ルーク・デ・ヨングの身長は、オランダ人の平均身長より高いのか?

PSVで大活躍をしているルーク・デ・ヨング。得点王も見えているような状態ですが、得点王を取れるのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングは身長が188cmもあり、体重も80kgある。バランスの取れた体型をしているルーク・デ・ヨング。

恐らく、多彩な得点パターンを持っていると思われます。身長188cmということで空中戦が強いのかな?

世界屈指の身長の高さを誇る中で、オランダ人では、ルーク・デ・ヨングの身長は高い方なのか?

後は、ルーク・デ・ヨングのプレースタイルについても書いていきたいと思います。

まずは、ルーク・デ・ヨングの身長は、オランダでは高い方なのかについて書いていきたいと思います。


ルーク・デ・ヨングの身長は、オランダで高い方なのか?

オランダは世界でも身長が高い国として知られていると思います。ルーク・デ・ヨングの身長は高い方なのでしょうか?

オランダ人の男性平均身長は184cm、女性は171cmということです。

こう見てみると、ルーク・デ・ヨングの身長は、平均身長よりも少し高いということになります。

ちなみに、日本人男性の平均身長は171cm、女性は158cmのようです。

平均身長を見てみると、これでは空中戦では勝てませんね。男性は30cmも差がある。一般の方のものなのでアスリートだと少し違うかもしれません。

オランダでディフェンダーとして活躍していた吉田麻也の凄さがわかりますね。吉田麻也の身長は189cmあるので対等に戦えたのでしょう。

こんな環境で揉まれていれば空中戦に強くなるかもですね。身長では勝てなくても駆け引きの仕方など勉強になるでしょう。

では、ルーク・デ・ヨングは身長が高いので空中戦には強いのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングのプレースタイルについても書いていきたいと思います。

ルーク・デ・ヨングのプレースタイルは?

身長188cmもあるので、ルーク・デ・ヨングは空中戦に強いのでしょうか?それとも足元の方が強いのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。とYoutubeを見てみたところ出ていません・・・。

そこで、ルーク・デ・ヨングのプレースタイルの特徴を文章にしていきます。

フォワードの選手ですが、トップ下もできるようです。意外と器用な選手なのですね!

得点への嗅覚が鋭く、身長を活かした空中戦よりか足元の技術が目立つフォワード。

身長の高さはありますが足元の技術がある辺りは現代的なフォワードですね。

身長がある分、懐も深いのでボールを失いにくく、ポストプレーも割と上手。チームにいてくれると助かる選手ですね。

ルーク・デ・ヨングは身長の割には体重もあるので、フィジカルは強いのかというと、そこまで強いわけではないようです。

それでも十分通用するフィジカルの強さであると思われます。しかし、ニューカッスルに移籍した時は厳しかったようですね。

ルーク・デ・ヨングは結果を残せなかったわけですから。屈強なディフェンダーに対しては厳しいかもしれません。

次に気になるのが、スピード。ルークデ・ヨングのスピードはない方ですね。極端に遅いわけではなく、まあ普通か足りないぐらい。

ルーク・デ・ヨングのプレースタイルや特徴を見ると、こんな感じです。

身長の割に足元の方が得意のようなので珍しい選手だなと思いました。

足元が上手いルーク・デ・ヨングですが、他のリーグに移籍をする気はないのでしょうか?

行くとしたら年齢的に、今が最後かなと思うのですが。どうなのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングは、他のリーグに行く気はあるのか?

恐らく、他のリーグには行かないような気がします。

その理由の一つとして、ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハ、プレミアリーグのニューカッスルで結果を残せなかったから。

ルーク・デ・ヨングにとって辛い思いをしたことがあるのと、今PSVで活躍できているので、PSVにい続けることでしょう。

さらに、2018年の夏にPSVと契約延長をし、2021年までの契約をしたこと。

居心地の良いクラブであることと、ルーク・デ・ヨング自身の年齢を考えて、他のリーグに移籍をするリスクは取らないと思われます。

他のリーグからしたら、ルーク・デ・ヨングは身長もありますし、足元の技術もあり魅力的だと思います。

さらに、ポストプレーも上手いですからね。欲しがるクラブはあると思いますが、先ほど書かせていただいた理由で移籍はしないでしょう。

するとすれば、オランダ国内か下のレベルになると思われます。

PSVで、これだけ結果を残せていますから、PSV側もルーク・デ・ヨングを手放さないでしょうね。

ルーク・デ・ヨングにとってもクラブにとっても、それが一番幸せだと思います。

PSVはリーグ優勝もかかっていますし、ルーク・デ・ヨングも得点王が狙えるので、今シーズンはクラブ、ルーク・デ・ヨングにとっても良いシーズンになるのではないでしょうか?

残り試合も気を引き締めて、クラブ、個人タイトルを狙ってほしいですね!

まとめ。

今回は、ルーク・デ・ヨングの身長とプレースタイルについて書かせていただきました。

平均身長が世界一のオランダの中でも少し高いルーク・デ・ヨング。それだけでも武器になりますが、足元の技術の方が武器みたいでビックリしました。

身長が高い分、懐も深いのでポストプレーも上手いので味方も安心して、ルーク・デ・ヨングにボールを預けられるでしょう。

これだけの選手ですが、オランダ以外の国では結果を出せずにいたので、ルーク・デ・ヨングはオランダ国内でプレーをし続けることでしょう。

PSVで満足していると思いますし、リーグ優勝、個人タイトルも狙えるので、両方獲得して欲しいですね!

こちらの記事も読まれています↓

ラッシュフォードは、身長を活かしたプレーが得意なのか?

ラヒーム・スターリングの身長、体重でプレミアで活躍できる理由は?

パウロ・ディバラの身長、体重は?プレースタイルに影響しているの?

ネイマールの身長、体重は普通だけど、活躍できているのは何故?

北川航也の身長、体重は普通だけど、プレーが凄いのは何故?