ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの確執が生まれた理由は?

世界屈指のゲームメーカーのケヴィン・デ・ブライネ。ベルギー代表、マンチェスター・Cでもチームの中心選手として輝きを放っている。

一度は、プレミアリーグのチェルシーに移籍をし、出番がなく、ブンデスリーガのヴォルフスブルクへと移籍をして復活を遂げた。

ブンデスリーガのサッカーの方が合っていたのでしょうね、きっと。


この活躍で、マンチェスター・Cに移籍をし、マンチェスター・Cでは主力選手として活躍をしている。チームのサッカーがあっているのでしょうね。

しかし、ケヴィン・デ・ブライネは、一度失敗したプレミアリーグに何故戻ってきたのでしょうかね?だいたい、一度失敗したリーグには戻らない選手が多いと思いますが。

プレミアリーグのサッカーに合わなかったのが原因なのか?それとも、違った理由があってチェルシーを離れたのか?

理由は、色々あると思いますが、一説には、当時、チェルシーの監督であったモウリーニョが原因だったのではないかと言われてますね。

モウリーニョのサッカーが合わなかったのでしょうか?モウリーニョが何かしたんでしょうか?

いったい、ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの間に何があったのか?

ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの関係について調べてみました。

ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの関係は悪かったのか?

ケヴィン・デ・ブライネがチェルシーに移籍をした時の監督は、モウリーニョ。

モウリーニョもクラブ側も納得してのケヴィン・デ・ブライネの獲得だったはず。普通は、両者の意見をすり合わせて獲得するはず。

しかし、ケヴィン・デ・ブライネはチェルシーに在籍している間に出られた試合数は、わずか3試合。

何故、ここまで冷遇をされていたのか?

モウリーニョがどうのこうのよりかは、チェルシーが補強を行いすぎていて、選手層が厚かったからケヴィン・デ・ブライネに出番がなかったと思いますね。

だから、ケヴィン・デ・ブライネは、ブレーメンにレンタル移籍を志願したようですね。選手は試合に出て、なんぼですからね。

ブレーメンでは中心選手として活躍していたようで、レンタル移籍は大成功であったでしょう!

それから、チェルシーに復帰してからは、先ほど書いたように冷遇され続けていました。何故?

ケヴィン・デ・ブライネの話によると、モウリーニョとは2回しか話したことがなく、モウリーニョとのコミュニケーション不足であったことが原因であったと言っていました。

しかし、本当にそれだけだったのでしょうか?それだけで、冷遇されるとは思えませんが。

モウリーニョは、練習中のケヴィン・デ・ブライネを見て、こんなことを言っていたようだ。

「おどおどした子供のようだ」

と。恐らく、モウリーニョの好みの選手でなかったから試合に出れなかったような気がしますね。

チェルシーのメンバーを見たら、緊張すると思いますし、まだ、ケヴィン・デ・ブライネも若かったですしね。

「おどおど」というより、緊張していたんじゃないのかなと思いますね。ケガさせたらどうしようとか考えてやっていたのでは?

ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの確執は、モウリーニョが練習の姿勢を見て、見切りをつけた可能性が高そうですね。

モウリーニョなら、すぐに見切りをつけるでしょうね。モウリーニョのサッカーに合わない選手はそうなる確率が高いようですし。

実際、ケヴィン・デ・ブライネは、ヴォルフスブルクに移籍した時には、

「モウリーニョがいる限り、僕は戻らないだろう」

と、モウリーニョとの確執があるような発言もしてますし、ほぼ間違いなくチェルシーには居たくなくて移籍を希望したんでしょうね。

この発言をしているということは、モウリーニョとの確執はあったのでしょうね。そうでなければ、こんなこと言いませんよ!

では、何故?チェルシーは、ケヴィン・デ・ブライネを獲得しに行ったのでしょうかね?モウリーニョにも意見を聞いてるはずなのに。

モウリーニョとスカウトの間で話し合いはどこまであったのでしょうかね?モウリーニョの意見で獲得するようなことはないと思いますが。

何故、チェルシーは、ケヴィン・デ・ブライネを獲得しようとしたのかを調べてみました。

チェルシーは、何故、ケヴィン・デ・ブライネを獲得したのか?

モウリーニョもクラブもケヴィン・デ・ブライネの実力を評価しての獲得だった。

契約後、ブレーメンにレンタル移籍となったが、そこでの活躍も含めて、期待は大きかったはず。

プレミアリーグに慣れてもらうには時間が必要だとモウリーニョは考えていたみたいですね。本心かどうかはわかりませんが。

プレミアリーグは、フィジカルコンタクトが激しく、他のリーグよりも消耗が激しいからでしょうね。モウリーニョは、大切に育てたかったのかもしれません。

しかし、ケヴィン・デ・ブライネは試合に出たがっていたので、そこで、モウリーニョとの確執が生まれてしまったのでしょうね。間違いなく。

ここで思うのが、ケヴィン・デ・ブライネも試合に出たいのであれば、違う選択肢を考えなかったのかなと。

チェルシーのようなビッククラブであれば、選手層も厚いのはわかってるはずなのに。

ドルトムントなどからも話があったはず。ドルトムントなどであれば、チェルシーよりかチャンスはあったはず。

ドルトムントならCLとかにも出れるのに、チェルシーにいいこと言われたのかな?移籍金の問題だったのかな?

チェルシーのスカウトは、モウリーニョに対して怒ったらしいですが、ケヴィン・デ・ブライネが移籍を望んでいたため、止めることが出来ずに終わったようです。

この時点で、モウリーニョとクラブ側の話が合ってないような感じがしますね。

ケヴィン・デ・ブライネのことは、評価をしていたようですが、モウリーニョとのコミュニケーション不足で互いに溝を作ってしまったことが良くなかったですね。

話し合う時間があれば、少しは違った結果になったのかもしれません。

監督との考え方の違いで移籍をしたいという選手も多いですから仕方のないことですし、クラブ側ももっとモウリーニョと話し合って獲得を検討すべきでしたね。

チェルシー側は、後悔しているでしょうね、きっと。ケヴィン・デ・ブライネが、マンチェスター・Cであれだけ活躍してるのだから。

ケヴィン・デ・ブライネとしたら、チェルシーを出て、ヴォルフスブルクからマンチェスター・Cに移籍できてよかったと思っているでしょうね。

まとめ。

今回は、ケヴィン・デ・ブライネとモウリーニョの関係について書かせていただきました。

ケヴィン・デ・ブライネの実力を評価しての獲得であったようですが、コミュニケーション不足といったところが大きかったような気がしますね。

モウリーニョとしては、プレミアリーグに慣れてほしかった部分があると思いますし、ケヴィン・デ・ブライネは試合に出たいという思いがあったので、そこの溝を埋めるための話し合いを持つべきでしたね。

2回しか話し合っていない状況で、互いの考えなんてわかりませんからね。

モウリーニョから歩み寄ってあげればよかったのかな?クラブも仲介に入ってあげればよかったのではないでしょうか?

結果的に、ケンカ別れみたいな形となりましたが、ケヴィン・デ・ブライネにとっては、良い決断をしたのではないでしょうか?

今は、マンチェスター・Cで中心選手として試合に出れてますし、クラブ側からも監督からも信頼を得ているようなので。

気持ちよくサッカーが出来ているのでしょうね。選手として、一番いい環境でできているのではないでしょうか?

もうすぐ、プレミアリーグも開幕しますし、ケヴィン・デ・ブライネが今シーズンは、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです!

よろしければ、こちらの記事もどうぞ→ケヴィン・デ・ブライネは移籍したクラブでの失敗と成功とは?

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
NEWモデルも定番モデルもレアグッズも サッカーグッズなら
充実の品揃え ●●ユニオンスポーツ●●
全品激安特価にて販売中!
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■