ネイマールの筋肉画像は、意外とすごい!細マッチョを目指す方注目!

サッカー選手の筋肉って、凄い選手が多いですが、スーツとか着ると凄い筋肉があるように思えないのは何故なんでしょうか?

あれだけの筋肉を持っているクリスティアーノ・ロナウドも私服やスーツだとスタイルが凄く良く見えますよね?

一方、最近ブログを書いているネイマールは、筋肉が凄そうに見えないんですが、実は、結構凄い。


画像とか見てみると、一般の男の人が憧れるような肉体だ!いわゆる、細マッチョというのか?

ネイマールの筋肉は、本当に必要な筋肉だけを付けているような感じがします。

ネイマールの身長と体重を見てみると、凄く理想的!175cm、68kgですから、一般の男性と変わらない。

まさに、一般の男性の理想の体といってもいいぐらいですね!

体重も必要なだけあると言った感じですから、あれだけキレのあるドリブルが出来るのでしょうね。

では、ネイマールの筋肉は、どんなトレーニングによってつくられたのでしょうか?

そちらについて書いていこうと思います。

ネイマールの筋肉は、このようなことをやって作り上げられた!

まずは、ネイマールの筋肉の画像を見てみましょう!

画像を見るとよくわかりますが、無駄のない筋肉ですね。他の選手とは違い、ムキムキと言った感じではないのがわかります。

そうなると、ネイマールの筋肉は重量を持ち上げるような筋トレが中心ではないのでしょうかね?

やっぱり、体幹トレーニングが中心になるのでしょうか?調べてみると、やっぱり、体幹トレーニングが中心のようですね。

もちろん、重量があるトレーニングもこなしていると思いますが、しなやかさを求めているので、体幹トレーニングが中心となるのでしょうね。

そうでなければ、ネイマールのキレがあって、しなやかなドリブルはできないですからね。

ウェイトトレーニングがメインであれば、余分な筋肉がついてしまい、体が重たくなってしまいますし、筋肉を細くすることもしていかないとですから。

では、体幹トレーニングといっても色々ありますからね。ネイマールは、どんな体幹トレーニングをしているのでしょうか?

ネイマールは、なぜ、体幹トレーニング中心に筋肉を付けているのか?

ネイマールは、なぜ、体幹トレーニング中心に筋肉を付けているんでしょうかね?

キレがあり、しなやかなドリブルをしたい選手は必見ですね。

まずは、なぜ、ネイマールは体幹トレーニングで筋肉を鍛えているかというと、

1、サッカーをするのに大切な腹直筋を鍛えられる。

2、体の軸を安定させることが出来るので、タックルされても倒れにくくなる。

というメリットがあります。

腹直筋とは、

腹部前面にある平たく長い筋で、白線の両側を縦走し腹直筋鞘に包まれています。

腹直筋は上は狭く下は広い多腹筋で、恥骨結合と恥骨陵から起始し、第5~7肋軟骨および剣状突起の前面に停止します。

という定義がありますが、どこだよ!それということになるので、画像で見てみましょう。

画像が、骨ばかりのですみません。腹直筋は、腹筋の真ん中の部分ということですね。

体の軸となる筋肉なので、ここを鍛えることで姿勢が安定し、バランスを崩しにくくするようですね。

そう考えると、ネイマールのダイブは、やっぱりわざとなのかと思ってしまいますね(笑)

ネイマールが体幹トレーニングを実施していることの理由の先ほど書いたことなのですが、もう一つあります。

サッカーをするにあたって、腹横筋、腹斜筋という筋肉も重要な要素になってきます。

腹横筋、腹斜筋はどこの部分なのかというと、

画像を見ていただければ、イメージが湧くと思います。腹横筋は腹直筋の隣に位置する筋肉。

腹斜筋は、内腹斜筋、外腹斜筋と2つに分かれています。合わせて腹斜筋ということになります。

この筋肉を鍛えると、どんなメリットがあるのかというと、

1、ドリブルの際のフェイントをかけるときに、体のバランスを崩さないでいられる。

2、サッカーとは、少し関係ないかもしれませんが、外腹斜筋を鍛えると、くびれが出来る。
内腹斜筋は内臓を正常の位置を維持することが出来ます。

1に関しては、ネイマールのプレースタイルに直結しますし、2に関しては、日常生活に役立ちますね。

こういったことを考えて、ネイマールは筋肉を付けているのです。

ですから、筋肉の画像を見ても無駄のない筋肉がついていますし、脇腹の辺りも引き締まっているのですね。

では、ネイマールはこの筋肉をつけるために、どんな体幹トレーニングをしているのでしょうか?

画像を交えて、見ていきたいと思います。

ネイマールの筋肉はどのようなトレーニングで得られたのか?画像付き。

ネイマールの筋肉を作り上げた体幹トレーニングの方法を見ていきましょう。

これがメインというわけではないのですが・・・。皆さんも取り組みやすいモノを紹介させていただきます。

1、ドローイン。

これは良く知っている方もいらっしゃると思います。

日常生活でも取り入れやすいトレーニングですね。胸を張って、背筋を伸ばしてください。

お腹に手を当てることで腹圧をかける意識をしながらやるといいようです。

簡単に、やり方を説明すると、こんな感じです。

1、胸を張り、息を吐きます。ゆっくりとお願いします。ここで、先ほど書いたように腹圧をかける意識をもって。

2、30秒ぐらいこれを維持してください。意外と簡単に見えますが、30秒がきつかったら時間を短くしましょう。

画像のような感じですね。椅子に座ってやる方法もあるようですが、仰向けの方がやりやすいと思うので、ゴロゴロしている時とかにやってみるといいかもですね。

2、プランク。

見た目、簡単そうに見えるプランク。体幹の強化にはもってこいです。姿勢が正しくなる、基礎代謝が上がるなど様々な効果があります。

ただし、慣れるまで結構きついかもしれません。それでは、やり方を説明していきたいと思います。

1、うつ伏せに寝てください。体はまっすぐに!

2、両肘を床につき、上半身を上げてください。ここまでは楽です。

3、両脚のつま先を立てます。その時に、体を一直線にしてください。その時に、お尻を上げすぎたりしてはいけません。

プランクの姿勢としては画像のような感じです。

画像のような姿勢をキープしてください。目安の時間としては、30秒ぐらいですが、キツイと思ったら時間短縮してください。

見た目以上に結構効きます。楽勝と思わず、気合を入れてやってください。

体と床が平行になることに気を付けてください。後は、肘がいたくなると思うので、何か敷いてやるといいですね。

体幹トレーニングは、見た目以上に筋肉を使うので気を付けてやってください。筋肉痛にならない程度がいいかもですね。

まとめ。

今回は、ネイマールの筋肉のつけ方についての紹介と体幹トレーニングについての説明をさせていただきました。

ネイマールの筋肉の画像を見てみると、欧州の選手のような筋肉のつけ方ではなく、しなやかな筋肉をつけることを重視してやっていますね。

これは、ネイマールのプレースタイルの特徴であるドリブルを活かすために体幹トレーニングを中心にやっているのでしょう。

紹介させていただいた体幹トレーニングは、簡単なものですが、見た目以上に効きます。

姿勢を正しくしたい方や腹筋を鍛えたい方にはオススメです。

ネイマールのような細マッチョを目指す方には良いトレーニングだと思いますので、細マッチョになりたい方はぜひ!

バリバリの筋肉がある体を目指したい人も重量があるトレーニングと並行してやると良いそうですよ!

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドの筋肉画像がマズい!どんな筋トレしたの?



アスリートが認める体幹トレーニング【FLOWIN】