マリオ・ゲッツェの病気は深刻なモノであったのか?病名は?

ドイツ最高の逸材と呼ばれたマリオ・ゲッツェ。しかし、ある病気が発覚し、昨シーズンを棒に振ってしまった。

W杯もあったので、マリオ・ゲッツェとしては、苦しいシーズンであったと思います。

今シーズンは、少しずつですが、試合に出ているので状態は良くなっているのかなと。

無理をして、病気を悪化させないように、上手く使い分けているのでしょう。

それに、今シーズンは、ドルトムントは調子がいいので、良くなったとしても中々出番に恵まれないかもしれません。

マリオ・ゲッツェは、まだ若い選手なので、病気と上手く付き合いながら、サッカーを続けて行ってほしいですね。

そんなマリオ・ゲッツェの病気なのですが、代謝異常というモノのようで、一種のミオパチーという病気のようです。

いったい、マリオ・ゲッツェの病気のミオパチーとは、どんな病気なのでしょうか?

今回は、マリオ・ゲッツェの病気のミオパチーについて書いていきたいと思います。


マリオ・ゲッツェの病気、ミオパチーとは、どんな病気なのか?

マリオ・ゲッツェの病気のミオパチーとは、どのようなものなのでしょうか?

ミオパチーという病気の概要は、このようになっています。

ミオパチーは筋肉に異常が生じることで引き起こされる病気の総称です。

具体的には、筋ジストロフィー・先天性ミオパチー・炎症性ミオパチー・代謝性ミオパチーなど多くの病気が存在します。

ミオパチーでは、障害を受けた筋肉がうまく働かなくなることから、筋力の低下や運動麻痺などの症状が現れます。原因は、それぞれの病気によって大きく異なるため、治療方法も病気の種類や状況によって異なります。

筋力の低下や運動麻痺などが出てくるんですね。これだと、サッカーをすることは困難です。

原因としては、3つの種類があるようです。

・筋ジストロフィーによるもの。

筋ジストロフィーとは、時が経つにつれて、筋肉が壊れて行く病気のことです。

・患者の家族にない状態によるもの。

突然変異で、遺伝子異常が起き、病気になってしまうこともあるようです。

・炎症性ミオパチーによるもの。

筋肉に炎症が起きて病気になる。細菌感染などによりなってしまうこともあるようです。

マリオ・ゲッツェの場合は、どれに当たるのでしょうかね?筋肉系のトラブルがあったらしいので、筋ジストロフィーによるものなのかもしれませんね。

症状としては、筋肉が機能しなくなり、運動麻痺になってしまうということです。マリオ・ゲッツェの症状ですね。

これでは、サッカーどころか、日常生活も厳しいですよね?

では、マリオ・ゲッツェの病気が判明した時に、ドルトムントは、どう対応したのか?

マリオ・ゲッツェの病気が、判明した時のドルトムントの対応は?

禁断の移籍からドルトムントへ戻ってきたマリオ・ゲッツェですが、筋肉系のトラブルを起こしていたそうだ。

もしかして、もうこの時から病気の症状が出ていたのか?そうでなければ、好パフォーマンスを披露していてくれたはず。

そこで、マリオ・ゲッツェの異変に気付いたクラブは、マリオ・ゲッツェに検査を受けてもらったのでしょう。

検査後には、クラブ関係者は、原因がわかって安心したとコメントをしていた。その時には、病気の名前などは公表していなかった。

その発表を聞いたドイツメディアは、マリオ・ゲッツェの病気は、ミオパチーの一種の可能性があると報じたようだ。

食生活で治るようではないと報じていたが、先天性のものではないと見ていたようで、治療すれば大丈夫と報道をしていたようだ。

ドルトムントは、マリオ・ゲッツェに対して、無期限のチーム離脱をさせることを決定。

病気の治療を優先することを命じた形となった。ドルトムントも優しい対応でしたね。

無期限のチーム離脱とはいえ、治療優先にしてくれたことに関しては、マリオ・ゲッツェは、ドルトムントに感謝しなければなりませんね。

それで、無期限のチーム離脱が無くなったマリオ・ゲッツェは、今は、どんな感じなのでしょうか?

病気を克服した?マリオ・ゲッツェは、今、どうなのか?

昨シーズンは、病気の影響で、試合に出ることも難しかった状況のようですが、今シーズンは、少しずつではありますが、出場をしていますね。

ただ、まだ万全ではないでしょうね。病気のことも考えながらやっていかないとですからね。

今シーズンも気を付けてやらないといけないのは、マリオ・ゲッツェにとっても嫌でしょうね。

しかも、今のドルトムントは、好調のため、出番は限られているような状況。夏あたりから移籍の噂が出ていますが、マリオ・ゲッツェは、どうするのでしょうかね?

恐らく、ドルトムントに残ると思いますが・・・。この冬には、同じポジションの香川真司は移籍しそうな感じがしますからね・・・。

マリオ・ゲッツェも、もしかしたら移籍もあるのかもしれませんね。ただ、病気のことを受け入れてくれるクラブがあるのか?

そう考えると、ドルトムントに残る方が賢明な判断かもしれませんね。

ポジション争いは厳しいかもしれませんが、病気を理解してくれるドルトムントが一番良さそうですね。

マリオ・ゲッツェには頑張ってもらいたいですが、病気が悪化するようなことは避けてほしいです。

まとめ。

今回は、マリオ・ゲッツェの病気、ミオパチーのことについて書かせていただきました。

私自身、初めて聞く病気の名前だったので、どんな病気なのか興味を持って調べてみましたが、なると大変な病気ですね。

マリオ・ゲッツェ自身も、この病気のせいで?W杯のメンバーには入れなかった部分もあると思いますし。

過ぎたことは、どうしようもないので、今後のマリオ・ゲッツェの活躍には期待したいですね。

好調のドルトムントで、定位置を奪えるか注目です。今シーズン、バイエルンの牙城を崩してくれることを期待していますよ!

こちらの記事も読まれています↓

パコ・アルカセルの怪我の原因は、プレースタイルに関係している?

マルコ・ロイスに怪我が多いのは、プレースタイルが原因?

香川真司の評価はイマイチなのか?海外の反応はどうなの?




【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!