ネイマールの生い立ちは、意外と普通だったのか?それとも・・・?

ブラジルのサッカーの原点というと、ストリートサッカーと言う人は多いと思います。

年齢関係なくサッカーをしているような感じみたいですね。今でもそうなんでしょうか?

今は、サッカー界のスーパースターのネイマールもストリートサッカーでテクニックを身に付けていたのでしょうかね?


以前、ネイマールの足技のことについて書きましたが、フットサルでテクニックを磨いたようですが、初めはストリートサッカーからなのでしょう。

そこでサッカーにはまって、本格的に始めていったのでしょうね。

そこで、今回はネイマールの生い立ちについて書いていこうと思います。

ドラマみたいな生い立ちだったのか?それとも、割と裕福な家庭で育ってきたのか?見ていきたいと思います。

ネイマールの生い立ちは、どんな感じ?

ネイマールの生まれたところは、サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスというところで、危険なところではなかったようです。

そこで、ネイマールはストリートサッカーやフットサルに夢中になり、サッカー選手になるための土台を作っていたそうです。

色々な選手の生い立ちを見ていると、ネイマールは,まだ恵まれた環境で育ったようですね。

ネイマールの住んでいるところは、まだ開発された環境ではなかったようです。

ゴミ処理場だったようですね。意外と生い立ちを調べていると、色々なドラマがありますね。

ごみ処理場があったとはいえ、父が言い聞かせていたようで、夢を追い続けてほしいと言っていたようですね。

最初にネイマールの夢が叶ったのが、12歳の時だったようで契約は練習生でのようでしたが嬉しかったでしょうね。

12歳から下部組織に入れたということは、それだけの才能を持ち合わせていたということですから。

サッカー以外はというと、ごく普通の少年だったようで、純粋な少年だったようです。やはり、大半はサッカーだったようです。

当たり前といえば当たり前でしょうね。サッカー選手の生い立ちは幼少期からサッカーに馴染んでいる人が多いですからね。

伸び伸びと育っていたようで、そういった環境だったからこそ様々なアイディアを持つようになったのでしょうね。

これが、ブラジルのサッカー選手が想像もできないプレーをする根源なのでしょう。

恐らく、ブラジル出身の選手の生い立ちには共通するところが多いと思います。

こういった生い立ちがあるからこそテクニックを身に付けて世界レベルで活躍できているのでしょう。

生い立ちって、やっぱり重要なんですね。後は、サッカーで成功するという夢があるから多くのブラジル人が活躍できているのでしょう。

ネイマールの生い立ちで、大きな転機がありました。12歳の時の契約前のことだと思いますが。

こういうことってあるんだなと、運も味方に付けないといけないなと思わせる出来事がありました。

その出来事について書いていこうと思います。

ネイマールは、どんな出来事で運命が変わったのか?

ネイマールが、幼少期から輝く才能を持っていたからということもあると思いますが、ビーチサッカーをやっている時にある人の目に止まったらしい。

ネイマールの恩師となるベチーニョ氏であった。その時のベチーニョ氏は、こんなことを言っていたようだ。

「私がネイマールを初めて見たのは、1998年にサン・ビセンテで開催されたビーチサッカーの試合でした。」

「走り回る6歳の彼に私の目は惹きつけられました。そのスピードとボディバランスに本当に驚かされましたよ。」

「あのスピードで人や物と衝突したら、酷い骨折は免れませんでしたから」

と言っていたようだ。

ビーチサッカーでもキチンと見ているんですね。どこにどんなチャンスがあるのかわかりませんね。

日本では、練習試合とかでもない限りこういったことはまずないでしょうし、まず、ビーチサッカーすること自体ないですからね。

こういったチャンスを活かして、プロへの階段を昇って行ったようですね。

父親もサッカー選手だったということもあり、サッカーをやるには最高の環境だったようです。

父親は、ネイマールにとっては、サッカーグラウンドがあることが本人の幸せだと言っていたようです。

家族で、ネイマールの幸せのために全力を尽くしたいと言っていたようです。凄い、サッカー一家だな。

ネイマールの生い立ちは、ちょっと特殊な気がしてきましたね。生い立ちは人それぞれですが、恵まれている方だなと思いましたね。

本当に、サッカー選手の夢を叶えるために家族の手足助があって慣れた部分も大きかったようですね。

生い立ちを調べていると様々なドラマがありますし、いいところに生まれてきて、ラッキーでしたね!

才能はあったのは誰もが認めることですが、テクニックの他、もう一つ才能が品割っていたからプロになれたような気がします。

これは、ブラジルの選手は皆持っているのかもしれませんが、どんな才能だったのでしょうか?

そこについて、書いていこうと思います。

ネイマールが持っていた、もう一つの才能とは?

良く聞く言葉ですが、ジンガというモノが備わっているという話を聞きます。

そのジンガとは、いったい何なのかというと、

※ジンガとは、揺れる、ふらふら歩くという意味が本来の意味のようです。

ブラジルでは、サンバが有名ですよね?リズムに乗った動きが身に付いているといった意味で使われているようです。

プレーを見ていると確かに、持ち前のテクニックに加えて、リズムに乗ったドリブルで相手を翻弄していますよね?

ブラジルの選手は、皆そんな感じですが、そこに最高のテクニックがあるのですから止めようがないですね。

ジンガは、ブラジルの選手は持っているようですが。これもお国柄ということでしょう。

華麗なテクニック、相手を翻弄するリズム、生い立ちを知ると、このような環境があって、あそこまでの選手になれたのでしょうね。

後は、凄く恵まれた環境ではなかった部分が、あるので、そういった生い立ちで、ハングリー精神もあったことが成功の理由でしょうね。

まとめ。

今回は、ネイマールの生い立ちについて書かせていただきました。

様々な選手の生い立ちを見てきましたが、いい方の生い立ちではないのかなと思いますが、どうなんでしょうかね?

ストリートサッカーやビーチサッカー、フットサルで足技を磨いていたことは、ブラジルでは有名ですが、そういったところで才能が発見される当たりブラジルらしいですね。

やはら、サッカー大国ブラジルということもあり、どこで見られているかわかりませんね。

ブラジルに生まれたことによって、ジンガというリズムも自然と身に付き、テクニックを持った選手になれたわけですし、生まれた環境って大切なんだなと思いましたね。

もし、ブラジル以外のところで育っていたら、ここまでの選手になれたのかどうかはわかりません。

テクニック、独特のリズムを持つための環境に入れたからこそ、今があるのでしょうね!

今後は、リーグ戦、チャンピオンズリーグで過密日程が続きますが、コンディションを崩さずにいてほしいですね。

後は、怪我ですね。あのリズムに乗ったドリブルを止めにファールで来る選手は多いですから。

気を付けてくださいね!

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドの幼少期は、想像を絶するものだった?



お子様の成長エンジンに毎日たった1杯
初回限定500円で販売中!
お子様の成長をサポート!【のびプラス】