サッカーワールドカップは、日本国内にどんな経済効果をもたらしたのか?

ロシアワールドカップも各グループの初戦が終わり、2巡目となってきました。A組は、ロシアとウルグアイが決勝トーナメントに進むこととなり、第3戦で、A組1位をかけて戦うこととなる。

B組は、今のところ、順当に、スペイン、ポルトガルが上位2つにいるが、イランは、勝ち点3を得ているので、第3戦のポルトガル戦に勝てば、決勝トーナメントに進むこととなる。

スポンサードリンク



イランもジャイアントキリングを起こすのだろうか?このグループも目が離せない状況ですね。イランはスペイン相手に良いサッカーしましたしね。

そんなこと言ったら、日本のH組なんか、本当にどうなるかわからないですからね。セネガル戦もそうですが、H組の第2節は、ポーランドとコロンビアの対戦ですからね。

負けたほうが、グループステージ敗退になりますので、この戦いも見物ですね。

ジャイアントキリングを起こしてくれた日本代表に感謝です。

そのジャイアントキリングを起こした翌日には、早速、経済効果が表れたみたいですね。世界では、どのくらいの経済効果があるのかも興味はありますが、今回は、日本国内の経済効果について調べました。

いったい、どんな経済効果をもたらしたのでしょうか?どんな業界に大きな経済効果があったのでしょうか?

早速見ていきましょう!日本で、何が起こったのか?どのくらいの経済効果があったのか?

サッカーワールドカップ初戦のコロンビア戦の勝利で、どんな経済効果があったのか?~その1~

コロンビア戦の翌日のことでした。早くも、国内での経済効果があったようです。ある都内のスポーツショップのニュースです。

コロンビア戦の勝利で沸いた日本、翌日は、日本の勝利を受けて、スポーツショップは大賑わいになったそうです。

特に、決勝点を挙げた大迫勇也のユニフォームを求めてくるお客さんが多かったらしく、スポーツショップ側も大迫勇也のユニフォームを一番前に並べていたそうです。

サッカー熱が冷めていた状況でしたからね、一気に爆発して、良い経済効果を生み出したのでしょうね。

観戦者がスポーツショップに来店した際のインタビューがあったので、見てみましょう。

「きのうは興奮してしまって、どきどきして、楽しんで見ましたね」、「日本は、ことしはすごい。(誰のユニホームを買う?)大迫選手」

などと答えていた。大迫勇也ブームが、大きな経済効果を生んでいるようだ。

ということは、セネガル戦で活躍した選手のユニフォームも売れることが予想されるので、また一つ大きな経済効果が出てきそうですね!

グッズショップにも、朝から代表のユニホームなどサッカー日本代表のグッズを求めて多くのお客が来店した模様。ここでも、経済効果が出てますね。

グッズショップでも人気なのは、決勝ゴールを決めた大迫勇也のグッズだという。

GALLERY・2 吉祥寺店・遠藤陽輔店長は、

「きのうの一戦で、大迫選手は一気に急上昇して、ユニホームをあわせて準備を進めてる段階です」

と話していたそうだ。嬉しい悩みでしょうね!確か、大迫勇也は、アシックスのスパイクを使用しているので、そちらの方も人気が出るのではないでしょうか?

スポンサードリンク



大迫勇也フィーバーの様子の動画があったので、載せてみました。コロンビアに勝ったからとはいえ、ここまで、経済効果があるとは思いませんでした(笑)ワールドカップの経済効果って凄いな!

もし、セネガルに勝って、決勝トーナメントに大手をかけたり、決勝トーナメント進出が決定したら、またさらに大きな経済効果が生まれてくるのでしょうか?

間違いなく、今以上の経済効果をもたらすでしょうね。今まで、サッカー日本代表に期待していなかった分が、今の経済効果につながっているのでしょう。

日本にとって、凄くいいことですから日本代表の皆さん、セネガル戦、是非、勝ってください。日本の経済効果に貢献してください。あなたたちしかいません!

サッカーワールドカップの初戦コロンビア戦の勝利で、どんな経済効果があったのか?~その2~

先ほどの、動画でばれてしまっていますが、株式市場にも影響が出ていたようですね。こんなところにまで経済効果が出るんですね。恐るべし、サッカーの力!

東京市場では、飲料関係銘柄に買いの動きが出ていたようですね。アルコール関連の銘柄が動いたのではないでしょうか?

サッカー観戦中に呑みますからね!スーパー、コンビニあたりにも良い経済効果を生んでいるからでしょうね。

実際に、チェックしてみました。

2502 アサヒグループホールディングス

19日のあたりでは、株価5550円付近でしたが、20日以降は、株価5750円付近まで上昇。アルコール、ノンアルコールの今後の売り上げ増を期待しての株価の値上がりでしょうね。

2503 キリンホールディングス

こちらも、19日あたりでは、株価2950円付近でしたが、20日以降は、株価3050円付近まで上昇。

2501 サッポロホールディングス

こちらも、19日あたりでは、株価2800円付近でしたが、20にちでは、株価2850円まで上昇!

飲料関係銘柄は、ほぼ株価が上がっているようですね。流石、サッカーの祭典ワールドカップ。株式市場にも影響を及ぼすとは。

飲食店、スポーツBARで、取り扱っている飲料メーカーが関連して、株価も上がったのでしょうね。

スポーツBARなんかにとっては、凄い経済効果の恩恵を受けているのではないでしょうか?ワールドカップが終わった後の経済効果がどのくらいあったのかが楽しみですね。

飲料関係は、ここまでにして、大迫勇也の使用しているスパイクメーカーのアシックスは、どうなんでしょうか?

7936 アシックス

大迫勇也が使用しているスパイクメーカー。19日では株価は、1800円付近。しかし、20日は、株価が1760円を切るも、その後は、1800円付近まで回復している。

ここは、ワールドカップの効果がなかったのでしょうかね?それでも、大迫勇也のワールドカップの活躍を見て、サッカーを始める子たちが、アシックスのスパイクを買うかもしれませんしね。

とにかく、様々なところで、サッカーワールドカップにおける経済効果が見られていると思いますし、決勝トーナメントに進出したら、サッカー熱も復活しますし、より多くの経済効果をもたらすと思われます。

サッカー日本代表は、色々なものを背負って戦ているので、是非、皆さん、サッカー日本代表を応援しましょう。ワールドカップで新たな歴史を作るかもしれませんしね。

まとめ。

今回は、サッカーワールドカップでの日本の経済効果について書かせていただきました。やはり、強豪コロンビアを倒したことが一番出かかったのかなと思います。

それによって、スポーツショップ、サッカー日本代表のグッズショップ、飲料関係メーカーの株価、飲食の消費の増加など、様々なところで経済効果が表れてきています。

サッカー日本代表が勝ち進めば、さらに消費の需要が増加して、日本により大きな経済効果をもたらしてくれるでしょう!

そのためには、次のセネガル戦に勝ってもらわないとですよね?そのためには、日本中が盛り上がりを見せ、選手たちの応援をしましょう!日本経済のためにも(笑)

ロシアワールドカップは、開始時間が遅いので、次の日仕事の人はキツいと思いますが、皆さんでワールドカップサッカー日本の後押しが出来たらいいなと思います。

ワールドカップ終了後もサッカー熱は続くと思われますし、サッカーに興味を持ってくれた人たちが、新しい経済効果を生んでくれるでしょう。

スポンサードリンク