ロシアワールドカップ、サッカーエジプト代表のチームの特徴と弱点とは?

昨日の夜は、興奮して寝れませんでした。日本代表が、コロンビア代表を2-1で破るというジャイアントキリングを起こしてくれましたね。

前半開始早々のコロンビアの選手の退場&PKでの先制点が非常に大きかったですね。

コロンビアは、10人で90分以上試合をしなくてはならなかったことが大きな敗因となったのでしょうね。

本当に、サッカーって、わからないものですね。コロンビアは、終盤はロングボール主体のパワープレーのサッカーが目立ってましたし。


こういったサッカーをしてくるということは、コロンビアには反撃する力が残っていなかったのでしょう。

やはり、大きな勝因は、日本の前線からのプレスは非常に良く機能していたとは思いますし、前線の選手特に乾貴士、原口元気は良く走っていましたし、そういったところが、コロンビアを倒す結果につながったと思います。

こういう前線からのプレスと連動したサッカーが出来れば、今後も期待できそうですね。

おまけに、ワールドカップで、アジア勢で初の南米代表に勝ったという歴史まで作ってくれました。

ここまでくれば、次のセネガルとの決勝トーナメントをかけた戦いに勝利し、決勝トーナメントに進んでほしいですね。

日本サッカー界に、新しい1ページを刻んでくれることに期待したいです。

今日も、シリーズものではないのですが、ワールドカップ出場国のメンバー、チーム紹介をしたいと思います。

今回は、アフリカ代表のエジプトについて書いていこうと思います。エジプト代表って、どんなチームなんでしょうかね?

エジプト代表って、あまり見たことないので、今回、エジプト代表のサッカーについて私も勉強したいと思います。

では、早速、ワールドカップに出場するエジプト代表のメンバーから見ていきましょう!エジプト代表には、どんな選手がいるのでしょうか?

ロシアワールドカップに出場するエジプト代表のメンバー紹介!

ロシアワールドカップに挑むエジプト代表の平均年齢は、29.0歳と日本代表より高め。ベテラン重視の選手選考であったのでしょうね。

経験豊富な選手で構成されているため、老獪なサッカーを仕掛けてくるのでしょうか?

それでは、エジプト代表のメンバーを見てみましょう!エジプト代表で、知っている選手は何人ぐらいいるのでしょうか?

▽GK
1 エサム・エル・ハダリ(アルタアウーン)
16 シェリフ・エクラミー(アルアハリ)
23 モハメド・アル・シャナウィ(アルアハリ)

▽DF
2 アリ・ガブル(WBA)
3 アハメド・エルモハマディ(アストン・ビラ)
6 アハメド・ヘガジー(WBA)
7 アハメド・ファティ(アルアハリ)
12 アイマン・アシュラフ(アルアハリ)
13 モハメド・アブデル・シャフィ(アルファテフ)
15 マフムード・ハムディ(ザマレク)
20 サード・サミル(アルアハリ)

▽MF
4 オマル・ガーベル(ロサンゼルスFC)
5 サム・モルシー(ウィガン)
8 タレク・ハメド(ザマレク)
17 モハメド・エルネニー(アーセナル)
19 アブダラー・サイド(クオピオン)
21 トレゼゲ(カスムパシャ)

▽FW
9 マルワン・モフセン(アルアハリ)
10 モハメド・サラー(リバプール)
11 マフムード・カーラバ(アルイテハド)
14 ラマダン・ソブヒ(ストーク・シティ)
18 シカバラ(アルラエド)
22 アムル・ワルダ(アトロミトス)

■監督
エクトル・クーペル
(アルゼンチン)1955.11.16

エジプト代表の中でも、もうこの人の出来で、エジプト代表のワールドカップの成績が決まるかもしれないと言っても過言ではありません。それくらいエジプト代表のサッカーにとって大切な存在なのです。

その選手とは、モハメド・サラーです。通称、エジプトの王ですね。サラー抜きで、エジプト代表のサッカーを語れないと言ってもおかしくない存在です。

まず、モハメド・サラーの特徴の一つとして挙げられるのが、驚異的なスピードです。同じリバプールに所属するサディオ・マネは、サラーのスピードは凄いと評価をしている。

それだけ足が速いと、裏への抜けだしや、カウンターの時など相手DFは、非常に苦労するでしょうね。

味方も、それだけのスピードだあれば、パスを出しやすいし、スペースにボール出すだけで何とかなってしまいますからね。

防戦一方になる場合は、サラーのスピードを生かしたサッカーをエジプトはしてくるでしょうね。

あと、守備への貢献度が非常に高い選手としても有名です。持ち前のスピードを生かした前線からのプレス。

これは、相手にとっては嫌ですよね。すぐにプレスをかけられてパスコースを限定されるわけですから。

いざという時は、自陣の後方まで戻り、守備をするなど運動量が豊富なことも有名ですね。

前線で、積極的にプレスをかけてくれる選手がいると、味方は凄く有難いですよね!

もう一つ、サラーにとって大きな武器があります。サラーは、スピードを生かした突破が一番の魅力であると思いますが、サラーは、スピードだけの選手ではありません。

狭いスペースでも持ち前の華麗なステップと繊細なボールタッチで密集地帯を抜け出す力を持っています。

スピードもあり、テクニックもあるなんてすごい選手ですよね。こんな選手がいたら、エジプト代表も試合運びが楽になるでしょうし、エジプト代表は、サラーにボールを集めて、仕掛けていきたいところですね。

恐らく、エジプト代表は、そういったサッカーを展開してくるはず。

では、次にワールドカップに出場するエジプト代表のチーム紹介をしたいと思います。

ロシアワールドカップに出場するエジプト代表って、どんなチームなのか?

1990年のイタリアワールドカップ以来のワールドカップ出場となったエジプト代表。過去のワールドカップの成績を見ると、グループステージ敗退が最高成績です。

ほとんど、イヤ、すべてのエジプトの選手は、初めてのワールドカップでしょうね。ワールドカップの波に飲み込まれないようにしないといけないことが、不安要素ですが。

先ほども書きましたが、エジプト代表のワールドカップの成績は、絶対的エースのサラーにかかっています。

プレミアリーグの得点王でもありますし、バロンドール候補にも名を連ねたほどの選手。CLの決勝で痛めた方がどこまで回復しているかが、不安材料でもあります。

エジプト代表のサッカーは、基本的に堅守速攻型のサッカーを展開します。もう、サラーを使わない手がないということでしょうね。

ただ、その絶対的エースに良いパスを供給できるかも、エジプト代表の大きなポイントとなりそうですね。

その役割を担うのが、MFモハメド・エルネニー。中盤での豊富な運動量に加え、キックの精度も高い選手。エジプト代表の攻守のキーマンですね。

モハメド・エルネニーが、いかにサラーに良いボールを出せるか注目のポイントだと思います。

初出場の選手ばかりなので、勢いに乗れば、面白い存在になるとは思えますが、勢いに乗れないとエジプト代表は、苦しいワールドカップとなってしまいそうです。

まとめ。

今回は、エジプト代表のメンバーとチーム紹介をさせてもらいました。絶対的エースサラーを軸に堅守速攻のサッカーで活路を見出したいところ。

ただ、ワールドカップに初めて出る選手ばかりなので、ワールドカップ独特の雰囲気に呑まれて、エジプトのサッカーが出来なくなる可能性もあります。

そうなってくると、エジプトの良さを出し切れずにワールドカップを去ることになるでしょうから、まずは、ワールドカップといった大舞台に飲み込まれずに、エジプトのサッカーを展開できれば、面白い存在になるかもしれませんね。

アフリカ勢は、勢いに乗ると手が付けられませんからね。エジプトの堅守速攻のサッカーが、どこまで通用するかが見物です。

追記

ブログを書いている時に、寝落ちをしてしまい、朝起きたら、開催国ロシアに3-1で敗戦していました。今日は、同じグループのウルグアイとサウジアラビアの1戦があります。

ウルグアイが引き分け以上であれば、エジプト代表は、ロシアワールドカップもグループステージ敗退となってしまいます。

流石に、ウルグアイとサウジアラビアだと実力差がありすぎますので、望みは薄いでしょうが、日本代表みたいなジャイアントキリングもあるかもしれません。

それでも、分が悪いことには変わりませんが。しかも、サウジアラビアは、初戦のロシア戦で大量失点したショックもありそうですし。

最後に、エジプト代表は、サウジアラビア戦が残っているので、そこでは、エジプト代表のサッカーを見せてほしいと思います。

こちらの記事も読まれています→ロシアワールドカップ、古豪ウルグアイ代表のメンバーとチームの特徴とは?