マリオ・ゲッツェには背番号の拘りはあるのか?ないのか?

マリオ・ゲッツェの背番号というと、10番が定着していますよね?

特に、ドルトムントでは、定着していて、ドルトムントの背番号10と言えば、マリオ・ゲッツェという感じになっています。

やっぱり、トップ下の選手だからなのでしょうか?それとも、ドイツ史上最高の逸材と言われているからなのでしょうか?

それとも、望んで、背番号10を背負っているのでしょうかね?

そこで、今回は、マリオ・ゲッツェには背番号に拘りがあるのかについて書いていきたいと思います。

まずは、クラブでの背番号について書いていきたいと思います。


マリオ・ゲッツェのクラブでの背番号の拘りはあるのか?

クラブでの背番号は、何番を背負っていたことがあるのでしょうか?

まずは、ドルトムントの最初に在籍していた時の背番号から見ていきましょう。

ドルトムントでデビューしたての頃は、背番号31番。デビューしたての時は、大きい番号で仕方ないでしょう。

背番号が変わったのは、2011–2012年シーズンの時。背番号11に変更。

これは、マリオ・ゲッツェが望んだ背番号なのでしょうかね?一桁の部分は、1に拘りがあるのかなと思いました。

しかし、翌シーズンには、背番号10に変更。ドルトムントの最初の時に、3回も背番号の変更があったのですね。

ここまで見てる限り、マリオ・ゲッツェには、背番号への拘りはなさそうですね。

そして、翌シーズン・・・。禁断の移籍であるバイエルン・ミュンヘンに移籍。その時の背番号は、19番。

良い背番号は、すでに埋まっていて、19番になったのでしょうね。バイエルン・ミュンヘンを退団するまでは、ずっと背番号19でした。

この頃は、ドイツ代表でも背番号19を背負っていたから、ずっと19番を背負っていたのかもしれません。

そして、バイエルン・ミュンヘンでは、定位置を奪えず・・・。ドルトムントに復帰することになる。

2016-2017シーズンから、ドルトムントに復帰した時には、背番号10を背負うことになりました。

マリオ・ゲッツェへの期待を込めてだと思いますが。10番が似合う選手ですからね。違和感はないです。

クラブでの背番号を見ている限り、マリオ・ゲッツェには、背番号への拘りはないと思えますね。

謙虚な性格っぽい感じがしますので、クラブが用意したものを背負っていそうな感じがします。

では、ドイツ代表では、どうだったのでしょうか?ドイツ代表でのマリオ・ゲッツェの背番号について見ていきたいと思います。

ドイツ代表でのマリオ・ゲッツェの背番号は、どうだったのか?

ドイツ代表では、マリオ・ゲッツェの背番号は、どうだったのでしょうかね?

マリオ・ゲッツェのドイツ代表デビューは、2010年のスウェーデン戦でした。途中交代で出場したようです。

その時は、背番号何番だったのかを調べてみましたが、マリオ・ゲッツェの写真は出ていましたが、背番号は出ていない・・・。

その後もコンスタントにドイツ代表に選ばれたマリオ・ゲッツェ。2012年EUROに出場。

その時のマリオ・ゲッツェの背番号は、19番。まだ、この時のドイツ代表には凄い選手がいたので、マリオ・ゲッツェはスタメンではなかったですが、試合には出ていたようですね。

結果は、準決勝で、イタリアに負けてしまい、ベスト4で終わってしまいましたが、ドイツ代表としては、まずまずの成績だったのではないでしょうか?

そして、満を持して挑んだ2014年W杯ブラジル大会では、ドイツ代表の救世主とも呼べる活躍をし、ドイツ代表の優勝に貢献しました!

その時の背番号は、19番。マリオ・ゲッツェのドイツ代表での背番号19という印象は、ここで強く残ったのではないでしょうか?

その時のマリオ・ゲッツェの決勝戦での決勝ゴールを見てみましょう!

クロスも良かったですが、あの位置に走り込み、トラップが上手く行ったところで勝負アリといったところでしたね。

シュートも、ここしかないというようなところに打ち込みますしね。マリオ・ゲッツェの能力の高さを示すシーンでもありましたね。

これで、マリオ・ゲッツェの名前は世界中に広まったのではないでしょうか?

2016年EUROにも出場。この時もドイツ代表では、背番号19番でしたね。

マリオ・ゲッツェのドイツ代表での背番号は、19番のイメージという印象が強くなりましたね。

こう見てみると、マリオ・ゲッツェの背番号に拘りはなさそうですね。与えられた背番号を背負うという感じな気がします。

クラブでもドイツ代表でも。流石に、ドイツ代表の時は言えないかもしれませんが(笑)多少の拘りはあるかもしれません。

謙虚な性格なのでしょうね。マリオ・ゲッツェは、サッカーは背番号でやるものじゃないと言ったところでしょうか?

10番が似合う選手なので、次回のW杯では、背番号10を背負って出場してほしいですね!

まとめ。

今回は、マリオ・ゲッツェの背番号の拘りとクラブ、ドイツ代表での背番号について書かせていただきました。

結論から言うと、マリオ・ゲッツェは、背番号には拘りはなさそうですね。渡された番号をそのまま背負うといった感じがします。

マリオ・ゲッツェが、クラブ、ドイツ代表で背負ってきた背番号を見ると様々な番号ですからね。

10、19番辺りが、マリオ・ゲッツェの背番号という感じがします。

今は、病気と闘いながらのマリオ・ゲッツェですが、コンディションが戻ってきたら、ドイツ代表にも呼ばれるかもしれません。

その時には、マリオ・ゲッツェの背番号が何番になっているのかに注目しましょう。

やっぱり、19番なのかな?ドイツ代表復帰は、来シーズンになりそうな予感がしますが、それまで無理しないでほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスの背番号11は、本人の希望?それとも違うの?

オーバメヤンは背番号に拘るタイプ?それとも拘らないタイプ?

パコ・アルカセルは、ドルトムントにピッタリの選手だったのか?




日本代表から、アルゼンチンのレアなクラブまで!
フットボールマックスは3000種以上の
サッカーユニフォームをお届けいたします!