アヤックスのデ・ヨングなど多くの優秀な若手を育てる方法とは?

デ・ヨングですが、今年の冬に大きな決断をしましたね。

移籍は、夏になりますが、アヤックスを出てバルセロナへ移籍することになりました。

大きなチャレンジでありますが、デ・ヨングのサッカーセンスを考えれば適応することは可能でしょう。

流石、アヤックス!いい若手選手を輩出しますね。これまで、何人ぐらい優秀な若手を輩出してきたのでしょうか?

デ・ヨングもそうですが、デ・リフトも移籍しそうな感じがして、アヤックスとしたら頭が痛いところでしょう。

デ・ヨングを始め、多くの優秀な選手を輩出しているアヤックスですが、どんな育成方法をされているのでしょうか?

※デ・ヨングはアヤックスのアカデミー育ちではありません。


デ・ヨングなどの若手育成に定評があるアヤックスは、何をしているのか?

日本でも下のカテゴリーからトップチームに所属する選手が増えてきましたが、アヤックスほどではありません。

毎年のように優秀な若手を生み出しているアヤックスは、どんな育成の仕方をしているのでしょうか?

調べてみると、アヤックスはチームを中心にした育成から、個人の育成に強化をし始めたようです。

チームの勝利優先ではなく、個人のスキルを磨くと言った方針で行っているようですね!

さらに、各選手の体の出来具合やレベルに応じて、一番良いカテゴリーで試合に出させるようにしているそうだ。

言ってみれば、各選手のことを考えながらオーダーメードで育成していくと言った感じです。

これは凄いなと思わされました。技術的に上手くても、上のカテゴリーで潰れないように工夫されているのですね。

逆にできる選手は上でのチャンスを与えて伸ばしていくといった感じなのでしょう。

アヤックスは、選手を大切にしている印象を受けますね!こういった育成システムを取っているアヤックスだからこそ、毎年のように良い若手が出てくるんでしょう。

大変ですよね?デ・リフトが良い例ですが、アヤックスで育ってきて、主力選手にまでなりましたが、世界屈指の強豪クラブに引き抜かれそうですから。

それでも、アヤックスの人材難にならないので凄いです。余程、スカウトの人たちが優秀なのでしょうね。

次は、アヤックスのスカウトについて書いていきたいと思います。

アヤックスのスカウトの方法とは?

次々と育ててきた選手を引き抜かれるアヤックスですが、優秀な若手が育っていくのは育成方法だけでなく、スカウトにもあるような気がします。

いったい、どんな感じでスカウトしているのでしょうか?

デ・リフトみたいに下のカテゴリーから育ってくる選手もいますが、スカウトされて、アヤックスに入ってくる選手もいるはず。

デ・ヨングはアヤックスにスカウトされ、アヤックスに移籍をしてきた人物ですが。

もちろん、デ・ヨングのようにトップチームのスカウトによる獲得で優秀な若手を入団させることもしています。

アヤックスの下のカテゴリーは、どうなんでしょうかね?もちろん、下のカテゴリーにもスカウトはいます。

責任者を一人置いて、その下に10人スカウトマンがいるようです。オランダの各地域に振り分けられたスカウト人もいるようです。

その人たちが、試合のチケットを渡してあげたりして、アヤックスの試合を見に来てもらっているようですね。

アヤックスにしては、地味な作業をやっているんだなと思い、ビックリしました!

さらに、驚いたのが、北欧諸国にもスカウトを置いているようです。

理由は、生活環境が似ているので、ホームシックになりにくいとのことでした。

確かに、全く違う環境での生活は大人でも辛いですからね。こういったアヤックスの配慮は嬉しいですよね?

ここ最近は、アジアにも目を向けているようです。日本人としたら有難い話です。

これまた、アヤックス上手いなと思う話です。トップチームでの契約だと年俸や移籍金がかかるので、アカデミー契約を狙ってやっているようです。

そういえば、数年前、堂安律にもアヤックスから話があったということがありましたね。

結局、試合出場の確保やカテゴリーのことなどあって、断ったという経緯があっとようですが・・・。今となれば正解でしたね。

今の堂安律ならアヤックスに移籍しても大丈夫な気がしますが、夏に移籍の話があるのでしょうか?

どこのクラブもやっていることのように見えますが、アヤックスの場合はきめ細かい感じがしますね。

デ・ヨングは、トップチームからのスタートでしたが、デ・ヨングにとっても魅力のあるチームだったからこそ移籍をしてきたのでしょう。

デ・ヨングとしたらアヤックスでの経験がバルセロナで活かせると思いますので、バルセロナでの大活躍を期待したいですね!

まとめ。

今回は、デ・ヨングを始め優秀な若手を多く抱えるアヤックスの秘密について書かせていただきました。

デ・ヨングはアカデミーからの育成ではないですが、デ・ヨングという才能をもっている選手の獲得を成功させたスカウト人は素晴らしいですね。

アヤックスの育成方法を調べてみると、チームではなく個人を伸ばす教育に力を入れているのですね。

しかも、各選手に応じたオーダーメードの育成方法ですから潰れてしまう選手が少ないことでしょう。

日本も少しずつではありますが、育成の方法も変わってきています。ただ、アヤックスのような育成方法を取り入れるのも一つの手段かもしれませんね。

高校サッカーのように勝つだけでなく、個人のレベルにあった指導が中心になると面白い選手が育ちそうですね。

こちらの記事も読まれています↓

デ・ヨングの背番号は、バルセロナでも21番になるのか?

デ・ヨングとデリフトは、再び、同じチームでプレーをするのか?

デ・ヨングのプレースタイルの特徴は?弱点や問題面はあるの?

スアレスとメッシは仲が良すぎる!仲が良くなったキッカケは何?

クリスティアン・エリクセンは、身長と体重の割にフィジカルは弱いの?

【Fungoal】
サッカーゴールやサッカーのトレーニング用品ならFungoal!
信頼の高品質でサイズも充実。サッカーチームに必要な品揃えをご提供。