パウロ・ディバラの身長、体重は?プレースタイルに影響しているの?

アグエロ2世、メッシ2世と色々な呼ばれ方をされているパウロ・ディバラ

確かに、プレースタイルは似ていると思う。同じアルゼンチン代表選手ですし、そう呼ばれるのは仕方ないことですよね?

しかし、それが大きなプレッシャーとなってやりづらくならないといいと思いますが・・・。

今のところは、大丈夫そうですね。ただ、心配なのが、クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍してきたことですかね?

パウロ・ディバラの存在が薄くなっていったと言われていますが、そんなこともなさそうですし、共存で来ているのかな?とは思いますが。

むしろ、クリスティアーノ・ロナウドが同じチームにいることで、パウロ・ディバラの成長を助けてくれそうなので良いと思います。

アグエロ2世、メッシ2世と呼ばれているので、プレースタイルだけでなく、身長、体重あたりも同じぐらいなのかなと思うとそうでもないみたいですね。

そこで、パウロ・ディバラとアグエロ、メッシの身長、体重とプレースタイルの比較について書いていこうと思います。

まずは、身長、体重の方から書いていこうと思います。


パウロ・ディバラ、アグエロ、メッシの身長、体重は?

3人の身長、体重は似たぐらいなのか?というとそうでもないみたいですね。

まずは、パウロ・ディバラから見てみましょう。パウロ・ディバラの身長は、177cm、体重69kg。

日本人では、身長高い方に入りますね。体重は、理想的な感じですね。

続いて、アグエロはというと、身長173cm、体重70kg。やはり、小柄ですが、プレミアリーグ使用の体にするために体重はありますね。

体重があるといっても筋肉の重さでしょうし、身長と体重のバランスを考えた結果でしょう。

メッシはというと、身長170cm、体重72kg。メッシも小柄ですが、屈強なDFと戦えるように強靭な肉体を作り上げた結果、体重が72kgとなってしまったのでしょう。

パウロ・ディバラ、アグエロ、メッシの身長、体重を比較してみると、パウロ・ディバラが、サッカー選手として理想的な身長、体重なのかもしれませんね。

今は、この、身長、体重がベストなバランスなのでしょうが、その内、体重は増えてくるかもですね。

身長、体重は違いはありますが、パウロ・ディバラが、アグエロ、メッシと比較されるのはプレースタイルが似ているからなのですが、どういった点が似ているのでしょうか?

そちらについて書いていこうと思います。身長、体重は違えど、同じようなプレーをするんでしょうかね?

パウロ・ディバラとアグエロ、メッシのプレースタイルで似ているところは?

パウロ・ディバラがアグエロ、メッシと似ていると言われる点を調べていくと、シュートセンス、ドリブルスキルあたりが似ているのかなと思います。

パウロ・ディバラのプレースタイルの特徴は、細かいタッチで、相手の逆を突くドリブル、コントロールを利かせたシュート、チャンスメークもできる点です。

シュートに関しては、混雑した中でもボールの芯をとらえることが出来、強烈なシュートを放つこともできます。

まず、パウロ・ディバラのプレースタイルの特徴でもあるコントロールを利かせたシュート、ボールの芯をとらえた強烈なシュートは、アグエロに似ていますね。

メッシに似ている点は、細かいボールタッチで、相手の逆を突くドリブルでしょう!後は、囲まれてもボールを失わない点も似てますね。

後は、点も取れるが、チャンスメークも上手いこともメッシに似ていると思います。

パウロ・ディバラは、アグエロとメッシのいいとこどりみたいな選手ですね。これは、将来期待大でしょうね!

ポジションは同じようなところですが、身長、体重が違えばプレースタイルも変わるのかなと思っていましたが、身長、体重は関係ないですね(笑)

そういえば、以前、パウロ・ディバラがこんなことを言ってました。

「メッシの横でプレーするのは難しい」

この発言に対してメッシは、

「パウロが言っていたことは事実だ。彼はユヴェントスで僕のようなプレーをしていて、僕たちは同じスペースを見つけ出そうとしている。」

「代表で僕と一緒にピッチに立てば、彼は左サイドでのプレーを強いられる。僕たちは右サイドでのプレーを得意とするから、このポジションでのプレーに彼は慣れていないと思う」

と答えていたことがあった。メッシ自身もパウロ・ディバラが自分のプレースタイルに似ていると言ってますしね。

メッシが代表からいなくなったら、パウロ・ディバラもやりやすくなるのかな?

同じポジション、プレースタイルだと共存は難しいですからね・・・。

パウロ・ディバラも相手が悪すぎた部分もあり同情してしまいますが、そこを勝ち取って初めて評価されるわけなので。

今は、メッシは代表に戻らなそうなので、パウロ・ディバラが攻撃の起点となって戦っていくことでしょう。

まとめ。

今回は、パウロ・ディバラの身長、体重をメインに、アグエロ、メッシと似ているプレースタイルについて書いてみました。

パウロ・ディバラが身長では1歩抜き出た感じですが、体重はさほど変わらず。

若干、身長があるのでプレースタイルは変わるのかなと思っていたら、そうでもないですね。

結局、パウロ・ディバラは、アグエロ、メッシのいいとこどりのような選手ですね。

ユベントスでは、パウロ・ディバラも伸び伸びやれていました。

しかし、アルゼンチン代表になると、やっぱりメッシとプレースタイル、ポジションが被るのでやりにくかったみたいですね。

メッシは、アルゼンチン代表には戻らないような気がするので、これからはパウロ・ディバラが攻撃の中心としてやっていくことでしょう。

アルゼンチン代表が今、どんなサッカーをしているのかわかりませんが、南米選手権が来年あるので、そこでチェックしてみたいと思います。

その時には、パウロ・ディバラが大黒柱になって、アルゼンチン代表を引っ張って行っていることでしょう。

そして、日本代表も参加するので、パウロ・ディバラと戦うところを見てみたいですね!

こちらの記事も読まれています↓

グリーズマンの身長と体重のバランスが良いが、どんな筋トレをしてるの?

ネイマールの身長、体重は普通だけど、活躍できているのは何故?

アザールは身長の割に体重が多いですが、体のキレに影響しないのか?



サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の
フットボールマックスで!