サッカー日本代表の左サイドバックは人材難?お勧めしたい選手は?

サッカー日本代表のサイドバックと言うと、人材難と言う話が出てきますが、今は深刻ではないような気がしますね。

深刻なのは、左サイドバックであり、右サイドバックは充実しているんですよね?

「ドーハの悲劇」の時は、都並敏史の代えがいなくて無理をさせていましたね。

今は、長友佑都が左サイドバックとして活躍していますが、後に続く選手がいませんね。

そこで、今回は、サッカー日本代表のサイドバック事情について書いていきたいと思います。


サッカー日本代表のサイドバック事情は、どんな状況であるのか?

現在のサッカー日本代表は右サイドバックは酒井宏樹、左サイドバックは長友佑都が君臨していますね。

二人とも海外で活躍し、技術面、精神面で頼もしい存在となっています。

酒井宏樹、長友佑都の牙城を崩すのは難しいことでしょう。

右サイドバックは、室屋成、三浦弦太がバックアッパーとしていますし、右利きのサイドバックであれば、探せば多く出てきそうですね。

問題なのが、左サイドバック。現在のサッカー日本代表の左サイドバックは長友佑都がいますが、純粋な左利きではありません。

努力をしてきた結果、あれだけの選手になったのですが、サッカー日本代表だけでなく、Jリーグのクラブを見ても左利きのサイドバックは少ない。

3月の親善試合で、サッカー日本代表デビューを果たした安西幸輝がいますが、まだデビューしたばかりであるのと、利き足が右足と言うのが引っ掛かりますね。

佐々木翔も起用されていますが、右利きの選手でありますし、サッカー日本代表の試合を見ていると攻撃面では望めないのかなと思われます。

空中戦に強いことは大きな武器になるのですが・・・。

そうなると、浦和レッズに所属する山中亮輔が魅力的で、継続して、サッカー日本代表に呼んでもらいたいのですが。

左利きの選手であり、特徴が強い選手でありますが、スペシャルなものを持っています。

クロスの精度も高いですし、何と言ってもミドルシュートが魅力的ですよね?

サッカー日本代表デビュー戦のキルギス戦では、代表デビュー弾をきめるなど、”持っている男”っぷりを見せてくれました。

他に、サッカー日本代表に呼べそうな左サイドバックは見当たらないので、山中亮輔をコパ・アメリカで見てみたいですね。

では、私がお勧めする山中亮輔は、どんなプレースタイルなのかについて書いていきたいと思います。

山中亮輔のプレースタイルは、どんな感じなのか?

山中亮輔のプレースタイルは、どんな感じなのでしょうか?

山中亮輔のプレースタイルの最大の特徴と言うと、守備よりも攻撃ですよね?

それと、先ほども書きましたが、純粋な左利きの選手ということも大きな魅力です。

今のところ、長友佑都の後継者として一番適している選手であると思われます。

長友佑都と違うところと言うと、サイドに張る選手ではなく、中に入っていくようなプレーが持ち味の選手。

ウイングの選手より中に入っていき、ミドルシュートを放つこともできますし、サイドからの突破でクロスも挙げられることもできます。

中に入っていくプレーが多いので、”偽サイドバック”と呼ばれるようになりました。

今のサッカー日本代表の左サイドは中島翔哉がいますので、中島翔哉が上手く山中亮輔を使ってくれると思われます。

直接得点に絡まなくても中に入ってきたり、サイドで追い越して上がってくれることで味方のマークをはがしてくれる役割も果たしてくれるので、サッカー日本代表の攻撃に新しいオプションをもたらせてくれます。

こちらが、山中亮輔のプレーの動画です。マリノスの時のものですが、わかりやすいかなと思われます。

中にいる方が多い気がしますが、サイドからのクロスの供給もできていますね!

やはり、中でも魅力的なのが左足から繰り出されるミドルシュートです!サッカー日本代表は、ミドルシュートが少ないですからね。

しかも、精度も高くないので、山中亮輔の左足は凄く大きな武器になると思われます。

中島翔哉と山中亮輔のコンビが上手くいくようになれば、W杯ロシア大会の時の乾貴士と長友佑都のような感じになれることでしょう。

もしかしたら、サッカー日本代表の生命線ともいえる形ができるかもしれません。森保監督には、もう一度、山中亮輔をサッカー日本代表に呼んで欲しいなと思います。

左利きで、これだけの攻撃力を持っているサイドバックは、中々いないので大切にしてほしいと思います。

今後、左利きのサイドバックが出てくるのかが心配ですので、左利きの選手にサイドバックを提案してみるのも良いかもしれませんね。

どうしても左利きの選手は攻撃的なポジションに使われるので、サイドバックと言うのも一つの手だよと言うのもアリかもしれません。

嫌がる可能性が高いですが。私自身、左利きで攻撃的なポジションを望んでいましたが、左サイドバックになってしまいました・・・。

そういった選手をサイドバックにすると攻撃面では期待できますね。守備は不安かもしれませんが、守備は後から何とでもなります。

内田篤人もアントラーズ入団時は攻撃が魅力的なサイドバックでしたが、守備も上手くなり、歴代サッカー日本代表でも指折りのサイドバックになりました。

日本サッカー協会も左サイドバックに困っているのであれば、左サイドバックの人材育成に力を入れて欲しいですね!

まとめ。

今回は、サッカー日本代表が困っている左サイドバックについて書かせていただきました。

右サイドバックは人材難ではないのですが、左サイドバックは困ったものですね。右利きの選手でもやれないことはないということは、長友佑都が示したくれました。

しかし、できれば、左利きの選手が左サイドバックをやった方がメリットが大きいので、左利きの選手に左サイドバックをやって欲しいですね。

長友佑都の牙城を崩せるのは、山中亮輔が一番手ではないかと思うので、浦和レッズで活躍をして、サッカー日本代表の左サイドバックのポジション争いに名乗り出てきてほしいです。




サッカー用品【練習効率UP】ならFungoal

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表に久保建英が呼ばれるのはいつ?ポジションは?

サッカー日本代表に北川航也は定着できる?それともできない?

伊東純也は、サッカー日本代表で堂安律に勝つことはできるのか?

乾貴士が、まだサッカー日本代表を引退することができない理由は?

サッカー日本代表監督の森保一という人物とは?戦術はいかがなもの?