ラダメル・ファルカオの年俸の推移は順調?絶頂期の年俸は?

世界屈指の選手の年俸となると高額なイメージがありませんか?ラダメル・ファルカオも高額な年俸をもらっているのでしょうか?

現在は、32歳。もうすぐ、33歳になりますが、年齢が高い選手は年俸は低めになってきますので。どうなのでしょうかね?

年齢は高い方でありますが、結果を残しているラダメル・ファルカオであれば、それなりの年俸をもらっているのではないのでしょうか?

そこで、今回は、ラダメル・ファルカオの年俸の推移について書いていきたいと思います。

移籍が多いラダメル・ファルカオですから年俸の推移は凄いことになっているのではないでしょうか?


ラダメル・ファルカオの年俸の推移は凄かったのか?

ラダメル・ファルカオの年俸の推移は右肩上がりだったのでしょうか?それでは書いていきたいと思います。

ラダメル・ファルカオがプロデビューしたのは、リーベル・プレート。

残念ながら、リーベル・プレートの時の年俸は出ていませんでした。リーベル・プレートでの活躍が認められ、ポルトガルの名門・ポルトに移籍。

ポルトにステップアップしたのですし、この頃なら、ラダメル・ファルカオの年俸も出ているかと思えば出ていない。

ポルトでも大活躍したラダメル・ファルカオに目を付けたアトレティコが獲得に乗り出し、アトレティコに移籍。

アトレティコの時の年俸なら出ているだろうと思い調べてみると出てました!

アトレティコに所属していた時の年俸は、700万ユーロとのこと。日本円換算だと、約7億7700万円(当時のレートで。)

これが、高額年俸なのか?どうなのか?わかりませんが、アトレティコのクラブ規模であれば高額年俸でしょう。

この時、ラダメル・ファルカオには、レアル・マドリード、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティからオファーが来ていた。

しかし、ラダメル・ファルカオは、何故かモナコに移籍。多くの人が不思議に思ったことでしょう。

この時のラダメル・ファルカオの年俸は、日本円で、約38億8300万円だったそうだ。

しかし、この移籍によって、ラダメル・ファルカオにとって良くないことが起こってしまう。

フランスのカップ戦で、左膝前十字靭帯の大怪我を負ってしまう。その影響で、長期離脱とW杯出場が出来なくなってしまった。

そして、W杯終了後に、期限付き移籍で、マンチェスター・ユナイテッドに移籍をする。

マンチェスター・ユナイテッドの年俸は、週給28万5000ポンド(約5400万円)。年俸換算してみると、20億円超えしますね。

しかし、ラダメル・ファルカオは怪我の影響もあってか活躍できずに終わる。

そして、チェルシーに期限付き移籍をすることになる。プレミアに憧れていたのかな?だったら、アトレティコを出る時にプレミアに移籍すれば良かったのに。

この時の年俸は、週給14万ポンド(約2670万円)。年俸は、マンチェスター・ユナイテッドの時の半分になりました。

しかし、怪我をしてしまったこともあり、思うような成績を残せずに、モナコへ戻ることに。

この時のイングランドのメディア、ファンからは厳しい評価が・・・。

「給料泥棒」「いつ国へ帰る?」「動けないストライカー」

と言った評価であった。

ラダメル・ファルカオにとって、初めての大きな挫折だったようです。年俸の推移も激しかったですし。

では、モナコに戻ってきたラダメル・ファルカオの年俸は、どのくらいになったのか?

モナコに復帰したラダメル・ファルカオの年俸は、どのくらいなのか?

大きな挫折をして戻ってきたラダメル・ファルカオの年俸は、どのくらいだったのでしょうか?

モナコに復帰したラダメル・ファルカオの年俸は、年俸700万ユーロ(約9億1,000万円)。

最初にモナコと契約したときより大幅に年俸ダウンとなりましたね。

プレミアでの失敗と怪我のこともあり、最初にモナコに来た時とは違い、計算できる選手でないと判断されたのでしょう。

それに加えて、年齢も高いので年俸は抑えられてしまったのだと思います。モナコが契約してくれただけでも有難いことですね。

しかし、モナコにとっては、この契約が正解でした。理学療法士とフィジカルトレーニングを始めたラダメル・ファルカオは復活を果たし、リーグ戦で21得点を挙げた。

昨シーズンも18得点を挙げる活躍で、完全復活を果たしている。

モナコにとっては、予想外の活躍だったことでしょうね。ラダメル・ファルカオにしたら、これが本当の実力というものを証明できました。

モナコとは、まだ契約が残っているので、契約延長とかがなければ、年俸は上がらないと思います。

今のモナコには、年俸がどうのこうのと言っていられない状況です。何と降格圏にいるので、今シーズンは残留に向けて必死でしょう。

ラダメル・ファルカオも現時点で7得点と少し物足りないですが、モナコが残留するためには、ラダメル・ファルカオの爆発が必要ですからね。

今週末からリーグ戦が再開されますので、ラダメル・ファルカオが得点を取って、チームに勝利をもたらしてほしいですね。

まとめ。

今回は、ラダメル・ファルカオの年俸の推移について書かせていただきました。

様々なリーグ、クラブに所属してきたラダメル・ファルカオですが、最初のモナコに移籍をした時までは、右肩上がりの年俸だったでしょう。

しかし、モナコでのカップ戦で大怪我を負ってからは、年俸は下がる一方。成績が伴わなかったので仕方のないことですが。

プレミアに移籍をして、初めての挫折を味わったと思います。そして、モナコに復帰をし、理学療法士の方とフィジカルトレーニングを開始したことにより復活!

全盛期までとはいかないかもしれませんが、近いものを感じます。年俸は下がってしまったとはいえ、モナコでプレー出来て良かったですね。

今、ピンチ状態のチームを救えるのは、ラダメル・ファルカオのゴールだと思います。

エースが復調してくれば、チームも復調していくと思われるので。今週末の試合でのゴールを期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

ガブリエル・ジェズスの年俸は、高い方なのか?低い方なのか?

ネイマールの年俸を時給に換算したら、やっぱり半端ないね!

マルセロの年俸は、DFの選手では、もらっている方なのか?




安心の無料保険相談なら【保険ニュース】