パコ・アルカセルは、ドルトムントにピッタリの選手だったのか?

最近、ブンデスリーガで有名になったパコ・アルカセル

つい先日のバイエルン・ミュンヘン戦でも、途中出場で決勝ゴールを決めるなど話題になっている選手。

しかも、記録づくめのパコ・アルカセルは、リーグ戦6試合出場し、218分間で8得点を記録し、ブンデスリーガ史上最速で決めた。

好調ドルトムントを引っ張るエースとして活躍していることで、世界中にパコ・アルカセルの名は広まっていったことでしょう。

今まで、パコ・アルカセルは、どこでくすぶっていたのでしょうかね?よくあるパターンですが。

移籍したクラブとの相性やリーグによって上手く行くこともありますからね。

では、今、注目のパコ・アルカセルが、どんな経歴を歩んできて、ドルトムントに来たのか?

パコ・アルカセルのプロフィールから見ていきたいと思います。


パコ・アルカセルのプロフィールは、どんな感じ?

本名:フランシスコ・アルカセル・ガルシア

愛称:パコ

生年月日:1993年8月30日(25歳)

出身地:トレント

身長:176cm

体重:71kg

在籍チーム:ボルシア・ドルトムント

ポジション:FW

背番号:9

利き足:右足

パコ・アルカセルは、バレンシアの下部組織で育って、2010年にプロデビュー。

しかし、2012年にヘタフェへレンタル移籍をすることになった。これが良かったみたいで、試合に出る機会が増えた。

ここで、ヘタフェに残れたら良かったのかもしれませんが、再び、バレンシアに戻る。

ヘタフェでの修行が良かったみたいで、バレンシアで出番が増えた。

バレンシア復帰のシーズンは、感覚を取り戻すことに時間がかかったのかもしれません。

まあ、チームを離れている間に戦術なども変わってきますからね。対応するには時間はかかるのは当然ですし。

翌シーズンからは、2シーズン連続で、リーグ戦二桁得点を挙げる活躍をすると、2016年の夏にバルセロナに移籍。

バルセロナに移籍できたのはいいが、あの選手層ですので、試合出場数や得点も減少し、2018年の夏にドルトムントにレンタルで移籍をする。

ドルトムントは買取オプション付きという条件であるため、パコ・アルカセルがドルトムントに残るには、ドルトムントが買取をしなくてはいけない。

ドルトムントは、パコ・アルカセルの活躍を見て買い取りをすることでしょうね。するみたいですけどね。

ドルトムントでは、伸び伸びとやれているのでしょうね。パコ・アルカセルにとっては、ドルトムントは最適なクラブだったのでしょう。

そんなパコ・アルカセルは、どんなプレーをする選手なのでしょうかね?スペイン代表にも選ばれるぐらいの選手なので気になりますね。

スペイン仕込みの華麗な足技やワンタッチでボールを回す技術が優れているのでしょうか?

では、パコ・アルカセルが、どんなプレーをする選手なのかを書いていきたいと思います。

パコ・アルカセルは、ドルトムントで、どんなプレーを見せているのか?

パコ・アルカセルは、ドルトムントで、どんな感じで得点を量産してきたのでしょうかね?

あの少ない時間で、8得点ですからね。得点パターンが豊富なんでしょう、きっと!

丁度良い動画がありましたので、パコ・アルカセルのドルトムントでのゴールシーンを見てみましょう!

パコ・アルカセルのドルトムントでのゴールシーンをご覧いただけましたでしょうか?

パコ・アルカセルは、DFの裏を取る動きが上手いですね。後はゴール前のスペースに入り込むタイミングも素晴らしい。

セットプレーの際もDFラインとの駆け引きなど上手い。ここぞというタイミングで裏へ抜け出したシーンは見事と言うしかないですね。

意外だったのは、セットプレーのキッカーも務めているんですね。本当に器用な選手だ。

やっぱり、バルセロナでは、メッシがいるので自由にやらせてもらえなかったのかな?後は、選手層が厚いので中々出番がなかったのかもしれませんね。

出ても途中出場とか。ドルトムントでも途中出場が多いですが、パコ・アルカセルにとっては、ブンデスリーガの方が合っていたのでしょうね。

パコ・アルカセルにとって、ドルトムントというクラブが合っていたのかもしれませんね。

そうなると、ドルトムント側としては、買い取りオプション付きでのレンタル移籍中なので、買取オプションをしたいところ。

そうなるためには、パコ・アルカセルはどうしたら良いのでしょうかね?

このままの活躍であればドルトムントは買取オプションはするはずです。というか、することは報道されていますね。

では、パコ・アルカセルがドルトムントに完全移籍するためには、いくら移籍金がかかるのでしょうか?

そちらについても書いてみたいと思います。

パコ・アルカセルの完全移籍のために必要な移籍金は?

先月のニュースでありましたが、パコ・アルカセルとは個人合意意をしているようで、バルセロナとの設定金額の2300万ユーロ(約30億円)を支払うようだ。

これで、パコ・アルカセルはドルトムントでのプレーが可能となるわけですが、バルセロナとしたら、もったいないことをしたのかな?

ドルトムントにとっては、良い補強が出来たなと思いますし、パコ・アルカセル本人にとっても良い方向に進みましたね。

その期待に応えて、パコ・アルカセルは、ドルトムントで大活躍しなければなりませんね!

ただ、ドルトムントとパコ・アルカセルの両者が納得してのものなので良かったことかなと思います。

今シーズンは、久々にブンデスリーガを制覇するチャンスがあるドルトムントですが、パコ・アルカセル、マルコ・ルイスの点取り屋がどれだけ点を取るかにかかってきますね。

パコ・アルカセルが、ドルトムントを優勝に導けるか楽しみですね!

まとめ。

今回は、パコ・アルカセルについて書かせていただきました。

これほどの選手が、どこで眠っていたのかと思えば、そうでもなかったようですね。順調にステップアップしてきたようですし。

ただ、バルセロナでは、ちょっと厳しい戦いをしてきたみたいですが、その苦労があって、ドルトムントで活躍できているのでしょう。

パコ・アルカセルのプレーの動画も見てみましたが、裏へ抜け出す能力が高い選手だなと思わされましたね。

今は、研究されていない状況かもしれませんが、シーズンの残りは研究されてくるはず。

その中で、いかにゴールできるのかを注目していきたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスと香川は仲良し?コンビネーションは、どうなのか?

マルコ・ロイスのプレースタイルは、現在のポジションにピッタリ?

オーバメヤンと香川は仲が良すぎる?動画のやり取りはどんな感じ?



【Fungoal】体幹・筋トレグッズ【解説が丁寧】Fungoal