サッカーワールドカップロシア大会の日本のTV局のテーマソングは?

サッカーワールドカップが開幕して、今日、明日で各グループリーグの2戦目が終わりますね。

日本代表は、初戦のコロンビア戦に勝って、勢いに乗って、セネガルを倒してほしいですね。かなりセネガルは強いといった報道をよく見ますので、シンプルなプレーを心掛けてほしいと思います。


2戦終えて、グループステージ突破の国が決まっていないグループもあるので、最終戦でどこが抜け出してくるのかも楽しみの一つですね。

できれば、日本は、セネガル戦で決めてほしいですが、コロンビアとポーランドの結果待ちということになるので、日本は勝利だけを目指して戦ってほしいと思います。

日本は、最悪負けなければ、最終戦に期待が持てますからね!日本がセネガルのスピードについていけるか心配ですが・・・。

私は、残念ながらサッカーワールドカップロシア大会はTVで観戦しておりますが、日本の各TV局によって、サッカーワールドカップロシア大会のテーマソングが違いますよね。

各TV局とも、違った感じのテーマソングなので、各局のイメージに合わせたテーマソングを用意されたと思いますが、皆さんは、どこのTV局のテーマソングが好きですか?

そこで今日は、日本の各TV局のサッカーロシアワールドカップのテーマソングについて書いていこうと思います。

サッカーワールドカップロシア大会の日本の各TV局のテーマソングの紹介!

日本戦は、同じTV局で放送されることはないので、各国の試合を見ながらサッカーワールドカップロシア大会のテーマソングを聞いてみました。

まずは、NHKから行ってみましょうか!

NHKは、NHK「VOLT-AGE」Suchmos(サチモス)という日本のロックバンドの曲が、テーマソングになってます。

 

NHKのこの曲を聴いた時に、これはどうなんだろうかなと正直に思ってしまいましたね。

盛り上がりに欠けるというか、ボルテージが上がらなかったですね。テーマソングとしていいのかな?と思いましたね。

なぜ、この曲にしたのかは、NHKの判断でしょうが、このテーマソング、あまり評判は良くなさそうな気がします。

なぜ、このテーマソングが、盛り上がらないのかを解説してくれている動画があったので、そちらを見てみればわかると思います↓

わかりやすいですね。程よくテンポよく、音が大きいのに越したことはないですね。

さすが、シンガーソングライターですね。あっぱれです!テンポの良いテーマソングがいいですよね?

では、日本テレビはというと「BLUE」NEWSです。理由は、メインキャスターが手越祐也さんなのでね。

それは、当然の流れだと思います。動画は、こちら↓

このテーマソングのテンポは、割と好きですが、歌詞はいったい何なんだろうと思います。正直、ジャニーズだから許されるのでしょうが、私は、あまり好きではありませんね。

NEWSファンの皆様、すみません( ;∀;)

そういえば、小山と加藤の週刊文春の報道で、NEWSは、どうなってしまうんでしょうかね?

ニュースキャスターの手越も標的にされてますしね・・・。そこは、本当に気になりますね。

続いては、TBS。TBSは、「Awakening」EXILEが、サッカーワールドカップのテーマソングになっています。

どんなテーマソングか動画で見てみましょう↓

曲自体は、素晴らしいと思います!なんかサッカーワールドカップロシア大会総集編とかで使うと、すごくいいなと思います。

日本代表のハイライトシーンなんかで使用したら、良いと思います。ただ、日本代表の試合前には合っていない感じがしますね。

スローテンポなところが特に。やはり、先ほどのことではないですが、テンポが速い方がボルテージが上がりますよね?

こちらのテーマソングも微妙でしたね。

続いては、フジテレビ。フジテレビのテーマソングは、「カタルシスト」RADWIMPS。動画は、こちらです↓

こちらも、聞いてみましたが、サッカーワールドカップロシア大会のテーマソングでいいのかな?と思ってしまいました?

サッカーを見るという雰囲気ではないような気がしますね。上手く表現できませんが、やはりボルテージは上がらないような気がしますね。

何とも言えない状態です・・・。やはり、ボルテージが上がるテーマソングがいいですね。

最後に、テレビ朝日。テレビ朝日は、やはり、サブ・ブライトマンの「クエスチョン・オブ・オナー」ですね。もう、すっかりテレビ朝日のサッカーのテーマソングになってますね。

日本代表の試合があるごとによく流れている曲ですよね。「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」のフレーズとともに流れてくる曲ですね。

動画は、こちら↓

やはり聞きなれているせいか、この曲が一番サッカーワールドカップのテーマソングに向いている気がします。

実際に、車の中でも聞いてるので、愛着があるということで、サッカー日本代表のテーマソングの中では、これが一番だと思いますね!これぞ、日本のテーマソングだと思います。

日本代表選手も愛着があるのではないでしょうか?

聞くだけで、ボルテージが上がってきますね!やべっちFCでも使用されていることも、私にとって影響が大きいかもしれませんね。

日本の各TV局のサッカーワールドカップロシア大会のテーマソングを見てきましたが、皆さんは、どの曲が好きなのでしょうかね?

人それぞれ好みがあるので、何とも言えませんが。

では、以前流れていたサッカーワールドカップの日本のTV局のテーマソングも見ていきましょうか!

以前使用されていたサッカーワールドカップの日本のTV局のテーマソングは?

この2曲は試合を見る前にボルテージを上げてくれるいい曲だったと思います。日本代表戦の前に聞くといいと思います。

まずは、「タマシイレボリューション」 / Superfly。これは、サッカーワールドカップ南アフリカ大会の時のテーマソングです。

Youtubeで、ハイライトを見ると流れてきますよね。あのテンポの良さが大好きで、今でも日本代表のハイライトを見ているので、よく耳にします。

日本代表が、初めて外国でのワールドカップで決勝トーナメントに進んだ時ですからね。非常に思い出深い曲です。

動画はこちら↓

この大会の日本代表は、輝いてましたね。日本中が熱狂しているシーンもあり、試合前に聞くことをお勧めしますね(笑)

そして、サッカーワールドカップ日韓大会の日本テレビのテーマソングの「Fantasista」 / Dragon Ash。

これを聞いたら、ボルテージ上がること間違いなし!テンポ最高!高校生の時よく聞いてました。

ちょうどサッカーワールドカップ日韓大会の時だったので、みんなで聞いて盛り上がってましたね(笑)

初めて、日本でワールドカップが開催されたことも大きいですね。

動画は、こちら↓

セネガル戦は、この曲を聴きながら日本代表を応援しようかな(笑)

このぐらいのボルテージが上がる曲でないと、盛り上がらないですよね?

サッカーワールドカップ日韓大会だったから、Dragon Ashは、日本代表のことを考えて、気合を入れて曲を作ったのかな?

「Fantasista」 / Dragon Ashは、最高です!

まとめ。

サッカーワールドカップの日本の各TV局のテーマソングについて書かせてもらいましたが、やはり、サブ・ブライトマンの「クエスチョン・オブ・オナー」が一番今大会のテーマ曲に合っているのかな?

もちろん、日本の各TV局もいろいろと考えて、選曲されたのでしょうし、悪く言うつもりはありません。

日本の各TV局で、サッカーワールドカップロシア大会を盛り上げてほしいと思いますし、各局のテーマソングを聞いて、日本代表を応援していければいいのかなと思います。

まだまだ、サッカーワールドカップロシア大会は、終わりませんからね。各局ともに頑張ってほしいと思います。

こちらの記事も読まれています→サッカーワールドカップのパブリックビューイングは、大成功だったのか?