マタイス・デ・リフトの背番号4は、アヤックスでは伝説の番号?

もはや、若手とは言えないほどの存在感があるマタイス・デ・リフト

アヤックスでは主力として活躍をしており、オランダ代表にも選出されるほどの実力の持ち主。

ビッククラブが夏の市場で狙っているという報道が多く出るほど。将来性もあり、即戦力としても計算できる選手。

欲しくないクラブなんてないでしょう!ベテランのような落ち着きとクリーンなプレーが持ち味のマタイス・デ・リフト。

今回は、マタイス・デ・リフトのプロフィールと背番号のことについて書いていきたいと思います。

まずは、マタイス・デ・リフトのプロフィールから見ていきましょう。


マタイス・デ・リフトのプロフィール。

国籍:オランダ

生年月日:1999年8月12日

出身地:ライデルドルプ

身長:188cm

体重:89kg

在籍チーム:アヤックス・アムステルダム

ポジション:DF

背番号:4

利き足:右足

マタイス・デ・リフトは、根っからのアヤックス育ちのディフェンダー。アヤックスのサッカーを叩き込まれているので、バルセロナへ移籍しても大丈夫でしょう。

2016年にトップチームでデビューを果たし、アヤックスの主力として活躍中。

流出を恐れたアヤックスは、2017年にマタイス・デ・リフトと2021年まで契約を延長したが、そこまで持ちそうにない。

2019年の夏にバルセロナに移籍をするのではないかと言われている。それぐらいの大物選手!

2018年には、イタリア紙『トゥットスポルト』が主催する「ゴールデンボーイ賞」を受賞するなど、実力は折り紙付き!

もちろん、マタイス・デ・リフトはオランダ代表にも選ばれており、今後、どのくらい成長するのか?楽しみな存在です。

マタイス・デ・リフトのポジションはセンターバックなので、背番号4は似合うと思います。

では、マタイス・デ・リフトの背番号4はアヤックスが決めて渡したものなのでしょうか?

そちらについて書いていきたいと思います。

マタイス・デ・リフトの背番号4はアヤックスが決めたものなのか?

マタイス・デ・リフトの背番号4はアヤックスが決めたものなのかについてですが、恐らく、アヤックスが決めた背番号であると思われます。

いくら、マタイス・デ・リフトが実力があると言っても若手ですし、背番号を選べるような感じではないと思いますので。

ちなみに、トップチームでデビューした時のマタイス・デ・リフトの背番号は36番。まあ、妥当な背番号であったと思います。

2017年6月のデータに背番号36と出ていたので、今シーズンからマタイス・デ・リフトの背番号が4に変わったのでしょう。

アヤックスが期待を込めての背番号4だと思います。十分、その期待に応えているマタイス・デ・リフトですが、流出は避けられなさそうですね。

背番号4=センターバックのイメージがあるのですが、マタイス・デ・リフトは、私のイメージに合った選手なんですよね。

私の中では、井原正巳の影響が強いので、どうしてもセンターバックの背番号=4みたいなものがあります。

マタイス・デ・リフトがアヤックスから移籍をした場合、移籍先のクラブでは背番号何番になるのかにも注目が集まりそうですね。

そんな、アヤックスの背番号4を背負うマタイス・デ・リフトですが、歴代のアヤックスの背番号4を背負っていた選手は、どのような人がいたのかを見ていきたいと思います。

アヤックスの歴代背番号4を背負った選手は?

現在は、マタイス・デ・リフトの背番号ですが、過去には、どんな選手が背負っていたのでしょうか?

まずは、スーパースターが背負っていました。フランク・ライカールト・・・。

ボランチ、センターバックが主なポジション。

伝説の選手も背負っていたのですね。アヤックスやミランでタイトルを獲得し、オランダ代表では欧州選手権優勝もしたほどの名選手!

現役引退後は、オランダ代表監督やバルセロナの監督として活躍。凄い人が背負っていたものなのですね。

続いては、クラレンス・セードルフ。これまた凄い選手が背負っていたんですね・・・。

豊富な運動量で中盤を安定させていた存在。セードルフが凄いのは、アヤックス、レアル・マドリード、ミランの3クラブでチャンピオンズリーグ優勝という快挙。

しかも、3クラブで、リーグ優勝を果たすなど優勝請負人のような活躍を見せた。

もう一人紹介させてください。フランク・デ・ブールもアヤックスの背番号4を背負った選手です。

センターバックと左サイドバックをこなす名選手。

現在は、監督業をされているみたいですが、2017年にクリスタル・パレスの監督に就任しましたが解雇されてしまい、恐らく今はフリーの状態。

今現在は、仕事探しをしているのでしょうか?もう、どこかのクラブの監督に就任されたのでしょうか?

3人ともオランダ代表で活躍してきたレジェンド達です。マタイス・デ・リフトも、その仲間入りをすることができるのでしょうか?

十分、素質はあると思いますので、クラブ、代表でマタイス・デ・リフトがタイトルをもたらせることができるのかにも注目しましょう!

まとめ。

今回は、マタイス・デ・リフトのプロフィールと背番号について書かせていただきました。

マタイス・デ・リフトは根っからのアヤックス育ちということで、アヤックスのDNAが植え付けられていることでしょう。

そのクラブの期待から背番号4を背負っているマタイス・デ・リフトですが、往年の名選手達が背負っていた番号です。

マタイス・デ・リフトも往年の名選手と同じような活躍ができるのかに注目していきたいですね!

こちらの記事も読まれています↓

ルーク・デ・ヨングの背番号は、どんな感じで変わっていったのか?

デ・ヨングの背番号は、バルセロナでも21番になるのか?

ファン・ダイクのこれまでの背番号は?4番に拘りとかはあるのか?

吉田麻也に背番号の拘りは、あるのか?

冨安健洋の背番号は、変わってばかりですが、拘りとかはないの?