クリスティアーノ・ロナウドが、香水のプロデュースをした理由とは?

サッカーだけでなく、様々なビジネスを展開されている選手も多くなってきました。クリスティアーノ・ロナウドも、香水をプロデュースしているようですしね。

クリスティアーノ・ロナウドの香水も有名ですが、日本でも本田圭佑が香水をプロデュースしたことでも知られていますね。

お洒落に気を遣う、サッカー選手は、香水とかでも世界進出されるんですね。

まあ、クリスティアーノ・ロナウド、本田圭佑ともに髪型やファッションにも拘りのある選手ですからね。

スポンサードリンク



そういった分野でも活躍できると思われますし、企業側も広告塔といて、是非、引き受けてもらいたいところですよね?

そこで、今回は、クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水について書いていきたいと思います。

いったい、どのくらいの数の香水をプロデュースしたのでしょうか?また、なぜ、香水をプロデュースしようと思ったのか?

クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースしようと思ったきっかけは!

なぜ、クリスティアーノ・ロナウドが香水の制作に関わろうとしたのでしょうかね?

クリスティアーノ・ロナウドが、普段から香水を使っているからだとは思いますが。

クリスティアーノ・ロナウドが香水をプロデュースした際のインタビューで、自分の香水を作ることが夢だったと話していました。

彼曰く、香水は自分の情熱でもあるとか?ここの感覚は、私には良くわかりませんが・・・。

最後に、クリスティアーノ・ロナウドは、こんなことを言ってました。

その人がどんな香水を着けているかで、その人がどんな人かだって分かったりするような気がしない?

だから僕自身の香水を作るこのチャンスを得られたことは、とても素晴らしいことだと感じたね。

僕は誰もがみんな、お気に入りの“香り”というものを持っていると思うし、 何か時代に左右されずに、いつでも着けられる香水を作りたいと思ったんだ。

最後の一文には、共感できました。時代に左右されない香水か!これって、意外と大切ですよね?香水を良く使う人にとっては。

自分も、当たり障りのない香水を良く使っていましたが、そういったものは時代が変わっても売れますからね。

特に、男性向けのモノは、時代に左右されない方が好まれると思いますので、きっといい香水をプロデュースされたんでしょうね。

もう一つの理由としては、香りを決めることが好きだったようです。一流の男は、拘りがありますね。

クリスティアーノ・ロナウドは、先ほど述べたように、香りは自分を表すものということを重要視していたみたいですね。

クリスティアーノ・ロナウドは、特に、ラベンダー、アップル、シナモンに拘ったそうで、男らしさを強調したみたいです。

いったい、どんな感じに出来上がったのでしょうかね?

クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水について書いていきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水は、どんな香水なのか?

クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水は、全部で3種類あるようです。

まず、一つ目から見ていきましょう!

レガシー。

ラベンダーとアップルと言って組み合わせの香水。凄く、甘めな感じがしますね。クリスティアーノ・ロナウドは、甘めの香りが好きなのか?

クリスティアーノ・ロナウドの香水の特徴でもある、トップ、ミドル、ラストの場面において、香水の香りが変わってくるんですよね。

どこの香水も同じように作られているかもしれませんが・・・。その場面においての成分?の内訳があったので紹介します。

レガシーは、

トップ・・・アップル、シナモン、ラベンダー。

ミドル・・・シダーウッド、ローズマリー、セージ。

ラスト・・・アンバーグリース、ブルンドウッド、パチョリ。

最初は、甘く香るんでしょうね。その後は、ドライな感じなのでしょうか?付けてみないとわかりませんが、そんな感じなのでしょうね。

スポンサードリンク



50mlで、価格は、税込みで、7992円とのこと。

続いては、レガシー プライベート エディション オードパルファム。

アロマティックを重要視したのか?バジルとネロリの香りが特徴。さらに、そこにメープルシロップを加え、甘さもあるようです。

評価によると、セクシーと甘さを重視されているようで、爽やか系を好む人には向いてないかもしれませんね。

レガシー プライベート エディション オードパルファムは、

トップ・・・メープルシロップ、バジル、ネロリ。

ミドル・・・シダーウッド、トンカビーンズ、サンダルウッド。

ラスト・・・アンバー、バニラビーンズ、モス、ムスク。

こちらも、最初は、甘めから入っていくのでしょうかね?段々とセクシーモードに入っていくのでしょう。

昼間よりか夜につけた方が良い香水なような気がしますね。ボトルもセクシーさを表すようなボトルですね。

50mlで、価格は、税込みで、7992円とのこと。

最後は、CR7。

以前の作品とは異なり、カジュアルなシーンで使ってもらえるようにしたもののようです。

香水の名前も、「CR7」としていることから、クリスティアーノ・ロナウドファンに使ってほしいという思いの表れでしょうか?

トップ・・・ ベルガモット、カルダモン。

ミドル・・・シナモン、シダーウッド。

ラスト・・・サンダルウッド、アンバー。

カジュアルラインを重視しているとのことなので、こちらは昼間からつけていても良さそうな感じですね。

50mlで、価格は、税込みで、5832円とのこと。

現在は、この3種類が、クリスティアーノ・ロナウドのプロデュースした香水となりますが、第4弾は、いつになるのでしょうかね?

クリスティアーノ・ロナウドは、香水よりもユベントスでの適応の方が忙しいと思いますので、香水はしばらくプロデュースしないでしょうね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水について書かせていただきました。

ファッション、髪型にも拘るクリスティアーノ・ロナウド。香水のプロデュースにも拘りがありましたね。

まさか、香水のプロデュースが夢の一つだったとは思っても見なかったです。でも、香水とかには興味ありそうな感じはしましたが。

クリスティアーノ・ロナウドがプロデュースした香水は、基本的にセクシー、甘めがメインだと思いますが、「CR7」CR7のようにカジュアルラインのモノがあると便利ですよね?

特に、若い人にとっては、セクシーさよりもカジュアルな方が使い方が広がりますし、着けてみようかなと思いますしね。

今後は、どのような事業に関わっていくのかも注目ですが、まずは、ユベントスでの初ゴールの方に期待したいですね。

代表召集を見送ってもらって、ユベントスでの練習を優先させてもらったわけですから。調整の方は、しっかりとしてくることでしょう。

代表選後のリーグ戦での初ゴールに期待しています!後、ゴール後のパフォーマンスも期待してます。

こちらの記事も読まれています⇒本田圭佑がプロデュースした日焼け止めって、何種類あるの?

スポンサードリンク