デ・ヨングのプレースタイルの特徴は?弱点や問題面はあるの?

オランダ期待の若手デ・ヨングですが、来シーズンはバルセロナに移籍することになりましたね。

バルセロナもマンチェスター・Cやパリ・サンジェルマンの競争に勝ててホッとしたことでしょう!

バルセロナも良い選手を補強できたなと思います。デ・ヨングも自分のプレースタイルを活かせる環境と判断して移籍を決めたのでしょう。

冬の移籍市場での移籍ではなく、夏の移籍となりましたが、それまでにデ・ヨングはアヤックスで成長したいところですね。

各ビッククラブが争奪戦を繰り広げるほどの逸材のデ・ヨングですが、どんなプレースタイルをする選手なのでしょうか?

今回は、デ・ヨングのプレースタイルについて書いていきたいと思います。


デ・ヨングのプレースタイルの特徴とは?

強豪クラブが争奪戦を繰り広げるほどのデ・ヨングですが、どんなプレースタイルが得意なのでしょうか?

そこで、デ・ヨングのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

中盤の真ん中なら、どこでもできそうですね!トップ下よりかは、ボランチの位置でプレーした方が活躍できそうです。

ボールコントロールは素晴らしいですし、キックの精度も良い。割と、シンプルにボールを扱うなという印象が強いですね。

時折、遊び心があるプレーも見せているところが、デ・ヨングのスタイルなのでしょう。

デ・ヨングのプレースタイルを見ていると、状況判断の速さが素晴らしい。

正確無比なパスで、相手ディフェンスを混乱に陥れるようなところにボールを出してくれます。

しかも、味方に優しいパスなので味方もやりやすいことでしょう。味方も、デ・ヨングを信じて動き出せるので、攻撃にリズムを持たれせてくれているのでしょう。

攻撃のリズムを生み出してくれるデ・ヨングですから、バルセロナのサッカーにも適応できるでしょう。

個人技もあるので、デ・ヨングのプレースタイルも活かしてくれそうですね。両者にとって良い化学反応が起きそうです。

ボールを持ちすぎてリズムを狂わせることはないので、どこまでバルセロナにフィットするのか?

新シーズンが楽しみですね!

後は、守備への貢献度が高いので、バルセロナとしては有難いのかもしれません。

見ている限りでは、デ・ヨングは素晴らしい才能を持っており、そのプレースタイルで多くの観客を魅了することができるでしょう。

技術的には、デ・ヨングは問題ないと思います。しかし、バルセロナに移籍した後に、少し心配なところがあります。

次は、そちらについて書いてみたいと思います。

デ・ヨングのプレースタイルで不安な所とは?

攻撃的な面では、デ・ヨングのプレースタイルは問題ないですね。守備も良く走りますから、現代サッカーに適した選手だと思います。

心配なのがフィジカル面ですかね。まだ、若いデ・ヨングですからフィジカル強化をすることは可能だと思います。

リーガであれば、エールディヴィジよりレベルが高いので、デ・ヨングのプレースタイルが上手く活かせるか?がポイントであると思われます。

当然、デ・ヨングを潰しにかかってくると思われますし、デ・ヨングが苦手そうなフィジカルコンタクトを狙ってくるでしょう。

技術があるので上手くかわすことができるかもしれませんが、リーガは甘くないと思いますので、移籍までに少しフィジカル強化をしておくと良いのではないでしょうか?

そうしておかないと怪我をしがちになるかもしれませんしね。

アヤックスでも過密日程を経験しているとは思われますが、バルセロナでは、さらに厳しい日程になると思われるのでコンディション調整を上手くできるようにしないとですね。

もう一つ心配な点は、アヤックスの時のように出番が確保できないかもしれないところですね。

試合勘を失わないのかが心配なところです。すぐに、レンタル移籍という風にならないといいのですが・・・。

デ・ヨングのプレースタイルは華麗で見る者を魅了できますが、困った一面もあるようです。

デ・ヨングの困った一面とは、いったい何なんでしょうか?

デ・ヨングの困った一面とは?

一見、優等生に見えるデ・ヨングですが、実は性格的に問題があるみたいです。

今は大丈夫なような気がしますが、アヤックスに移籍した後にあったことです。

アヤックスは、デ・ヨングのプレースタイルに注文をしていたようです。シンプルにプレーをするようにと。

しかし、アヤックスが求めていることを実行せずに自己流を貫いていたようです。

デ・ヨングは、自身のプレースタイルには確固たる信念を持っていたようで、直感を重要視していたようであった。

自分のプレースタイルに拘ることはいいことだと思いますが、自分のプレースタイルを殺すこともできないとですよね?

監督の注意には理解を示したように見せておいて、ピッチ上では思うようにやっていたこともあると告白したこともあったそうだ。

さらに、チームがボールを失った時には走らずに歩いていたことも多かったようで、アヤックスも困っていたこともあったようです。

動画を見る限り信じられないですが、デ・ヨングが大人になって、シンプルなプレーや走るようになったのでしょう。

そうでなければ、バルセロナが取りに行くことはないでしょうから。バルセロナで、そんなことをしたら移籍させられるでしょうね。

現在は、そんなことをしないと思われるので、来シーズンのバルセロナでの活躍を期待しています。

まとめ。

今回は、デ・ヨングのプレースタイルの特徴と弱点について書かせていただきました。

攻撃センスは、間違いなくありますし、オランダだけでなく世界のサッカー界をリードしていく存在になることができるでしょう。

ただ、一方で、フィジカルに少し問題があるので、バルセロナに移籍をする前に少し強化をしていけると良いと思います。

大人になったデ・ヨングのプレースタイルであれば、バルセロナでも通用すると思われます。

自分を活かしつつ、周りを活かせる素晴らしい選手なので、バルセロナでは輝いてほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

ジェームズ・マディソンのプレースタイルで凄いところは?弱点は?

アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルは見た目のようにハードなの?

クリスティアン・エリクセンのプレースタイルは完璧?弱点は?

ウスマン・デンベレのプレースタイルは、豪快で、荒っぽいの?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに欠点はあるのか?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

最強コスパへの挑戦!

たった1回分に「HMB」1,750mgを配合!『ビルドメイク24』



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼