ネイマールの食生活は、意外にもキチンと管理されていた!

南米の選手というと、ファストフードやナイトクラブでの遊びが忙しいようなイメージがありますが。

昔の南米の選手はそのような選手が多かったですね。元祖ロナウド、ロナウジーニョとか。

明らかに食生活が乱れている、生活リズムが乱れているとわかる選手がいましたね。


ネイマールは、どうなんでしょうかね?たまに、そういった記事を見たような気がしますが、毎回そういったことをしているわけではなさそうです。

結婚していないわけですから、栄養士さんを雇って栄養バランスの良い食生活を送っているのでしょうね。

食生活は管理されていると思いますが、ネイマールが我慢できているのかが気になりますよね?

今は、きちんと食生活を守ってやっているでしょうけど、若い時は、結構、暴飲暴食の食生活を送っていたのではないでしょうかね?

ネイマールの後継者といわれた選手は、食生活を乱してしまい、期待に応えられていない状況のようだ。

さらに、夜遊びもしているようで、アスリートとしてどうなのかということが起きていたようだ。

若くして、名門バルセロナの選手、しかも大金を持っているわけなので、そういった生活スタイルが見についてしまったようです。

では、ネイマールは、若くして名門バルセロナに在籍し、大金を掴んでいました。

しかし、食生活や夜遊びが頻繁であれば、あそこまで活躍できていなかったでしょう。

いったい、ネイマールは、どんな食生活を送っていたのでしょうか?

ネイマールの食生活は、どんなモノであったのか?

実際に、ネイマールはどんなものを食べているのか?と思い、食事のメニューを調べてみましたが、メニューは載ってなかったですね。

メニューは、他の一流の選手とさほど変わらないモノだと思います。

しかし、専属の栄養士さんがいるので、食生活は乱れていないと思います。食生活を乱さないことが仕事ですからね。

バルセロナにいた時は、バルセロナの専用の栄養士さんがいたので問題なかったのですが、パリ・サンジェルマンでも栄養士さんが作っていると思います。

食生活は、栄養士さんに任せっきりと思ったら、そうでもなく時には、ネイマール自ら必要な栄養を考えて提案していたようです。

食事は、朝、昼、夜の3回ではなく、何回かに分けて食べているようです。

栄養士さんと相談して、食事をする時間帯とか決めているのでしょうね。どんな理由があるのかはわかりませんが。

血糖値とかの問題とかなのでしょうかね?

きっと、パリ・サンジェルマンでも同じような食生活を送っていることだと思います。

今シーズンは、リーグ戦でも良い調子で戦えていますからね。徹底した食生活と生活リズムを守っているのでしょうね。

色々と調べていると、ネイマールの食生活は、ブラジルの時からのようで、食生活以外にも専門家を雇っていたようです。

食生活以外に、どんな専門家を雇っていたのでしょうか?いったい何人の専門家を雇っているのでしょうか?

そちらも見てみましょうか!いったい何種類の専門家がついていたのでしょうか?

ネイマールは、食生活以外にも専門家を雇っていたが、どんな分野の?

食生活以外の専門家は、心理学者、フィジカルトレーナーを雇っていたようですね。

フィジカルトレーナーは、アスリートですから当たり前ですが、心理学者までとは・・・。

ブラジルでデビューしたばかりの時からのようですね。若い時からネイマールは、プロフェッショナルなんですね。

意外と、食生活とかルーズなイメージがありましたが、全然違ったのですね。

ネイマールが、ここまで活躍できるようになったのもそれぞれのトレーナーのおかげといっても過言ではないようです。

調べていくうちにわかったことなのですが、サントスで注目を集めるようになったネイマールに、バロンドールを取らせるためにプロジェクトが組まれたそうだ。

国上げての取り組みだったのか?ブラジルならあり得るようなプロジェクトですね。それだけ、ネイマールの才能にほれ込んでいたのでしょうね。

国上げてのプロジェクトではなかったようで、ネイマールの親族が経営するNRSportsという企業が始めたモノでした。

サッカーの技術だけでなく、精神科、フィジカルトレーニングなどすべてにおいて一流になれるように指導をするというモノでした。

サッカー漫画の「キャプテン翼」のサンターナみたいな感じだな!知っている方は知っていると思いますが。

あそこまでひどくはないと思いますが・・・。サッカーのエリートに育てたかったのでしょうね。

まず、精神的な面ではどんなことをされていたのか?

「ネイマールは実は完璧主義者であり、ミスを犯した時にはどこを誤ったかとどうすれば防げたかを完璧に分かっているのだ。」

と精神科のコーチは語っているように、恐らく、完璧主義者の部分を和らげてあげていたのかなと思いますね。

後は、他の偉大な先輩と比較せずに、ネイマール自身がライバルといった指導をされていたようですね。

そういったところもあって、王様扱いを望むようになったのでしょうかね?それもあるかもしれませんね。

ネイマールの父は、

「我々の責任はネイマールがバルサの試合でその役割を完璧に果たすためのサポートを行うことだった」

といことで、ネイマールがバルセロナで成功するために、精神科のトレーナーも雇っていたのですね。

どういう状況でも力を発揮できるように。その割には、メンタルの部分は、どうなのかなと思いますが。

疑問に思うのが、それだけ精神科のトレーナーがいて、W杯ではあのようなことをやってしまったのでしょうかね?

続いては、フィジカルトレーナーです。

フィジカルトレーナーというかコンディションの管理する人ですね。

ブラジルと欧州ではコンディション管理が違うので、欧州流のやり方を学ばせるためだったようだ。

食生活だけでなく、日々のトレーニングから試合までの調整方法をブラジル流で慣れさせてから、欧州型にしたかったのでしょう。

ブラジルのスタッフをバルセロナに連れていったようで、バルセロナ側としては困ったようだったが、交渉してまとまったようだ。

すべては、ネイマールのためということで動いたらしいが、そういった特例を許すのはどうかなと思いますが。

今では、欧州の生活にも慣れて、こんなことはしていないと思いますが、親ばかのような行動でしたね。

食生活は、食文化が違うからわかると思いますが、それ以外は必要だったのかなと思いますね。

まとめ。

今回は、ネイマールの食生活とその他の分野のトレーナーも雇っていたことについて書かせていただきました。

ネイマールというと食生活や夜遊びをするイメージがありましたが、そんなことはなかったのですね。

栄養士さんが作る食事で食生活は守り、メンタル、フィジカルトレーナーにより心身ともに鍛えられたのですね。

このようなプロジェクトが成功したので、やってきたかいがあるかもしれませんが、バロンドールを取っていないので成功したとは言えないでしょうね。

今現在活躍している選手たちは、まずは、食生活からきちんとしていますので、ネイマールも食生活がしっかりとできているので、トップレベルでの活躍は期待できるでしょう。

色々な選手の食生活を調べてきましたが、一流といわれる選手は、食生活からなんですね。

クリスティアーノ・ロナウドやメッシも食生活がしっかりとされていますしね。アスリートは、食生活からということが良くわかりますね。

一般の人にも同じことが言えるような気がします。これからは、自分も食生活を見直さなければいけませんね。

食生活だけでなく、生活時間もですが・・・。

こちらの記事も読まれています⇒2018ロシアW杯でのネイマールの髪型の変化が凄い!なぜ?

○  超効率の脂肪燃焼ダイエット!【BYE─10ダイエット】     ○

     ★ プロのパーソナルトレーナー監修 ★

      アメリカの最新理論を取り入れた2ヶ月で

     マイナス10キロを目指す!超効率トレーニング!

         ↓口コミで人気の秘密はコチラ↓