サッカー日本代表に浅野拓磨は必要なのか?何故、呼ばれ続けるの?

サッカー日本代表のメンバー選考で頭を悩ましていそうな森保監督。

一方で、サッカー日本代表にサンフレッチェ広島枠があるのではないか?という報道もあった。

確かに、森保監督になってからサンフレッチェ広島の選手や元選手の選考があったのは間違いない。

各ポジションに一人ずつといった感じでしょうか?森保監督のサッカーを理解している選手を何人か呼んで、浸透させようという狙いがあったからでしょう。

浅野拓磨もその一人であったと思われます。浅野拓磨は怪我が多く、サッカー日本代表に選ばれては辞退の繰り返しですが・・・。

そこで、不思議に思うことがあるんですよね?最初の頃はわかりますが、今後も浅野拓磨をサッカー日本代表に呼ぶのかな?と。

今回は、森保監督が浅野拓磨を選出し続けるのか?について書いていきたいと思います。


浅野拓磨は、サッカー日本代表に呼ばれ続けるのか?

浅野拓磨は、新生サッカー日本代表の時にも呼ばれていましたし、アジア杯の時にも選出されていました。

最初の頃はわかりますが、アジア杯の時は、流石に不思議に思えました。もちろん、浅野拓磨のスピードは素晴らしいですし、大きな武器になると思われます。

サッカー日本代表に少ないスピード系のFWですからね。森保監督も浅野拓磨には違うオプションができるからといった理由で選考していました。

確かに、浅野拓磨のスピードは魅力ですし、ワンタッチゴールを得意とする選手なので、今のサッカー日本代表にないオプションができると思われます。

しかし、度重なる怪我やハノーファーでの試合出場や結果が伴っていない状態で、サッカー日本代表に呼ぶのは、いかがかなと思います。

サッカー日本代表に浅野拓磨を呼び続けるようであれば議論になるはず。

このまま愛弟子を可愛がるようであると純粋な競争がなされないわけなので、結果を出していない選手は呼ぶべきではないと思います。

試合に出続けて、結果を出している選手をサッカー日本代表に呼んで欲しいですね。

浅野拓磨には結果もですが、まず、ハノーファーで試合に出ているようであれば誰も文句を言わないと思いますので、しっかりと試合に出て欲しいですね。

正直、現在の日本代表では浅野拓磨の居場所はないと思います。

ハノーファーが浅野拓磨を買い取りをするようなことが報道されていたと思われますが、2部に降格する可能性が高いです。

その時に、浅野拓磨は2部でプレーをするのか?に注目したいですね。2部でプレーをして力強さを身に付けて欲しいですね。

酒井高徳の話では、ブンデスリーガの2部でも厳しいということなので良い修行になるのではないかと思われます。

サッカー日本代表に復帰したいのであれば、2部でも試合に出続けて、結果も残してほしいです。

では、サッカー日本代表に選出されている浅野拓磨は、ハノーファーでは、どのように思われているのでしょうか?

ハノーファーでの浅野拓磨の評価について書いていきたいと思います。

ハノーファーでの浅野拓磨の評価は?

サッカー日本代表にも選出されている浅野拓磨ですが、ハノーファーでの評価は、どうなんでしょうかね?

ハノーファーでの評価について見ていきましょう!

開幕前は絶好調でハノーファーでの評価は高かった浅野拓磨。しかし、シーズンが始まってからは輝けていない。

チーム事情もありますが、そこを救って見せるのが助っ人の役割だと思うのですが・・・。

時間がたつにつれ、ハノーファーでの評価も下がっていると思われます。しかし、買い取りをするなど不思議な報道が流れていますが。

2019年のフランクフルト戦では、監督にドリブルで勝負しなさいと指示されていたようです。

ん?浅野拓磨ってドリブル上手かったっけ?スペースに出してもらえれば、持ち味のスピードを活かしてのドリブル突破はできるはずですが・・・。

足元勝負となると、厳しい要求ではないかなと思われますね。しかも、試合後、こんなコメントが、

「クロスは僕の得意としていないプレーなので、もっともっと(質を)上げていかないといけない。今日のプレーでも何度か、サイドから崩していって、クロスを上げるのか上げないのかっていうところまでは行けているんです。シュートまで行くのはああいう位置からでは難しいと思いますけど、どうにか味方のシュートにつなげられるような仕事はしなければいけない」

監督の言いたいことがわかっているのかな?

監督は、クロスのことを言っているわけではなく、パスやドリブルの使い分けの仕方、駆け引きの部分を求めているのではないのかなと思うのですが・・・。

こんな感じですと、浅野拓磨はドイツでやっていけないのかもしれませんね。

裏を取ることは得意なことだと思われますが、選択肢が少ないのでしょうね。それか、自慢のスピードを活かして縦一辺倒の攻撃でもいいかもしれませんね。

変に考えるよりかは、そちらの方が効果的な気がしますね。そちらの方が、ハノーファーの首脳陣の期待に応えられるかもしれません。

とりあえず、森保監督には試合に出続けられている状況になるまでは、浅野拓磨をサッカー日本代表には呼ばないでほしいですね。

柴崎岳にも同じことが言えますが。平等な競争で、サッカー日本代表を強化していってほしいと思います。

まとめ。

今回は、サッカー日本代表に浅野拓磨は呼ばれ続けるのかについて書かせていただきました。

森保監督の愛弟子ということとサッカー日本代表にはないスピードを持っていて、新しいオプションができるといった理由から選ばれ続けていたのでしょう。

しかし、浅野拓磨のスピードは認めますが、試合に出られていない選手をサッカー日本代表に呼んでほしくないですね。

平等な競争になっていないですし、それを言ってしまえば、柴崎岳もそうですが。

結果は出ていなくても試合に出続けている選手をサッカー日本代表に呼んで欲しいですね。

まずは、ハノーファーでの残り試合には出続けて欲しいと思います。

そうでなければ、コパ・アメリカで選手が集められないといっても、サッカー日本代表には選出しないでくださいね、森保監督。




【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表の愛称は、どうやって決まるのか?いつからあるの?

サッカー日本代表監督の森保一という人物とは?戦術はいかがなもの?

新生サッカー日本代表における青山敏弘の役割は大きさは凄かった!

浅野拓磨、ドイツでの評価は高い?気になる年俸も高いのか?

浅野拓磨は、レンタル移籍で良かった理由とは?また、良くない理由とは?

浅野拓磨の使用スパイクはナイキだが、契約とかはしているのか?