グリーズマンのバルセロナ移籍消滅したが、本気度は、どうだったの?

バルセロナへの移籍の話で盛り上がったグリーズマン。バルセロナと言えば、世界最高のクラブの一つ。

サッカー選手ならバルセロナは憧れる選手も多いはず。

そんなバルセロナからのオファーがあったようだが、グリーズマンは断った。

なぜ、グリーズマンはバルセロナ移籍の話を断ったのか?答えは、簡単であった。

アトレティコへのクラブ愛が強かったからだ。ハリー・ケインもそんな感じでしたからね。

アトレティコも十分凄いクラブですが、バルセロナはそれ以上にあたるクラブ。グリーズマンもそこは認めているが、それでも移籍をしなかった。

居心地のいいクラブなんでしょうね!しかも、タイトルも狙えるクラブでありますし、移籍をする必要もないかもしれませんね。

では、グリーズマンがバルセロナへの移籍の話を断った理由ももう少し見ていきたいと思います。


グリーズマンがバルセロナ移籍を断った理由はクラブへの愛?

スペインのTVで、バルセロナへのオファーは認めたモノのアトレティコへのクラブへの愛を貫いた形となった。

アトレティコと長期契約も結んだそうで、何かしらの事態がない限りグリーズマンの移籍はないでしょうね。

仮に、グリーズマンが移籍をしたとしても、大金の移籍金をアトレティコに残せますしね。

メディアの前では、グリーズマンはこう答えていた。

「(アトレティコ・マドリードに残留したことは)大好きな家にいるときのような感覚に似ているね。他の場所に行きたくない、というかんじだ。」

「クラブはやるべきことをすべてをやってくれているから僕は気持ちが良い。重要な選手とサインしているし、素晴らしいチームを作っている」

「アトレティコ・マドリードは僕の家、またはパズルの最も重要な部分のように感じる。」

「たしかにバルセロナのようなクラブが他にあるとは言い難い。しかし本当にここはいいよ。僕は僕の家で、素晴らしいことを成し遂げたい」

グリーズマン自身、本当にアトレティコが好きなんですね。自分自身が活躍できるクラブとして思っているのでしょうね。

もしかしたら、グリーズマン自身、バルセロナに移籍をしても自分の居場所がないと判断したのかもしれませんね。

バルセロナのあれだけの選手層ですからね。スタメン確保も難しいかもしれません。

しかし、バルセロナも本気でグリーズマンの獲得を目指していたはず。

バルセロナが、グリーズマンに対して提示した移籍の条件でも悪かったのでしょうかね?

そこで、バルセロナがグリーズマンに対しての条件は、どのようなものだったのか?見ていきましょう!

バルセロナが、グリーズマンに提示した条件は、どんな感じだったのか?

バルセロナは、グリーズマンに対して、どのような条件を提示したのでしょうか?

バルセロナがアトレティコに対して、契約解除金1億ユーロ支払うと連絡を入れたらしい。

さらには、グリーズマンのために背番号7も用意していたらしい。グリーズマンが背番号7に拘っていることを知ってのことでしょうね。

コウチーニョの獲得が決まってから背番号は明かされておらず、その後にバルセロナから選手が移籍したことで、背番号7が空いたようです。

そこで、メディアは、7番が空いたのでコウチーニョになるのかなと思いましたが、そうではなくグリーズマンのために用意したのではないかと。

報道陣が、そのように推測するのも無理ないですね。グリーズマンの拘りの背番号ですからね。

恐らくバルセロナは、本気で移籍を決めてほしかったのでしょうね。バルセロナの本気度が伝わりますね。

しかし、グリーズマンを狙っているのはバルセロナだけではなく、マンチェスター・Uも狙っているようです。

以前、あった話なので今も狙っているのかはわかりませんが、マンチェスター・Uも本気だったみたいですね。

マンチェスター・Uが、どれだけ本気だったかも見てみましょう!

マンチェスター・Uも本気でグリーズマンを狙っていたのか?

移籍話となると、色々なところから出てきますよね!

以前は、マンチェスター・Uまで獲得を狙っていたなんてね。注目度抜群ですね。

マンチェスター・Uへの移籍に関しては、結構あり得るかもしれないといったところまで行ったそうですね。

最終的に未成年選手の移籍の規定違反で、アトレティコが処分になったことで移籍の話は無くなったようです。

もしかしたら、マンチェスター・Uへの移籍していたら面白いことになっていたかもですね。

ちなみに、未成年選手移籍の規定違反とは、

ヨーロッパでプロサッカー選手として活躍したいという少年やビッグマネーを期待する家族の存在を逆手にとり、ヨーロッパのトップクラブへ入団できるチャンスがあるという口実で渡航費を巻き上げる。

更には実際に渡航してきた選手がチャンスをつかめないと見切りをつけると、共に同伴した家族共々母国に帰るサポートもせず文化の違う異国に置き去りにする。

更には不法滞在者という形でその土地に残らざる得ない少年、家族が多く存在する事実を重く受け、FIFAはこの移籍条項の19条を2009年に規定として定めました。

というルールのようで、このルールで久保建英は日本に戻らなくてはならなくなりました。

例外もあるようで、この3つに当てはまれば問題ないようです。

1. 「両親がサッカー以外の理由で引っ越した場合」

2.「16歳以上18歳未満でEU内、EEA(欧州経済領域)内での移籍の場合」

3.「自宅が国境から50km以内にあり、隣国のクラブもまた国境から50km以内にあり、両国のサッカー連盟が合意した場合」

とまあ、色々ありますが、またレンタル選手の方でも規定が出来るみたいなことがありますのでどうなることやら。

話がそれましたが、また、マンチェスター・Uへの移籍の話も出てきたようですね。ちょっと昔の話ですが。

グリーズマン獲得のために、1億ポンドを用意し、マンチェスター・Uのエースナンバー7も準備しているらしい。

この冬には、7番を背負っているサンチェスを手放すようなので、グリーズマンに再アタックするかもですね。

もうすぐ冬の移籍市場が始まりますが、移籍はするのでしょうかね?移籍はないと思いますが。

バルセロナも冬の移籍市場で、再アタックをするのでしょうか?今後も目が離せないですね。

まとめ。

今回は、グリーズマンのバルセロナへの移籍の話について書いてみました。

アトレティコへの愛がバルセロナの移籍を阻止したのでしょうね。グリーズマンは、移籍しなくて良かったでしょうね。

バルセロナに移籍したら、どうなっていたかわからないでしょうし、アトレティコも十分強いチームですからね。

バルセロナとしても十分な条件な提示をしましたが駄目でしたね。

一方のマンチェスター・Uへの移籍の話は実現しそうでしたが、まさかの未成年選手移籍の規定違反で移籍話が無くなるなんてね。

マンチェスター・Uに関しては、どうなるかはわかりませんが、移籍はなさそうですね。

この冬の移籍市場で、またグリーズマンの移籍話が出るのか?そこに注目ですね。

こちらの記事も読まれています↓

ハリー・ケインが移籍をしなかった理由は、クラブへの愛着心が理由?

サディオ・マネの移籍は、計算して移籍先を決めてたのか?

ネイマールとロナウドは、仲が良く移籍の際に相談していた?内容は?



サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の
フットボールマックスで!