パコ・アルカセルが、スペイン代表に初召集されたのは、いつ?

2018年10月のネーションズリーグで、約2年半ぶりにスペイン代表に召集された、パコ・アルカセル

ドルトムントにレンタル移籍をして、結果を出してきた結果でしょうね。

パコ・アルカセルとしたら、久しぶりのスペイン代表だったので嬉しかったのでは?

スペイン代表の背番号も9と期待が表れていますね。

11月のクロアチア戦に敗戦したスペイン代表は、残りの試合結果で準決勝に進めるかという状態ですが、どうなることやら。

まあ、後は神のみぞ知ると言った形でしょう。スペイン代表も世代交代?の時期でもありますからね。

パコ・アルカセルなど中堅選手の台頭の方が嬉しいのかもしれませんね。

そんなパコ・アルカセルですが、約2年半ぶりにスペイン代表に召集されたということですが、初めてスペイン代表に召集されたのは、いつ頃だったのでしょうか?

パコ・アルカセルが、いつスペイン代表に召集されたのか?書いていきたいと思います。


パコ・アルカセルが、初めてスペイン代表に召集されたのは、いつ?

パコ・アルカセルが、初めてスペイン代表に呼ばれたのは、2014年9月のフランスとの親善試合の時。

スペイン代表で、初得点を挙げたのは、2016年のEUROの予選のマケドニア戦でのこと。

その頃は、パコ・アルカセルもスペイン代表に定着できるのではないかと思っていたのではないでしょうか?

しかし、パコ・アルカセルは、コンスタントにスペイン代表には召集されることはなく、召集されても年に数回だけ・・・。

2016年に召集されてから、2018年の10月まで、スペイン代表とは縁がない状態となった。

2016年の夏にバレンシアからバルセロナに移籍をし、バレンシアの時のような結果が残せなかったことが大きかったのかな?と思いますね。

まあ、バルセロナでは、選手層も厚いですし、出れても短い時間でしょうから厳しかったでしょうね。

レンタル移籍とはいえ、ドルトムントに移籍を決断したことが、スペイン代表復帰に繋がったのでしょうね。

では、パコ・アルカセルが、10月にスペイン代表に復帰した時の様子について書いていきたいと思います。

パコ・アルカセルが、スペイン代表に復帰した時は、どんな感じだったのか?

パコ・アルカセルは、スペイン代表に復帰した時のインタビューには、このように答えていた。

「ドルトムントで良いスタートを切れたおかげでここ(代表チーム)に戻ることができた」

パコ・アルカセルもドルトムントで自信をつけての復帰でしたから嬉しかったようですね。

スペイン代表は、レベルが高いわけですからね。周りが良いパスをくれるので、パコ・アルカセルも活きてくるのではないでしょうかね?

パコ・アルカセル自身、ドルトムントへの移籍が正解であったと思っているようであった。

その時のインタビューで、やっぱりバルセロナでの苦悩のことを話していた。

「バルセロナでは、リオネル・メッシやルイス・スアレス、フィリッペ・コウチーニョといったクオリティーの選手たちがいて、出場機会を得るのが非常に難しい」

それはそうでしょうね。メッシ、スアレスは鉄板ですし、コウチーニョの牙城を崩すのも難しいですからね。

バルセロナでコンスタントに出場できていたら、とっくにスペイン代表に選ばれていますよね?

言語が違う国でのプレーは大変だったようだが、チームメートに救われたと感謝の気持ちも忘れていなかった。

パコ・アルカセルも今回選ばれただけでなく、スペイン代表に定着しなければなりませんし、スペイン代表、ドルトムントでも結果を残し続けないといけませんね。

大変なミッションかもしれないが、パコ・アルカセルは、今の現状を楽しんでいるようなので行けるのではないでしょうかね?

そういった気持ちがあるということは精神的に落ち着いているのでしょうね。

だから、結果がついてくるといった感じでしょうね。良いスパイラルです。

そんなパコ・アルカセルですが、どんなプレーをするのでしょうかね?

スペイン代表に選ばれるまでのドルトムントでのプレーを見てみましょう!

パコ・アルカセルのプレーは、どんな感じなのか?

パコ・アルカセルの身長176cm、体重71kgと平均的な体格な選手ですね。

ということは、足技とかがやっぱり凄いのでしょうかね。後は、裏への飛び出し方とか。

いったい、パコ・アルカセルが、どんなプレーを得意とするのか?動画を見てみましょう!

ドルトムントの試合ですが、パコ・アルカセルの特徴が何となく理解できそうですね。

他の得点シーンも見ないとなのですが、この動画を見る限り、裏の取り方が上手いことと、ポジショニングが良いことですかね。

1点目のシーンですが、右サイドからのクロスに合わせたシーンですが、相手DFの視界から消えて上手く得点が取れるところにポジションを取りました。

相手DFは、どうすることもできませんでしたね。完璧な崩しからの得点ですね。

2点目を見ると、FKからなんですが、DFラインとの駆け引きが上手い!オフサイドにならないように、キッカーとDFの両方を見て、上手く抜け出しています。

この動画だけ見ていると、元イタリア代表のインザーギのような感じがしますね。

DFラインとの駆け引きが上手い、ポジショニングが良いあたりは、そっくりだと思います。

スペイン代表では、良いパサーがいるので、パコ・アルカセルが良いプレーを見せてくれるのではないでしょうかね?

コンビネーションが上手くできるようになるまで時間がかかるかもしれませんが、スペイン代表のパスサッカーには合うのではないでしょうか?

パコ・アルカセルのスペイン代表での活躍も注目しないといけませんね。まずは、ドルトムントでの活躍をお願いいたしますね。

まとめ。

今回は、パコ・アルカセルのスペイン代表のことについて書かせていただきました。

結構前からスペイン代表に呼ばれていたんですが、バルセロナに移籍してから呼ばれなくなったようですね。

バルセロナに移籍して、出番が無くなってしまったことが一番大きかったのでしょうね。

パコ・アルカセル自身もスペイン代表復帰の時のインタビューで、そのように言ってましたし。

本当にドルトムントに移籍して正解でしたね。ドルトムントでの活躍がなかったら、スペイン代表はなかったでしょうし。

スペイン代表に定着していくためには、ドルトムントでの安定した結果が必要になりますので、ドルトムントでの活躍を期待したいですね。

こちらの記事も読まれています↓

マウロ・イカルディは、代表と縁がなかった?問題でもあったのか?

クリスティアーノ・ロナウドは代表復帰するの?まだ、必要なのか?

クリスティアーノ・ロナウドは、次回W杯まで代表に残る可能性は?



【Fungoal】体幹・筋トレグッズ【解説が丁寧】Fungoal