マタイス・デ・リフトとバルセロナは両想い?その理由とは?

冬の移籍市場は終わりましたが、夏の市場に向けて様々な話が飛び交っていますね!

その中の注目株と言えば、アヤックスに所属するマタイス・デ・リフト

同じアヤックスからバルセロナへ移籍を決めたフランキー・デ・ヨングの後を追うのではないかとも言われている。

バルセロナもマタイス・デ・リフトの獲得を目指しており、夏の移籍市場でバルセロナへ行くのではないかと言われているほど。

今回は、マタイス・デ・リフトがバルセロナに移籍したいのかとバルセロナがマタイス・デ・リフトを狙う理由について書いていきたいと思います。

まずは、マタイス・デ・リフトがバルセロナに移籍をしたいのかについて書いていきたいと思います。


マタイス・デ・リフトはバルセロナに移籍をしたいのか?

マタイス・デ・リフトはバルセロナへ移籍をしたいのでしょうか?

答えは、イエス!理由としては、バルセロナのサッカーとアヤックスのサッカーが似ていることが大きいと思われます。

元々、クライフが選手、監督としてバルセロナのサッカーを築いたようなものですから、バルセロナのサッカーがアヤックスのサッカーに似て、当然というわけです。

基本的な部分が似ているようであれば、マタイス・デ・リフトはバルセロナに移籍をしても、すぐにフィットできると思います。

後は、マタイス・デ・リフト自身が言っていたのですが、バルセロナのピケに似ているということからバルセロナに行きたいのではないのかなと思われます。

マタイス・デ・リフトは、こんなことを言っていました。

「僕は(バルセロナDFジェラール・)ピケと似ていると思うんだ。ボールを前に持ち運ぶプレーを好んでいる。ハードな守備にも自信があるし、彼と同じくMFとしてキャリアをスタートした」

マタイス・デ・リフト自身もピケに似ているというほどなので、もうバルセロナに行った方が良いのかもしれないですね。

バルセロナに移籍した場合は、ピケとポジション争いをしなければなりませんが。

そういった刺激のあるクラブに行きたいのが、マタイス・デ・リフトの本音なのかもしれませんね。

マタイス・デ・リフト自身、ステップアップするのに良い時期であると思われますし、バルセロナに移籍ができれば、多くの経験を積むことができますので。

恐らく、もうバルセロナ側とある程度の話はついているのかもしれませんね。

まだ、マタイス・デ・リフトがバルセロナに移籍をすることが決まってないので安心はできないと思われます。

どんでん返しがあるかもしれませんので、バルセロナも確定するまで油断はできないことでしょう。

続いて、バルセロナがマタイス・デ・リフトを狙う理由についても書いていきたいと思います。

バルセロナがマタイス・デ・リフトを狙う理由とは?

バルセロナがマタイス・デ・リフトを狙う理由は何なんでしょうか?

マタイス・デ・リフトを狙う理由は、ピケの後釜のためのようですね。

バルセロナとマタイス・デ・リフトの想いは一緒ですね。もはや、両想いな感じがしますね。

アヤックスでプレーをしているので、バルセロナのサッカーにフィットするという点も大きいことでしょう。

さらに、バルセロナのセンターバックを見てみるとピケを始め左利きの選手が多いのです!

なので、バルセロナは右利きのセンターバックの獲得をしたいという気持ちがあるようですね。

そうすると、マタイス・デ・リフトは右利きですし、まさにバルセロナが求めるセンターバックと言えます。

移籍金は、6500万ユーロ(約84億円)と高額ですが、将来性と即戦力、長い間プレーしてもらえると考えれば安い投資かもしれません。

バルセロナは、フランキー・デ・ヨングも獲得しているので、二人を獲得することになるとアヤックスに1億4000万ユーロ(約180億円)支払わなければなりません。

クラブの規模を考えれば出せなくない金額だと思われますし、何選手か売却してでも二人を獲得することでしょう。

そうすれば、夏の移籍市場の目玉の二人を取れることになります。バルセロナサポーターに温かく迎え入れてもらえそうですね。

マタイス・デ・リフトとバルセロナは両想いのようなので狙っているビッククラブは手を引いて違う選手を探した方が良さそうな気がします。

マタイス・デ・リフトが欲しい気持ちはわかりますが、もう無理な感じがしますし、良い選手は他にもいると思われます。

マンチェスター・Cやユヴェントスは撤退して、他の選手を探すことをお勧めします。

まとめ。

今回は、マタイス・デ・リフトがバルセロナに移籍をする気があるのかとバルセロナが狙う理由について書かせていただきました。

もう、マタイス・デ・リフトとバルセロナは両想いのようですね。

考えていることが同じですし、サッカースタイルが似ていることから移籍をしても活躍できると考えてのことでしょう。

もう、ここまで来ているのであれば、マタイス・デ・リフトの獲得を考えているクラブは撤退した方が良さそうですね。

そこに時間を割くよりも他の選手獲得を目指した方が賢明だと思います。

夏の移籍市場の前に決着がつくのか?夏まで待たないといけないのか?マタイス・デ・リフトの動向に注目です。

こちらの記事も読まれています↓

デ・ヨングとデリフトは、再び、同じチームでプレーをするのか?

アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルは見た目のようにハードなの?

スアレスとメッシは仲が良すぎる!仲が良くなったキッカケは何?

ウスマン・デンベレの怪我は、プレースタイルの影響が強い?

フィリペ・コウチーニョの年俸の推移は、やはり桁違いだった!