ロベルト・フィルミーノが、ブラジル代表に初召集されたのは、いつ?

現在、ブラジル代表で活躍をしているロベルト・フィルミーノ。リヴァプールでは、心臓とも呼んでもいいほどの選手。

ブラジル代表最新フォーメーションを見てみると、ロベルト・フィルミーノがCFでスタメンの座になっていた。

W杯の時は、ガブリエル・ジェズスが、ブラジル代表のファーストチョイスであったはずでしたが、W杯後に変わったのでしょうね。

ロベルト・フィルミーノの方が、ブラジル代表にフィットするといった形なのでしょうかね?

ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスは似たようなプレースタイルなので、どちらがファーストチョイスになってもおかしくないですから。

もしかしたら、実験段階なのかもしれませんね。南米選手権のために。

ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスのどちらがブラジル代表にフィットするのか見てるのでしょう。

今は、ブラジル代表に定着しているロベルト・フィルミーノですが、ブラジル代表にデビューしたのは、いつ頃なのでしょうか?

ロベルト・フィルミーノのブラジル代表歴を見ていきたいと思います。


ロベルト・フィルミーノが、ブラジル代表に初選出されたのは、いつ?

ロベルト・フィルミーノが、ブラジル代表に初選出されたのは、2014年の10月だったようです。

W杯後に初選出されたんですね。ちょうど、新しいチーム作りの時ということになりますね。

その年の11月のトルコ代表との親善試合で初出場をして、その数日後のオーストリア戦でブラジル代表初ゴールを決めたようだ。

ロベルト・フィルミーノって、意外とブラジル代表に呼ばれるのが遅かったんですね。

これに関しては、ビックリしましたね。まあ、W杯ブラジル大会がありましたからね。新戦力を試す機会は、あまりなかったのかなと思います。

2015年は、ブラジル代表として試合に出ていましたが、2016、2017年は激減してました。

この頃、ロベルト・フィルミーノは怪我でもしていたのかと思って、リヴァプールの試合出場のことを調べたら、普通に試合に出ていますし、怪我とかではなさそうでしたね。

ドゥンガ監督には気に入られていたのでしょうけど、チッチ監督になってからは、あまり気に入られていなかったのかな?

というか、監督交代の時に、ブラジル代表は南米予選で大苦戦。6位まで順位を落としていて、それどころではなかったのかもしれませんね。

チッチ監督も守備をテコ入れしていたようなので、前線まで気が回らなかったのかな?ブラジル代表の前線は、豪華ですからね。

メンバーを決めるのも一苦労でしょうね。あれだけの人材がいれば・・・。羨ましい悩みですよね?

しかし、ロベルト・フィルミーノは、W杯のブラジル代表メンバーに入れたことは、チッチ監督に認められた証拠ですからね。

チッチ監督の掲げるサッカースタイルに合った存在であったことでしょう!

今のところは、ロベルト・フィルミーノとカブリエル・ジェズスで、ブラジル代表のCFを争っているような状況です。

しかし、ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスの間に割って入りそうな人材が出てきているようです。

ブラジル代表は、なんでそんなに人材が出てくるんだ?日本では、大迫勇也の次に出てくる選手で困っているのに・・・。

その選手とはいったい、どんな選手なのか?その選手についても書いていこうと思います。

そんなに凄い選手なのか?ちなみに、私は知りませんでした・・・。

ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスの牙城を崩せるかもしれない選手とは?

ブラジル代表のCF争いは、ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスの2人かなと思っていたら、新生が現れたみたいです。

ロベルト・フィルミーノと似たような道を歩むのではないかと噂をされている選手が、ホッフェンハイムにいるそうです。

ホッフェンハイムといえば、ロベルト・フィルミーノが以前所属していたクラブではないですか!

その選手とは、ジョエリントンという選手。まだ、22歳の選手のようで、アンダー世代でブラジル代表経験を持つ選手のようです。

身長186cmと長身のFWで、プレースタイルは不明ですが、将来ブラジル代表に名乗りを上げてきそうな雰囲気もありそうですね。

見た目からして強そうな感じがしますね。アドリアーノみたいな雰囲気があります。

ホッフェンハイムに移籍はしたのですが、レンタルでオーストリアのラピード・ウィーンに行って才能が爆発したようです。

そして、結果を残して、ホッフェンハイムに戻ってきたとのこと。

クラブ関係者は、

「彼は以前から才能があったが、オーストリアで大いに伸びた」

と評価しており、今シーズンはスタメンの座を獲得しているようです。

ブンデスリーガの公式サイトでは、ロベルト・フィルミーノの後継者とまで紹介されている選手。

ロベルト・フィルミーノも油断できませんね。本当に、その内ブラジル代表に召集されてもおかしくなさそう。

ホッフェンハイム経由ビッククラブ行きとかしそうな予感がしますね。

私は、この記事を書くまで、ジョエリントンという選手を知らなかったので、ブンデスリーガをチェックする時には、ジョエリントンにも注目しないとです。

これで、ブンデスリーガの楽しみが一つ増えましたね。

来年の南米選手権には呼ばれないと思いますが、その後、ブラジル代表に呼ばれてもおかしくないですね。

ロベルト・フィルミーノとガブリエル・ジェズスもうかうかしていられませんね。ブラジル代表で居続けるのって、本当に大変だ!

まとめ。

今回は、ロベルト・フィルミーノのブラジル代表について書かせていただきました。

意外と、ロベルト・フィルミーノがブラジル代表に召集された時期が遅くてビックリしましたが、状況を考えれば妥当なところかなと思いました。

初選出からコンスタントに呼ばれていなかったので、W杯のメンバー入りにブラジル国民は疑問を抱いたのですね。

W杯後は、スタメンの座を勝ち取ったみたいですが、ガブリエル・ジェズスがいますし、当分はこの2人でブラジル代表のCFのポジションを争っていくのでしょう。

近い将来、ジョエリントンが台頭してきて、ブラジル代表のCF争いに食い込んできそうな気がしますね。

ロベルト・フィルミーノもウカウカしていられない状況が続きそうで大変だと思いますが、このまま定位置を確保していってほしいですね!

こちらの記事も読まれています↓

ロベルト・フィルミーノのワールドカップメンバー入りは妥当だった?

ネイマールは、ワールドカップに嫌われているのか?縁がないのか?

2018W杯でのネイマールのスパイクの特徴は?デザインは、どう?



サッカー用品【練習効率UP】ならFungoal