サッカーワールドカップのパブリックビューイングは、大成功だったのか?

午前3時に開始されるにもかかわらず、多くの日本人サポーターが日本代表を応援していたことだと思います。パブリックビューイングは、大盛り上がりだったそうですね。

サッカーワールドカップロシア大会開幕前は、サッカー熱が冷めきっていた日本ですが、日本代表の躍進を見るたびに、サッカー熱が戻ってきたのかなといった印象がありますね。


サッカーワールドカップロシア大会の盛り上がりは、相当だったようですね。コロンビア戦の勝利で、盛り上がりを見せ始め、パブリックビューイングも多くの人が駆けつけたようだった。

パブリックビューイングの座席のチケットが売り切れるところもあったようで、日本中が大盛り上がりの様子が伝わってきましたね。

特に、今日のベルギー戦は、パブリックビューイングは、凄かったようですね。午前3時にも関わらずに、パブリックビューイングで観戦し、仕事に行かれる方も多かったはず。

それくらい、日本代表が活躍してくれたおかげで、これだけ盛り上がった!今後は、このサッカー熱が冷めないように、サッカー協会も力を入れていかないとですね。

新しい日本代表の試合もパブリックビューイングなどで盛り上がれるといいですね!

では、ベルギー戦のパブリックビューイングが、どれほど盛り上がっていたのかを見てみましょう。

深夜だったが、パブリックビューイングは、どのくらいの人が入ったのかな?

サッカーワールドカップロシア大会のベルギー戦のパブリックビューイングの様子は、どうだったのか?

日本対ベルギー戦のパブリックビューイングが2日深夜、東京・芝公園のスターライズタワーで行われていた様子のニュースがあったので、その様子を書いていきたいと思います。

東京・芝公園のスターライズタワーのパブリックビューイングには、450人ものサポーターが集まり、満席だったようだ。

深夜にもかかわらずに、声をからして、応援し続けていたようです。特に、原口元気の先制点のシーンは大盛り上がりだったでしょうね。パブリックビューイングの会場が揺れてたのでは?

さらに、その数分後の乾貴士のスーパー無回転シュートで、さらに盛り上がり、恐らく最高潮に達したのではないでしょうか?

その後は、ベルギーに2点返された時は、恐らく、パブリックビューイングの会場は、悲鳴が上がっていたことでしょう。

このまま延長かと思われた瞬間、ベルギーの高速カウンターでやらてしまい、パブリックビューイングで観戦していた人、家で観戦した人は、声も出なかったでしょうね。

それでも、2-3と敗れてしまったが、強豪を追い詰めた日本代表の健闘を誰もがたたえていた。

世界も驚いていたようだ。今大会の今までの試合の中で、ベストゲームだったと称賛されたり、ベルギーの監督、選手からも称賛されていた。

日本のサポーターに大きな感動を与えてくれたサッカー日本代表には感謝ですね!

こんな盛り上がりは、滅多にないですからね!胸を張って、帰ってきてほしいですね^^

深夜の試合だったので、パブリックビューイングのお客さんようにと、面白い企画をしたところがありましたので紹介したいと思います。

サッカーワールドカップのベルギー戦の時のおもしろい企画とは?

群馬県の取り組みなんですが、日本対ベルギーの試合のパブリックビューイングが群馬県内各地で開催されたようだ。

前橋市千代田町の複合施設「前橋テルサ」は、2時から開場し、入場料が無料だったらしい。粋なことやりますね!それくらい、パブリックビューイングに来るお客さんが多いと考えたのでしょう。

さらに、こことぞばかりに、パブリックビューイングの会場で、サッカー日本代表グッズまで販売していたようですね。商売根性ありますね(笑)

ここからが、前橋テルサの驚きの企画である。観戦前後にお客さんにくつろいでもらうために、特別宿泊プランというものを用意したらしい。

パブリックビューイングのお客さんのために、こんなことするんだと思いました。

深夜のパブリックビューイングで、帰るのが大変な方のために考えたのでしょうね!

気になる料金は、1人4980円。チェックアウトは、通常より1時間長い午前11時までで、延長が無料となったようだ。

しかも、日本が勝利した場合は、1人当たり1000円のキャッシュバック付き!!!

サッカー日本代表のパブリックビューイングのお客さんに、ここまでするなんて、前橋市恐るべし!

まだ、サービスがあったようで、朝風呂に入って、出勤できるように、特別朝風呂プランなども用意したらしい。

パブリックビューイングに来ていたお客さんは、喜んだことでしょうね。

本当にすごいね!流石、サッカーの強豪校が多い前橋としか言いようがありませんね(笑)

しかし、マナーに悪い地域もあったみたいですね。パブリックビューイング中は、問題なかったのですが・・・。パブリックビューイングの後ですね。

もうおわかりですよね!大阪で、道頓堀だいぶですよね・・・。阪神が優勝した時の名物の道頓堀ダイブがあったそうですね。

日本の敗戦で、なぜ道頓堀にダイブ?

サッカーワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦、日本対ベルギーの一戦で、2-3で日本が敗れた後に、パブリックビューイングをしていた、サポーターの一部が、やけくその道頓堀ダイブを行ったようだ。

日本が敗れて悔しい気持ちはわかりますが、なぜ、道頓堀にダイブしないといけないのでしょうか?

大阪にあるスポーツバーで、パブリックビューイングを行っていて、500人近くが大画面で、日本代表の応援をしていたようだ。

原口元気、乾貴士の2ゴールでリードすると、会場は大騒ぎだったそうだ。それは、どこの会場でもそうだったでしょうね。

だが、同点に追いつかれ、アディショナルタイムで、高速カウンターを食らい、逆転を許し、悲鳴が起きたらしいですね。

試合終了後は、「ニッポン」コールが起こり、選手たちの健闘を称えていた様子。いい雰囲気だったんでしょうね!

インタビューされたサポーターの方々は、

「流れは日本に来ていただけに残念。でもいいゲームでした」

「悔しいけど力を出し切ったと思う。ベルギー対ブラジルを楽しみにしたい。これから仕事です」

と満足したような感じで会場を後にしたようですね。しかし、パブリックビューイングをしていた一部のサポーターは、試合終了後に道頓堀に集まって、次々とダイブをしたみたいですね。

私服警察官らが、10人ほど並んでガードしていたが、ガードが緩い?ところからダイブが始まった。

しかも、「ニッポン」コールで・・・。何回も飛び込む人もいたようですし、中には、女性まで飛び込もうとしたようです。

女性は、警察官に説得され、しなかったようですが、やけくそでダイブするのはどうかなと思いますね。

しかも早朝に・・・。サッカー日本代表の選手たちが見たら、どう思うんでしょうかね?あまり気分のいいことではないと思います。

仕事行くのに、風呂に入っても臭いが取れないのでは?悔しさはわかりますが、道頓堀のダイブは、禁止されているはずなので、マナーは守ってほしいですね。

一方で、良い話もあります。

あるサポーターの方なのですが、パブリックビューイングの後にごみ袋を持ってきて、清掃をされていたそうです。

その方曰く、

「海外のスタジアムは掃除するのに、自分の住んでいる国を掃除しないのはおかしいでしょ。いつも通っているところですし」

と、「ドン・キホーテ」のスタッフとともに清掃活動をしていたそうです。

本当に、素晴らしいサポーターですね。こういった活動が、日本全国にも広がればいいと思いますし、東京オリンピックでも海外の人にそういった姿を見てもらえればなと思いました。

サッカーワールドカップでも清掃のことが取り上げられてましたし。

まとめ。

今回は、サッカーワールドカップのベルギー戦のパブリックビューイングについて書かせていただきましたが、皆さん、深夜にもかかわらず、日本代表を応援していたんですね。

私は、TVで見ていましたが・・・。それだけ、冷めかかっていたサッカー熱が戻ってきたようで、いちサッカーファンとして嬉しいですね。

出来れば、私もパブリックビューイングで見たかったな。仕事さえなければ、パブリックビューイングだったのに。

長谷部誠が言ってましたが、冷めかかっているサッカー熱を取り戻したいと言ってました。日本代表の躍進のおかげで、ここまで盛り上がることが出来ました。

試合会場で応援する人、パブリックビューイングで応援する人、自宅で応援する人、様々な人に感動を与えてくれて、ありがとうと日本代表選手はじめ、西野監督、スタッフの方々にお礼を言いたいですね。

こちらの記事も読まれています→サッカーワールドカップ日本代表応援グッズの売れ筋は、どのグッズ?