サッカーワールドカップ、日本国内では、どんな盛り上がりを見せてるの?

サッカーワールドカップロシア大会、日本国内でだいぶ盛り上がりを見せてますね。盛り上がりがない方がおかしいですからね(笑)

ハリルホジッチ監督の時は、それほどの盛り上がりは、見られなかったですし、各ブックメーカーも日本は、グループHで最下位候補として取り扱われていましたし。

日本国内のサッカー熱が冷めきっているような状況でした。サッカー関係者も盛り上がりはないだろうと予想していたはず。


昨年の東アジアカップでは、日本は、宿敵韓国に大敗するなど、次第にサッカー日本代表への期待は薄れていってしまいました。この時点でも日本代表のサッカーに盛り上がりを感じなかった。

年が明けて、2018年親善試合を何度か行ったが、全く勝てずサッカーワールドカップの盛り上がりに欠けるような試合が多かったのを覚えています。

私自身もサッカーワールドカップロシア大会は、日本国内の盛り上がりはないだろうなと予想をしてました。

原因としては、ハリルホジッチ監督の求める縦に早いサッカーが、盛り上がりを欠く、大きな原因だったのかなと思われますが、ハリルホジッチ監督が求めていたのデュエルの重要性は、非常に大きかったのではないかと思いますね。

サッカーワールドカップロシア大会の日本代表を見ていても、球際の競り合いに負けないように体を当てていくシーンを見るとそう思ってしまいましたね。

ハリルさん、疑って、ごめんなさい( ;∀;)あなたのおかげで、日本代表のサッカーは、盛り上がりを見せてます。

そこで、グループリーグ突破をかけて、明後日、ポーランドと対戦する日本代表ですが、日本国内では、どんな盛り上がりを見せているのかを書いてみようと思います。

まずは、西野監督、本田圭佑への反応についてか言って行こうと思います。結構、この二人に関しては、日本中で盛り上がりを見せましたね(笑)

日本国内では、この二人に対して、どんな盛り上がりを見せていたのでしょうか?

早速見ていきましょう!

サッカーワールドカップロシア大会、日本国内で、西野監督、本田圭佑への反応は、どのようなものだったのか?

サッカーワールドカップロシア大会直前にハリルホジッチ監督を電撃解任した日本サッカー協会。後任は、西野監督となった。この時期に、監督交代?といった別の意味での盛り上がりを見せた日本。

この監督交代は、日本だけでなく世界でも別の意味で盛り上がりを見せていた。

しかも、直前のテストマッチも最後のパラグアイ戦だけ勝利しただけで、本大会では、期待されてなかった。

サッカーワールドカップロシア大会本大会のメンバー選考もベテラン重視の選考で、批判の的となっていた。この選考にめぐっては、盛り上がりを見せたというか、批判連発。

しかし、サッカーワールドカップロシア大会の初戦のコロンビア戦に2-1で勝つと、続く、第2戦のセネガル戦は、2-2の引き分けに終わり、2大会ぶりの決勝トーナメント進出に大手をかけた。

セネガル戦後の朝刊は、売れ行きが良く、盛り上がりを見せていたようだ!

本番で結果を残したことから、SNSでは、

「負けると思ってました。西野監督、ごめんなさい――」

「手のひら返してごめんなさい。西野ジャパン応援してます」

といった書き込みが多く、サッカーワールドカップ第3戦を前に、謝罪の書き込みで盛り上がりを見せていた。

これは、2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会の時の岡田監督の時と同じ現象である。

あの時も、「岡田さん、ごめんなさい。」と日本中で、盛り上がりを見せていた。

日本国民の冷めかかっていたサッカー熱を取り戻すことに成功!ただ、決勝トーナメントが決まってないので、浮かれてはいけないのですが、この盛り上がりは、日本代表を後押ししてくれるでしょう!

決勝トーナメントに進んだら、どこまで盛り上がるのか注目です。盛り上がるだけで、終わりそうもないような気がしますが(笑)

後は、本田圭佑についても同様の盛り上がりを見せていた。日本代表から遠ざかっていた時期があり、3月の親善試合で再び日本代表に呼ばれたが、結果を出せず。

サッカーワールドカップロシア大会の直前のテストマッチでも、結果を残せず、香川真司にポジションを奪われる形になった本田圭佑。

ここでも、SNSだけでなく、TVでも本田圭佑不要論が飛び出していた。

しかし、ふたを開けてみれば、スーパーサブとして初戦のコロンビア戦では、決勝点のアシスト、セネガル戦では、チームを救う同点ゴールを決めるなど活躍をし、本田圭佑不要論を黙らせた。

そして、その結果、西野監督のようにSNSでは、こんな反応があった。

「本田はいらないって言ってごめんなさい」

「ほんださん、かっけー」

など、称賛の声が多く、SNSで盛り上がりを見せていた。セネガル戦の同点ゴールのシーンは、盛り上がりを見せていたでしょう!

サッカーワールドカップロシア大会開幕前は、期待が薄かっただけに、ここまで、1勝1分と躍進した日本代表で盛り上がりを見せている。

きっと、明後日のポーランド戦は、スポーツバーや家での観戦などで、大盛り上がりを見せてくれるでしょうね。きっと。

カフェ併設のベーカリーチェーン「ヴィ・ド・フランス」というお店では、サッカーボールの形をした「フットボールパン」がヒットするなど、こういった形でも盛り上がりを見せている。

ここまで来たら、ポーランドを倒して、グループHを首位で通過してほしいですね!

続いては、経済面でのことを書きたいと思います。

サッカーワールドカップロシア大会で、日本代表がグループリーグを突破したら、どのくらいの経済効果があるのか?

サッカーワールドカップロシア大会での日本代表の奮闘ぶりから、大いに盛り上がりを見せている日本国内。

経済効果への期待も高まっているという。経済効果の方でも盛り上がりを見せてるんですね!

第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストが、こんなことを言っていたらしい。

日本が1次リーグを突破した場合の経済効果は215億円と試算。サッカー観戦やグッズ売り上げなどで消費が押し上げられる

それはそうだろうなと思う。サッカーワールドカップロシア大会開幕前は、日本代表に対して期待が薄かったので、グッズの売り上げも伸びていなかったと思います。

いまいち盛り上がりに欠けてましたしね。

いい意味で、日本代表が裏切ってくれたことによって、グッズの販売店だけでなく、飲食店、観戦時の飲食などで、大きな経済効果が出てきそうですね。

実際に、2010年サッカーワールドカップ南アフリカの時が、そうだったようで、

南ア大会の際は、Jリーグ観客増員やグッズ売り上げなどの直接的効果と観戦時の飲食交通費を含む波及効果が総額215億円規模に上ったと説明。今回も決勝トーナメントに進出すれば、同程度の効果が得られる

と説明をしている。

日本が、グループリーグを突破できれば、ベルギーかイングランドとの対戦となるので、また大盛り上がりを見せるでしょうね。

日本にとっては、欧州勢との戦いのが相性がいいので、もしかしたら、もしかするかもという期待が生まれ、盛り上がりが加速するのではないでしょうか?

そこで勝てれば、日本史上初のサッカーワールドカップベスト8となるので、さらに盛り上がりに加速をつけることでしょう!

是非、明後日のポーランド戦に勝って、グループステージを突破してもらいたいですね^^

まとめ。

今回は、サッカーワールドカップロシア大会の日本国内の盛り上がりについて書かせていただきました。

大会前は、サッカー熱も冷めていて、盛り上がりに欠けるのではないかと思っていましたが、試合を重ねるごとに、日本のサッカー熱が戻ってきたりしてきていて、大いに盛り上がりを見せてます。

長谷部誠が、やべっちFCで、冷めたサッカー熱を取り戻したいと言っていましたが、初戦のコロンビア戦に勝ってからは、サッカー熱がよみがえってきたかなという印象です。

ここで、ポーランドを倒して、決勝トーナメントに進出できれば、さらにサッカー熱が高まると思われるので、日本代表の選手たちには、是非、ポーランドを倒して首位通過をしてほしいと思います。

明後日も、夜更かしで、次の日目をこすりながら出勤ですが、それでもサッカーは見ます!

明後日のポーランド戦、かなり期待してます!がんばれ!日本代表^^

こちらの記事も読まれてます→サッカーワールドップ日本代表応援グッズの売れ筋は、どのグッズ?