サッカー日本代表が、ドイツ・ブンデスリーガに移籍をする理由は?

ドイツ・ブンデスリーガで活躍するサッカー日本代表選手が増えてきました。日本サッカーにとっては良いことであると思います。

ブンデスリーガは欧州4大リーグの一つとして数えられ、世界トップレベルの選手たちが集まり、しのぎを削っている。

ドイツ代表の選手だけでなく、強豪国の選手も多いので様々なサッカーを学べるチャンスでもありますね!

そんなトップレベルのブンデスリーガに多くのサッカー日本代表選手が所属していますが、何故?ドイツにばかりに集中しているのでしょうか?

サッカー日本代表選手が、ドイツ・ブンデスリーガに移籍をする理由について書いていきたいと思います。


サッカー日本代表選手が、ドイツ・ブンデスリーガに移籍する理由は?

以前は、イタリア・セリエAに多くのサッカー日本代表選手が在籍していましたが、今ではドイツ・ブンデスリーガが多い。

2018年からはベルギーが多くなっていますが。これは、ステップアップのための移籍と考えて良いので大いに越したことはないです。

日本人選手が、ドイツに渡るようになったのは、香川真司のブレイクがキッカケだったように思えます。

当時、かなり安い移籍金でドルトムントへ移籍をし、ブンデスリーガ優勝などインパクトのある活躍を見たドイツ人が日本人選手獲得に走り出したように思えます。

それもあるとは思いますが、日本人とドイツ人の国民性が似ているから獲得しても大丈夫かな?という状況が生まれたのが一番大きいのかなと思いますね!

ドイツ人の性格を調べてみると、出てくる言葉は「真面目」。日本人も良く言われますよね?

サッカーの話になりますが、一人一人が規律を守り、役割を全うするようです。何か、これも日本人に似ていますね。

予定が狂うのを嫌い、スケジュール管理をするようですし、日本人がドイツに行っても生活面でも困らなさそう。

ドイツ人の特徴を調べていて、ビックリしたのが、感情を表に出さず、言葉を選んで話すらしいです。

ビックリした部分は、感情を出さないというところですね。どうしても外国人は感情を出すタイプの人が多いのかと思っていたら、ドイツ人は違うんですね。

ドイツ人を調べていると日本人と似たような部分が多いですね。サッカーだけでなく、私生活にも困らないブンデスリーガに移籍をしたいのでしょうか?

ドイツ側からしても日本人の扱い方になれているので、ある程度計算できる日本人選手の獲得には熱心に動いてくれているのでしょう!

ここら辺が、サッカー日本代表選手が、ブンデスリーガに移籍をする大きな理由なのかもしれませんね。

南野拓実もドイツ・ブンデスリーガに移籍したいと言っていましたし、もしかしたら、今年の夏に叶うかもしれません。

そうなれば、ブンデスリーガの中継を見るのが楽しみになります!

では、現在も含め、過去に、ドイル・ブンデスリーガで活躍したサッカー日本代表選手を見ていきたいと思います。

サッカー日本代表で、ドイツ・ブンデスリーガで活躍した選手たちは?

現、元サッカー日本代表でブンデスリーガで活躍していた選手について書いていきたいと思います。

ブンデスリーガで活躍した選手として、この人は欠かせないでしょう!奥寺康彦氏。元サッカー日本代表ミッドフィルダー。

ケルン、ヘルタ・ベルリン、ブレーメンの3クラブで9年間プレーをしました。

正確なプレーが持ち味の奥寺康彦氏は、ドイツ人からは「東洋のコンピューター」と呼ばれていました。

UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)でアジア人として初のゴールを記録したことでも有名!

ここからは、現役で選手をされている方々です。まずは、内田篤人。元サッカー日本代表不動の右サイドバック。

やはり、シャルケに移籍して1年目のチャンピオンズリーグの活躍ですよね?

チャンピオンズリーグ準々決勝では、長友佑都がいるインテルと対戦し、勝ち上がるなど、シャルケのベスト4進出に大きく貢献。

クラブ初の出来事でもあり、日本人初の快挙となりました。

鹿島に入団当初は攻撃力がウリの選手でしたが、守備力も上げていき、世界的なサイドバックとして成長しましたね。

シャルケの強化部長の評価は、

「攻撃において刺激を与えようとするが、守備面を絶対に忘れない」

と高評価。

今この記事を書いていると懐かしいですね。かつては、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントで日本人対決があったことを考えると、今は寂しいですね。

膝の怪我がなければ、今もブンデスリーガで活躍していたかもしれません。

次は、ブンデスリーガに日本人選手が多くなった原因を作った、香川真司。

セレッソ時代から才能の片りんは魅せていましたが、ドルトムントに移籍をしてから大ブレイクしましたね。

みなさんがご存知のように、ブンデスリーガ2連覇、DFBポカール2回優勝などドルトムントの黄金期を支えた。

この頃の香川真司は止められないぐらい凄かったですね。毎週、香川真司の活躍を楽しみにしていたことを思い出します。

ドルトムントで結果を出していた香川真司は、マンチェスター・Uに移籍をし、プレミアリーグを制するも、ファーガソン勇退後は出番が無くなり。

ドルトムントへ復帰。復帰当初は出番があり、まずまずの活躍を見せていましたが、ここ数年は厳しい状況に・・・。

2019年の冬にトルコのベシクタシュにレンタル移籍をし、輝きを取り戻した感じはしますが、来シーズンはどこに所属するのか?決まっていないので不安ですね。

ドルトムントに戻るのか?ベシクタシュが買い取りをするのか?それとも・・・。夏の移籍市場に注目しましょう。

サッカー日本代表に影響を及ぼすことになるので慎重に決めたいですね!

2018-2019年、キャリアハイの活躍を見せている長谷部誠。元サッカー日本代表キャプテン兼不動のボランチ。

2008年の冬にブンデスリーガのヴォルフスブルクに移籍。ボランチでの起用が少なく、右サイドや右サイドバックとしてプレーすることが多かった。

2008-2009年には、ブンデスリーガ制覇に貢献し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得。

2012-2013年までプレーをするが、ボランチで勝負したいという気持ちからニュルンベルクに移籍するも長谷部誠自身怪我もあり、チームも不調で2部に降格してしまう。

そして、翌年にフランクフルトに移籍。これが大当たりしたのかもしれませんね。

フランクフルトに移籍してからは主力のボランチとしてプレー。2016-2017年からリベロでプレーする機会が増え、2018-2019年にはキャリアハイの活躍を見せている。

ドイツで年間ベストイレブンの候補に挙がるなど充実したシーズンを送っている。ただ、ノミネートされたのが中盤でのポジションということなので厳しいかもしれませんね。

最終節にチャンピオンズリーグ出場権をかけて試合を行いますが、是非、チャンピオンズリーグの出場権を取って欲しいですね。

リベロで出場するのか?ボランチで出場するのか?注目です!

元、現サッカー日本代表でブンデスリーガで活躍、活躍された選手について書いてみましたが、皆、ブンデスリーガで成功を収めている選手たちですね。

今後、ブンデスリーガで成功を収められる選手が出てくるのか?注目ですね!できれば、チャンピオンズリーグに出場して、スタメンで出ているところを見てみたいです。

まとめ。

今回は、サッカー日本代表選手が、ドイツ・ブンデスリーガに移籍をする理由と活躍された、活躍している選手について書いてみました。

日本人選手が、ブンデスリーガに移籍をする理由は国民性が似ているところが多いからなのかもしれませんね。

また、多くの日本人選手が在籍していることから扱い方をりかいしてくれているところが大きいのかなと思われます。

元、現サッカー日本代表選手でブンデスリーガで活躍された選手は、本当に凄い選手が多いですね。

ブンデスリーガ制覇やチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに出場したりと。今では懐かしい話ですが・・・。

最近は、チャンピオンズリーグに出場できたとしても決勝トーナメントでプレーする選手がいないので、かつてのようにチャンピオンズリーグで活躍する選手が出てきてほしいですね。

来シーズンのサッカー日本代表選手たちに期待をしたいです。

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表引退後の長谷部誠が凄い!その活躍ぶりとは?

サッカー日本代表、大迫勇也の怪我の症状は?どんな怪我なのか?

サッカー日本代表に浅野拓磨は必要なのか?何故、呼ばれ続けるの?

サッカー日本代表の強さは、どこにある?一方、大きな弱点はどこ?

サッカー日本代表のタオルマフラーの種類や値段は?巻き方は?