クリスティアーノ・ロナウドの食事管理は、あの人の助言からだった!

トレーニングや食事に関して、一切、手を抜かないクリスティアーノ・ロナウド。そのことは有名ですよね?

アスリートにとって、トレーニング以上に食事に気を付ける人は多いですからね。

クリスティアーノ・ロナウドのあの肉体を作っているのは、トレーニングと食事の管理を徹底してやっているからでしょう。

いったい、クリスティアーノ・ロナウドの食事って、どのようなものを食べているのでしょうかね?

もちろん、栄養とカロリー計算はされていると思いますが、バリエーションは豊富なのかな?

スポンサードリンク



日本のサッカー選手が、奥さんの手料理をSNSでアップされていますが、結構、種類が豊富で、バランスを取れた食事を作られてますが、量が多いような気もします。

激しいトレーニングをしていることもそうですし、カロリーも控えめになっているから問題はないのでしょうが。

では、クリスティアーノ・ロナウドの食事って、どんな感じのものなのかを調べようと思い、調べてみました。

あの肉体を作っている食事について書いていこうと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの食事は、こんな感じ!

クリスティアーノ・ロナウドの食事って、豪華なイメージがありますよね?調べてみると、意外と普通のような気もします。

その普通に見えて、徹底的に管理してある食事は、流石、アスリートだなと思わされます。

食事の一日のメニューは、こんな感じです。意外な?食事でしたね。

朝食は、フルーツジュースとシリアル(小麦・穀物)がメインというよりか、これだけのようですね。

昼食は、サラダと一緒に、鶏肉がメイン。もちろん薄味。後は、パスタなども食べるようです。

夕食は、昼食に似たような感じの食事のようですね。

やはり、アスリートって感じの食事ですね。非常に、シンプルで、量はあったとしてもカロリー、脂質はないですね。

間食もあまりしないようですし、してもカロリー、脂質など考えて取られることでしょうね。当たり前か!

それに、お酒も飲まないことで有名ですよね?体に害のないように飲まれる方はいますが、クリスティアーノ・ロナウドは、飲みません。

全ては、サッカーのためといったところでしょうね。

未婚のため、恐らく管理栄養士さんが用意してくれた食事で管理していると思いますが、自分自身でも徹底的に管理しているのでしょうね。

そんなクリスティアーノ・ロナウドが食事面を徹底的に管理するようになったことには、あるきっかけがあったそうです。

それは、ポルトガルのスポルティングからイングランドの名門、マンチェスター・Uに移籍する時にある人からの助言だったそうです。

いったい、クリスティアーノ・ロナウドに食事の助言を与えた人とは、どんな人で、どんな助言をされたのでしょうか?

そちらについても書いてみました。

クリスティアーノ・ロナウドに食事の助言をした人とは?どんな助言をしたのか?

クリスティアーノ・ロナウドに食事の助言をされた方は、当時、マンチェスター・Uの監督であったファーガソン氏のようです。

移籍したての時のことだったのでしょう。ファーガソン氏から、

『食生活は成功するための重要な鍵だ』

という助言をされ、それ以降は、クリスティアーノ・ロナウドは食事に関して徹底的に拘るようになったそうだ。

スポンサードリンク



流石、ファーガソン氏。クリスティアーノ・ロナウドの成功は、ファーガソン氏の助言にあったのかもしれませんね。

若手だったクリスティアーノ・ロナウドにプロ意識を叩きこませたのでしょうね。

多くのアスリートも、食事が大切という言葉をよく耳にしますし、当たり前のことを当たり前にしなさいといったところだったんでしょうね。

この食事のエピソードを語ってくれたのは、スペインの健康食品グループの『Teresa Healthy Food』のジョルディ・バーリ氏という方です。

某TV番組で、クリスティアーノ・ロナウドのことについて色々と話せれていたようで、激しいトレーニングに加えて、トレーニングの効果を最大に発揮するために食事に気を付けていると言っていたようです。

クリスティアーノ・ロナウドが、同僚に「マシン」と呼ばれているように、ジョルディ・バーリ氏も似たようなことを話していたそうです。

健康食品の会社の方なので、食事のことがメインでしたが、こんなことを言ってました。

「ファストフードやスイーツは一切食べないし、炭酸や糖分が入った飲料は全く飲まない。また、食べ物にソースはかけず、揚げ物もほとんど口にしない。」

まあ、このことは、どのアスリートもやっているので、当たり前と言えば当たり前ですが、そこを徹底してやっているところが、クリスティアーノ・ロナウドの凄さなんですけどね。

ジョルディ・バーリ氏は、クリスティアーノ・ロナウドの食事のポイントについても話していたようだ。

・タンパク質は、もちろんだが、たんぱく質を摂る中心の食材は魚。新鮮なものに拘り、決まった時間に食事をする

・トレーニング終了後の1時間以内に食事をする。夕食は、基本的に軽く済ませる。

・寝る前の2時間前には、必ず食事を済ませている。

この3点をきっちりと守っているようだ。

このルールをしっかり守っているからこそ、あのパフォーマンスが出来るのですね。

よく、他の選手が、ナイトクラブで遊んでいたとか報道されてますが、そんな報道をされたことは、あまり聞かないですね。

食事以外にも生活のリズムを崩さないように管理しているのでしょう。

ここまで、見ているとクリスティアーノ・ロナウドは、息抜き何しているのかなとも思いますが、プロである以上は、このリズムは崩さないことでしょうね。

本当に、真のプロフェッショナルな選手だなと改めて思わされましたね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの食事に関して書かせていただきました。

本当に、食事面でも徹底した管理をされているなと思いましたし、これがプロなんだなと改めて思わされましたね。

クリスティアーノ・ロナウドもファーガソン氏の助言を守ってやってきたからこそ、今があるのですね。

普段は、練習以外にも筋トレを行っているわけですが、必要以上のものは口にしないあたりも凄いと思いますし、誘惑に負けない意思の強さも素晴らしいと思いました。

こういった日々の積み重ねが出来ないと、あのようなパフォーマンスができないでしょうね。日本の海外組の選手たちもやっぱり食事に拘っていますし、そういったところから変わらないといけないんですね。

トレーニング、食事、睡眠のバランスと時間の管理を徹底できているクリスティアーノ・ロナウドは、まさに、プロフェッショナルな選手だといえますね。

サッカー選手を引退しない限り、食事は変わらないでしょうね。あっ、ジュニア君が、ユベントスの下部組織に入ったから食事は変わらないかも(笑)

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドが、お酒、たばこに手を出さない理由とは?

スポンサードリンク