ラダメル・ファルカオの髪型に対する拘りがあるのか?

サッカー選手の注目ポイントとして挙げられるのが髪型。W杯とかになると派手な髪型をしてくる選手が多いですよね?

普段のリーグ戦でも派手、奇抜な髪型をしてくる選手もいます。

そこで、最近書かせていただいているラダメル・ファルカオの髪型は、どんな感じなのでしょうか?

ラダメル・ファルカオは、イケメンですから、色々な髪型をしても似合うでしょうね。

そこで、今回は、ラダメル・ファルカオの髪型の変化について書いていきたいと思います。


若い時のラダメル・ファルカオの髪型は、どんな感じだったのか?

ラダメル・ファルカオが若い時は、どんな髪型だったんでしょうか?

プロデビューしたての頃のラダメル・ファルカオの髪型を見てみましょう!

リーベル・プレートの時の髪型です。この頃は、髪を伸ばしていたのでしょうね。ヘアバンドをしているようですし。

この写真を見る限り肩の辺りまで髪を伸ばしているみたいなので、若い時は、こういった髪型が好きだったのでしょうね。

リーベル・プレートでの活躍が欧州のスカウトの目に留まり、ポルトガルの名門・ポルトに移籍。

欧州移籍をすると髪型を変える選手が多いのですが、ラダメル・ファルカオは髪型を変えたのでしょうか?

あまり変わっていないですね。気持ち、若干短くしたのかなと思うぐらいです。リーベル・プレートの時とベースは同じですね。

髪の色も黒ですし、ラダメル・ファルカオは染めるのが嫌いなのでしょうか?そういう選手がいてもいいと思います。

ポルトで驚異的な得点力を示したラダメル・ファルカオは、スペインのアトレティコに移籍をすることとなった。

そろそろ、ラダメル・ファルカオの髪型が変わってきてもおかしくないはず。アトレティコでのラダメル・ファルカオの髪型を見ていきましょう!

アトレティコに移籍をしても、ラダメル・ファルカオの髪型は変わっていませんね。ロングヘアーがお気に入りなのでしょうか?

ここまで見てみると、ラダメル・ファルカオは髪型に拘りがあるみたいですね。

ラダメル・ファルカオに似合った髪型なので凄くいいと思います。若い時から20代半ば辺りの髪型でした。

では、20代半ばから現在は、どんな髪型をしていたのでしょうか?

ラダメル・ファルカオの20代半ばから今までの髪型は、どんな感じ?

ラダメル・ファルカオの20代半ばから今までの髪型は、どんな感じだったのでしょうか?

若い時は、長さが違うかな?というぐらいで変化は見られませんでした。

20代半ばから変化はあったのでしょうか?見ていきたいと思います。

アトレティコでも得点を量産したラダメル・ファルカオの元には、ビッククラブからのオファーが殺到した。

その中で、何故かモナコに移籍をすることにした。いったい、何故?クラブのサッカーが合っていたのかな?

モナコに移籍をしたラダメル・ファルカオの髪型を見てみましょう!

この写真は、2013年の頃のもののようです。移籍したシーズンですね。ラダメル・ファルカオの髪型が変わっていない。

やっぱり、この髪型が好きなのでしょうね。変わらないラダメル・ファルカオも素晴らしい。自分軸が、しっかりしているのでしょう。

モナコに移籍をし、2014年のフランス杯で悪質なタックルをされ、左膝前十字靭帯の大怪我を負ってしまう。

この怪我の影響もあり、半年以上プレーできなくなり、2014年W杯ブラジル大会出場を逃してしまう。

そして、ラダメル・ファルカオは心機一転し、プレミアリーグの名門・マンチェスター・ユナイテッドに期限付き移籍をする。

ここで、疑問なのが、アトレティコにいた頃に、マンチェスター・ユナイテッドからもオファーが来ていたのに、何故、その時に移籍しなかったのだろう?

マンチェスター・ユナイテッドに期限付き移籍を果たしたラダメル・ファルカオ。髪型に変化はあったのでしょうか?

環境が変わっても、ラダメル・ファルカオの髪型は変わりませんね。変わったとすれば、ヘアバンドが変わったぐらいか?

ここまで変化がない選手は珍しい。怪我の影響でしょうかね、ほとんど活躍が出来ずに、翌年には、チェルシーに期限付き移籍を果たす。

怪我の影響は予想以上に大きかったのですね。では、期限付き移籍をしたチェルシーでは、どうだったのでしょうか?

おっと、ようやく、ラダメル・ファルカオの髪型に変化がありましたね。自慢のロングヘアーを捨てて、短くしてきました。

サイドは刈り上げていますし、トップは立たせていますね。新鮮さを感じる髪型でした。

普通の人なら珍しくはないですが、ラダメル・ファルカオがしてくると珍しく思えてきます。

髪型を変えて気分を変えたかったのでしょうか?髪型は変えましたが、ラダメル・ファルカオは怪我をしてしまい、全く活躍できずに、モナコに戻ることになる。

上の写真は、モナコに復帰した時のものです。チェルシーの時と変わってませんね。短い時のも似合いますね。

イケメンは何でもに合うのか?羨ましい。このモナコ復帰で、ラダメル・ファルカオは復活をし、2018年W杯ロシア大会に出場を果たす。

2018年W杯ロシア大会では、このような感じでした。

W杯の時も短いままで挑みましたね。年齢のことも考えてなのか?短いままで、今後も行くのでしょうか?

それとも伸ばすのでしょうか?ラダメル・ファルカオの髪型に変化があるのか注目ですね!

まとめ。

今回は、ラダメル・ファルカオの髪型の変化について書かせていただきました。

若いうちは、ロングヘアーがお気に入りだったみたいですね。チェルシーに期限付き移籍するまでは、ずっと同じような髪型でした。

ラダメル・ファルカオの拘りでしょうね、きっと。チェルシーの時に、バッサリと切ってきて時には、周りは、ビックリしたでしょうね。

ロングヘアー、ショートで刈り上げのどちらも似合うので良いと思います。イケメンは得だな。

今後は、ラダメル・ファルカオの髪型には変化があるのでしょうか?恐らく、変化はないと思えますが、注目したいですね。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスの髪型のカット、セット方法は?難しい?簡単?

パウロ・ディバラの髪型は、デビューから、どんな変化をしてきたのか?

2018ロシアW杯でのネイマールの髪型の変化が凄い!なぜ?




リバースケア専用トリートメント&シャンプー【Gokubi-pro】