが、辛くなった時こそ顎を上げることに意識した方が良いです。

顎を上げることで、背中の筋肉が収縮するからです。

クリスティアーノ・ロナウドが実際に行っている筋トレの紹介を一部させていただきましたが、このほかにもされているわけですから、あれだけの筋肉が得られたわけですね。

それに、筋肉をつけることだけでなく、つけた筋肉を細くするようなトレーニングもされていると思います。

要は、必要な筋肉が残るようなトレーニングもしているということですね。

だから、クリスティアーノ・ロナウドは筋肉は凄いですが、スマートに見えるんですね。

筋トレは、このようなことをされていますが、食事の方はどうなんでしょうかね?

クリスティアーノ・ロナウドの食事面についても見ていこうと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの食事は、どんな感じなのか?

一流のアスリートは、食事にも気を使いますよね?筋肉のこともありますが、コンディションを整えることに重要な役目を果たしますからね。

画像は、長友佑都ですが、彼も食事には気を付けていますからね!画像を見ると、長友佑都の食事は種類が多いですね!栄養バランスは、間違いなく良いことでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドは、ストイックな選手なので食事の方も手を抜かないことでしょう。そこで、クリスティアーノ・ロナウドの3色のメニューを見てみましょう。

・朝食
フルーツ
穀類
トースト

・昼食
サラダ・野菜
鶏肉


玄米
パスタ

・夕食
鶏肉
牛or豚の赤身肉

やはり、朝食は軽めなんですね。昼食は、野菜メインですね。夕食は、肉ですね。やはり、赤身なんですね。

夕食に赤身の肉を食べるというのは、ほとんどの選手がそうですしね。

クリスティアーノ・ロナウドは、結婚していないので、管理栄養士の方を雇って食事の管理をされているのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウド自身で管理もしていそうですが。後、間食や飲酒もしていなさそうですよね。本当に徹底されているイメージがあります。まさに、プロといった感じでしょうね。

パーティーとかに参加しても食べるものを考えて、食事を楽しんでいそうなクリスティアーノ・ロナウド。

本当は、どうかはわかりませんが。そういうところがあるからこそ、筋肉の衰えもなさそうですし、コンディションも良い状態でプレーできているんでしょうね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの筋肉についてと筋トレ、食事について書かせていただきました。

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉の画像は、並大抵の努力で手に入れたものではないですね。筋トレの様々な種類のトレーニングをバランスよくされてます。

筋トレの画像を見てもらいましたが、画像で見ている以上にきついものです。

画像は、どれだけの負荷をかけているのかわかりませんが、クリスティアーノ・ロナウドは想像もできない負荷をかけてますからね。

その筋トレで、クリスティアーノ・ロナウドは強靭な筋肉を手に入れましたし、それだけでなく柔軟な筋肉になるようなトレーニングも同時にしているはずです。

ですから、体重がありすぎて動きにキレがないということはなく、キレキレのドリブルをすることが出来ると言えますね。

食事面にしても、クリスティアーノ・ロナウドは徹底されていますね。

恐らく、管理栄養士に作ってもらっているとは思いますが、そのほかのことは自分で管理していることでしょう。

それぐらいストイックでないと世界では戦えないということですね。こういったクリスティアーノ・ロナウドのプロフェッショナルな姿勢を学んでほしいですね。

こちらの記事も読まれています⇒長友佑都の無駄のない筋肉は、どうやって手に入れたのか?

スポンサードリンク