ルーク・デ・ヨングのニューカッスル時代は悲惨なものだった!

PSVのエースとして活躍をされているルーク・デ・ヨング

そのキャリアは険しいものもありました。ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍するもルーク・デ・ヨングは輝くことができず・・・。

2014年の冬にプレミアリーグのニューカッスルにレンタル移籍をするも・・・。

ルーク・デ・ヨングは、ニューカッスルでも輝くことができずに、PSVに移籍を果たす。

これが正解で、ルーク・デ・ヨングは再び輝きを取り戻す!

オランダ以外では活躍できなかったルーク・デ・ヨングですが、何故?輝けなかったのでしょうかね?

そこで、今回は、ルーク・デ・ヨングのニューカッスル時代のことについて書いていきたいと思います。


ルーク・デ・ヨングのニューカッスル時代は、どんな感じだったのか?

ルーク・デ・ヨングがニューカッスルにいたことがあるなんて想像できないですね。

ニューカッスルの時の画像がコチラ↓

ルーク・デ・ヨングは、ニューカッスルで12試合に出場し、得点ゼロという結果に終わってしまいました。

全く違うリーグで短期間で結果を出すことは難しいので、仕方のないことなのかなと思いますが・・・。

ボルシア・メンヒェングラートバッハでも結果を残すことができず、ニューカッスルでもとなると、オランダ以外では難しいのかなと思ってしまいますね。

運が良くルーク・デ・ヨングはPSVに移籍をすることができましたが、もし違うリーグだったら輝いていなかったのかもしれませんね。

それにしても、ニューカッスルへのレンタル移籍は完全に失敗であったなと思われますね。

フィジカルコンタクトで適応できなかったのか?それとも、ロングボール主体のサッカーが、ルーク・デ・ヨングに合わなかったのか?

どちらも当てはまりそうですが、ルーク・デ・ヨングとニューカッスルは合わなかったということですね。

ルーク・デ・ヨングは、わずかな期間でニューカッスルから移籍をすることに成功しましたが、ルーク・デ・ヨングの兄のシーム・デ・ヨングはニューカッスルに長く在籍していました。

ルーク・デ・ヨングの兄は、ニューカッスルに適応できていたのでしょうか?そちらについても書いていきたいと思います。

ルーク・デ・ヨングの兄シーム・デ・ヨングはニューカッスルに適応することができたのか?

ルーク・デ・ヨングは、ニューカッスルに適応できませんでしたが、兄の方は適応できたのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングの兄も地元クラブのデ・フラーフスハップにスカウトされ入団する。

しかし、その後はアヤックスのユースに引き抜かれ、ルーク・デ・ヨングと違う道を進むことになった。

2007年にトップチームで初出場をし、順調なスタートを切ることができた。

2007-2008シーズンは、28試合に出場し、10代の選手で唯一の20試合出場という記録を作った。

2008年の夏にアヤックスは強力な選手を獲得したため、シーム・デ・ヨングの出番は激減していったそうです。

2014年の夏には、プレミアリーグのニューカッスルに移籍を果たすが、思うような成績を残せず、出場機会も少なかった。

2016年には、弟のルーク・デ・ヨングがいるPSVにレンタル移籍をして、そこそこの成績を残した。

ニューカッスルに戻るのかと思われたが、2017年にアヤックスに戻ることになり、シーム・デ・ヨングのニューカッスルでの挑戦は終わった。

ちなみに、ニューカッスルでの成績は、22試合に出場し、1得点というものであった。

弟のルーク・デ・ヨングと同様にニューカッスルのサッカーに適応できずにニューカッスルを去る形となった。

アヤックスに戻って輝きを取り戻すのかと思えば、そうでもなく、2018年には、オーストラリアのシドニーFCにレンタル移籍となった。

ルーク・デ・ヨングの兄もニューカッスルに適応できなかったということは、兄弟そろって違う国のサッカーには適応できなかったということになりますね。

では、ルーク・デ・ヨング兄弟が適応できなかったニューカッスルのサッカーは、どんな感じなのかを書いていきたいと思います。

ニューカッスルのサッカースタイルは、どんな感じなのか?

ニューカッスルのレジェンドであるシアラーがいた時は、攻撃的なサッカーだったのかもしれません。

ルーク・デ・ヨング兄弟がいた頃は、どんな感じなのかは、わかりませんが・・・。

恐らく、現在のニューカッスルと変わらないような感じのチームだったのかもしれませんね。

プレミアリーグでも残留ぎりぎりのところというイメージがありますが、守備的なサッカーがメインなのかなと思われます。

ベニテス監督が就任した時に言っていた言葉です。

「我々は守備的なチームではない。守備をしなければならないチームだ。この2つは似ているようで異なる」

ベニテスが目指していたサッカーは、引いて守るのではなくアグレッシブに守備をしていくというスタイルなのでしょう。

ルーク・デ・ヨングがいた時は引いて守備をしていたのかもしれません。ニューカッスルは、プレミアリーグでは常に強い所と戦わなければならないので・・・。

ニューカッスルのサッカーが悪いわけではないと思いますし、強い所とやって勝ち点を拾うとなれば仕方のない話です。

ルーク・デ・ヨング兄弟は、こういったサッカーには合わなかったのかもしれません。

後は、フィジカル面で苦労したと思われます。世界でもフィジカルコンタクトが激しいリーグですからね。

適応できずに移籍をしてしまう選手も多かったはず。ある意味、ニューカッスルで駄目だったルーク・デ・ヨングを獲得してくれたPSVには感謝しないとですね。

ボルシア・メンヒェングラートバッハ、ニューカッスルで結果を残すことはできませんでしたが、PSVでは結果を残せています。

ルーク・デ・ヨングにとって、やりやすい環境だということでしょう!

遠回りしてしまいましたが、ルーク・デ・ヨングが輝けるクラブにいられるということは幸せなことですね。

ルーク・デ・ヨングがクラブにタイトルをもたらせることができるのかに注目しましょう!

まとめ。

今回は、ルーク・デ・ヨングのニューカッスル時代とニューカッスルのサッカースタイルについて書かせていただきました。

結論から言ってしまえば、ルーク・デ・ヨングとニューカッスルのスタイルが合わなかったということになりますね。

兄も同じだったことでしょう。ルーク・デ・ヨングはレンタル移籍だったので、まだ良かったですが。

やっぱり、自分のスタイルに合うクラブか?どうか?を見極めて移籍をしないといけませんね。

多くの日本人選手も合う合わないを見極めて移籍を決めて欲しいです。特に、初めて海外に移籍する選手は。

こちらの記事も読まれています↓

堂安律、完全移籍を勝ち取ったが、今後のステップアップはどうするのか?

南野拓実の移籍はあるのか?移籍先は、ブンデス?その理由とは?

中島翔哉の移籍の優先順位は、サッカーが楽しめるところ?

海外移籍を果たした伊東純也は通用するのか?夏の話は、どうだったの?

移籍話が絶えない乾貴士、実際にオファーは来ているのか?