フィリペ・コウチーニョの最適なポジションは、どこになるのか?

攻撃的な中盤のポジションであればこなせるフィリペ・コウチーニョ

主に左サイドでのプレーをメインとしていますが、昔は、右サイドのポジションでもプレーしていたようです。

フィリペ・コウチーニョは、インサイドハーフでも起用できるので、その時の対戦相手によって使い分けられるのでしょうね。

リヴァプールの時は、4-3-3の左ウイングのポジションで活躍していましたが、バルセロナも4-3-3なので同じポジションでの起用が多いでしょう。

フィリペ・コウチーニョにとっては、左ウイングのポジションはやりやすいのではないかなと思います。

それは、フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに関係してくるのですが。

一方で、インサイドハーフで見てみたいという私の勝手な意見もあります。

では、フィリペ・コウチーニョにとって、左ウイングとインサイドハーフ、どちらのポジションが良いのでしょうか?

フィリペ・コウチーニョに合うのは、どちらのポジションかについて書いていこうと思います。

まずは、左ウイングのポジションについて書いていきたいと思います。


フィリペ・コウチーニョのポジションは、左ウイングが良いのか?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルを考えると、持ち前のボールコントロールと絶妙なパスがありますので、左ウイングにはもったいないなとも思います。

それに、ウイングのポジションの選手の特徴でもあるドリブル突破も得意な方ではないと思うので、フィリペ・コウチーニョには合わないのかなと思いますね。

ただ、フィリペ・コウチーニョには、ドリブルのスキルはあるので、サイドからカットインしてのシュートは魅力的ですね。

献身的に守備に走ってくれることも、チームにとっては嬉しいことでしょう。

ただ、フィリペ・コウチーニョの持ち味が消えているような気がしますね。

それでも輝けているのは、フィリペ・コウチーニョのスキルが高いからでしょうけど、現代サッカーには合わないかな?と思いますね。

今は、両ウイングのポジションには、足が速く、ボールコントールに優れ、単独で突破できる選手が多いですからね。

そう考えると、フィリペ・コウチーニョのポジションは、インサイドハーフの方が良いのかなと思います。

しかし、バルセロナが、フィリペ・コウチーニョのためにフォーメーションを変えるとは考えにくいので、持ち前の技術で勝負するしかないでしょうね。

まあ、バルセロナのサッカーには合っている人材だと思うので、左ウイングのポジションでもやっていけるでしょう。

では、インサイドハーフであれば、フィリペ・コウチーニョが活きるのかということについて書いていきたいと思います。

では、インサイドハーフの方が活きるのか?

フィリペ・コウチーニョの特徴を活かすのであれば、インサイドハーフのポジションの方が活きるのではないかと思います。

フィリペ・コウチーニョは味方に活かされるよりかは、味方を活かすプレーの方が得意のように思えます。

上手くパスを散らすことも出来るので、インサイドハーフの方が良いのかなと思いますね。

狭いところでも、ボールを失わないですし、ミドルシュートも期待できますので。狭いスペースでのドリブルは有効でしょうし。

そこまで、スピードも求められないポジションですし、フィリペ・コウチーニョにはやりやすいのかな?

リヴァプールの時は、左ウイングでしたが、ボールを預けられて、そこから展開ということが多かったようなので、ゲームメーカー的なポジションの方がいいでしょう。

後は、左ウイングのポジションでも貢献してくれている守備への貢献も出来るので、総合的に考えれば、インサイドハーフのポジションが良いのかなと思います。

そうなってくると、バルセロナのフォーメーションを考えると、中盤の真ん中が一番良いのかなとは思います。

アンカーのポジションは、厳しいので、前目のポジションになるでしょうね。

結局のところ、インサイドハーフの方が良いとは思いますが、バルセロナは左ウイングのポジションをやってほしいということで獲得をしたので、そこで勝負するしかない。

バルセロナでは、左ウイングのポジションで問題ないと思いますが、ブラジル代表の時の方が問題ですよね?

ブラジル代表だとネイマールとポジションが被ってしまいます。

ブラジル代表では、フィリペ・コウチーニョは、どこのポジションで起用されているのでしょうか?

ブラジル代表でのフィリペ・コウチーニョのポジションは、どこ?

ブラジル代表の最新フォーメーションを見てみたところ、フィリペ・コウチーニョは控えのようですね。

やはり、左ウイングのポジションには、ネイマールが。ブラジル代表の場合は、中盤は逆三角形なので、そこのポジションが狙い目なのかなと思いますね。

フィリペ・コウチーニョとネイマールが近くでプレーしたら、どんな化学反応が起きるのでしょうか?楽しくサッカーをやりそうですね。

ネイマールは、自分で仕掛けていくタイプですし、フィリペ・コウチーニョは、パサーとしての能力が高いので良いコンビネーションを見せてくれそうです。

ネイマールからポジションを奪うのは厳しそうなので、インサイドハーフで活躍してくれれば、フィリペ・コウチーニョは活きるでしょう。

そこは、監督が上手く起用してくれると思いますし、色々と試しているところでしょう。

ネイマールとポジションチェンジもして相手を混乱させることもできますから、メリットが多いですね。

監督は、頭が痛いでしょう!いい意味で。

もしかしたら南米選手権で、日本との対戦もあるかもしれないので、フィリペ・コウチーニョが、どこのポジションで出てくるのか?楽しみですね!

まとめ。

今回は、フィリペ・コウチーニョのポジションは、左ウイングが良いのか?インサイドハーフが良いのか?について書いてみました。

結論は、フィリペ・コウチーニョが活きるのは、インサイドハーフかなと思います。

彼のプレースタイルを考えると、最適なポジションだと思いますね。

バルセロナでは、フォーメーション、戦術が確立されているので、左ウイングで勝負するしかないと思います。

しかし、ブラジル代表では、フォーメーションを見る限り、インサイドハーフでできそうなので、そこのポジションで輝いてほしいですね。

ネイマールとのコンビネーションは、きっと、相手にとって脅威になるに違いありませんので。

南米選手権で、日本と当たる時には、フィリペ・コウチーニョには出場してほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

ネイマールのポジションは、左ウイングが適切?その理由は?

キリアン・ムバッペの適性ポジションは右サイド?その理由は?

ケヴィン・デ・ブライネの適性ポジションは、中盤の高め?低め?



【Fungoal】体幹・筋トレグッズ【解説が丁寧】Fungoal