ルカクの弟もベルギー代表!兄弟で、代表戦に出たことはあるの?

 

あのベルギー代表のルカクに弟がいて、弟までもサッカー選手となった。しかも弟もベルギー代表に選ばれたこともあり、一緒にプレーした経験もある。

では、そんなルカクの弟のプロフィールを見ていきましょう!

本名:ジョルダン・ザカリー・ルカク・メナマ・モケレンゲ

国籍:ベルギー、コンゴ民主共和国

生年月日:1994年7月25日

出身地:アントウェルペン

身長:186cm

体重:83kg

ポジション:DF

やはり、体格の兄とそっくりだ!見た目は、全然兄と弟で違いますが。いずれ、兄のようにムキムキの肉体に弟もなるんでしょうかね?

スポンサードリンク



弟も十分な体格だと思いますが。現在は、セリエAのラツィオでプレーをしていますが、弟のサッカーの経歴を見ていきましょう。

弟のジョルダン・ルカクのサッカーの経歴は?

アンデルレヒトのユースチームに所属をし、2011年にトップチームに入るも、出番はなく、2013年には、レンタル移籍でKVオーステンデに移籍。

KVオーステンデでは、出番があり、翌年には完全移籍をした。

完全移籍をした以降は、コンスタントに試合にも出ていて、セリエAのラツィオの目に留まり、2016年には、ラツィオに移籍をし、現在も活躍中。

弟のジョルダン・ルカクは、左利きで、左サイドバックのポジションで活躍中。

弟のジョルダン・ルカクもスピードがあり、オーバーラップからの高精度のクロスボールでチャンスを演出。

身長もあるので、空中戦にも強いでしょうし、セリエAのフィジカルコンタクトも問題なく対応できていることでしょう。

相手DFとしては、攻めてこられる時が嫌でしょうね。スピードがあるため、大きなスペースを与えてしまうとやられてしまいますからね。

弟のジョルダン・ルカクも若いので、セリエAで経験を積んだのちにプレミアリーグに移籍するかもですね。

兄弟対決となったら盛り上がりそうですね。

弟のジョルダン・ルカクも年代別のベルギー代表にも選ばれており、ベルギー代表のフル代表にも召集されています。

ルカク兄弟で、ベルギー代表として同じピッチで戦ったことはあるんでしょうかね?

そちらについても見ていきたいと思います。

ルカク兄弟は、ベルギー代表として同じピッチで戦ったことがあるのか?

弟のジョルダン・ルカクは、2015年の10月にEURO2016の予選のアンドラ戦で代表デビューを飾った。

この時は、恐らく兄も出ていたはず。兄弟そろっての代表戦だったので、ルカクの家族も注目していたのではないでしょうか?

兄弟揃って代表って、日本では珍しいですからね。海外だとどのくらいいるんだろう?数えるのが大変そうだ。

2016年のポルトガルとの親善試合では、弟のジョルダン・ルカクからのクロスボールを兄が決めた。

チームは敗れてしまいましたが、兄と弟の代表での得点とアシストを記録した試合だったようです。

弟としたらクロスを上げやすいでしょうね。兄も身長あるから。少しずれても合わせてくれそうな感じがしますしね。

ロシアワールドカップの本大会のメンバーからは弟は漏れてしまいましたが、まだ、年齢的にも若いので、今後のベルギー代表には定着してくるでしょう。

ルカク兄弟のことに注目してきましたが、ベルギー代表には、もう一組兄弟がいます。

スポンサードリンク



アザール兄弟です。アザールの弟のトルガン・アザールは、ロシアワールドカップのメンバーに入りました。

下手したら、ルカク兄弟、アザール兄弟と2組の兄弟がベルギー代表ということになってましたね。

凄いですよね。兄弟揃って代表入りするなんて!

今度は、アザールの弟のトルガン・アザールについても書いていきたいと思います。

トルガン・アザールは、どんな選手なのか?

本名:トルガン・ガナエル・フランソワ・アザール

国籍:ベルギー

生年月日:1993年3月29日

出身地:ラ・ルヴィエール

身長:174cm

体重:69kg

ポジション:FW

始めは、AFCテュビズのユースチームに所属していたが、途中で、フランスのランスのユースに移る?

何があったのかはわかりませんが。その後、トップチームに昇格し、2012年までランスでプレーをした。

その後は、兄と同じチェルシーに移籍をするも、やはりチェルシーの選手層の厚さから出番はなく、ベルギーのワレヘムにレンタル移籍となった。

現在のベルギー代表の主力のルカク、ケヴィン・デ・ブライネもチェルシーで出番がなく、レンタル移籍をしましたね。

それで、才能を開花させてきたわけですが。

2014年には、ブンデスリーガのボルシアMGにレンタル移籍をし、翌年には完全移籍を果たした。

アザールの弟もチェルシーの呪縛から解放されたんですね。良かった。

弟のトルガン・アザールも兄のようなプレースタイルであるが、フィジカルコンタクトに弱いようで、体をぶつけられてボールを奪われるシーンが目立つとか。

ここは、兄を見習って、フィジカルの強化に努めないと国際試合で活躍できませんよ。

2013年5月のアメリカとの親善試合でベルギー代表デビューを果たし、2016年11月のオランダ戦で兄弟で出場!

ベルギー代表ファンは注目していたでしょうね。いつ、アザール兄弟で試合に出るのか。

2017年10月のキプロス戦では、兄とともにゴールを挙げたようですね。兄弟で、ゴールを決めた時って、どんな感じなんでしょうかね?

この先もありそうなので、見れる時があったら見てみたいですね。

まとめ。

今回は、ルカクの弟のジョルダン・ルカクの紹介とアザールの弟の紹介をさせていただきました。

メインは、ルカクの弟なんですけどね(笑)兄がFWで、弟がDFとなれば、いずれチャンピオンズリーグとかで当たるかもしれませんね。

そうなったら、面白そうですが。その前に弟のジョルダン・ルカクがプレミアリーグに来てくれれば、当たること間違いなし。

そうなるとプレミアリーグの見どころの一つになりそうですね。

あとは、のジョルダン・ルカクは、残念ながら、ロシアワールドカップのメンバーに入れませんでしたが、EURO2020では代表に入るでしょう。

そうなれば、ルカク兄弟、アザール兄弟で代表のピッチに立つことが出来るかもしれませんね。

若くて有望な選手が次々と出てくるベルギー代表。当分は、世界のトップクラスに君臨するでしょうね。

こちらの記事も読まれています⇒ルカクとアザールの不仲という話は、ただのデマだったのか?

スポンサードリンク