ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、理想的なFW?

ブラジル人らしくテクニックがあり、献身的な守備もしてくれるロベルト・フィルミーノ

味方へのスペースを作ってくれる動きなどもしてくれているので、モハメド・サラーやサディオ・マネが活きてくるのでしょう。

中盤にまで下がってチャンスメークも出来るので、いわば何でもこなせる現代的なFWな印象が強い選手ですね。

今のリヴァプールの強さは、ロベルト・フィルミーノのおかげと言っても過言ではないでしょうね。

モハメド・サラーやサディオ・マネのように注目は浴びていませんが、ロベルト・フィルミーノがいないとチームが機能しないような感じですからね。

そんなロベルト・フィルミーノですが、いったい、どんなプレースタイルなのでしょうかね?

今回は、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルについて書いていこうと思います。

まずは、ロベルト・フィルミーノのプロフィールから見ていきたいと思います。


ロベルト・フィルミーノのプロフィール。

本名:ロベルト・フィルミーノ・バルボーサ・デ・オリヴェイラ

国籍:ブラジル

生年月日:1991年10月2日(27歳)

出身地:マセイオ

身長:180cm

体重:76kg

在籍チーム:リヴァプールFC

ポジション:FW

背番号:9

利き足:右足

2009年に、ブラジルのフィゲイレンセFCでプロデビューし、2010年の冬にブンデスリーガのホッフェンハイムに移籍。

若いうちから欧州のスカウトの目に止まっていたのでしょうね。こんなにスムーズに移籍が決まるのですから。

ホッフェンハイムとは、2015年の6月までの契約であったが、チームへの貢献度は高かったようですね。

この頃から、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルが評価されていたのでしょうね。

移籍当初は、全く違う環境で苦しんだのかもしれませんが、新シーズンからは主力としてプレー。

リヴァプールに移籍するまでは、安定した活躍でリーグ戦は、毎年30試合以上出場していた。

そして、満を持して、ロベルト・フィルミーノは、プレミアリーグの名門リヴァプールに移籍。

慣れるまで時間のかかるプレミアリーグに移籍しても主力として、初年度から活躍。

昨シーズンまで、リーグ戦二桁得点も記録していますし、リヴァプールにとって欠かせない選手にまでなりました。

クロップ監督が掲げる「ゲーゲンプレス」のサッカーにとって重要な選手。

※「ゲーゲンプレス」とは?

ミドルサードで相手にボールを奪われた直後にスイッチを入れ、数秒以内にボールを奪い返しショートカウンターに転じることを前提にデザインされた動き方のことを言う。

この「ゲーゲンプレス」がハマって、リヴァプールは強さを維持できているのでしょうね。

そんな「ゲーゲンプレス」の立役者のロベルト・フィルミーノは、どんなプレースタイルなんでしょうかね?

次は、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルについて書いていきたいと思います。

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、どんな感じ?

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、自己犠牲にするタイプの選手なのでしょうかね?

周りを活かしつつ、自分も活きるプレースタイルなのでしょうか?どんなプレースタイルなのでしょうか?

ちょっと、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルを知るために、動画を見てみたいと思います。

7分ぐらいからロベルト・フィルミーノのプレースタイルの特徴が出てきます。

ロベルト・フィルミーノは、本当に味方を活かすスペースを作る動きが上手いですね。モハメド・サラー、サディオ・マネが活きるわけですよ。

ボールを受けるフリをして、モハメド・サラー、サディオ・マネに広大なスペースを与えているのですね。

二人のプレースタイルを理解してくれるから、得点を量産できるのですね。

ロベルト・フィルミーノのおかげと言っても過言でないです。

二人のプレースタイルとロベルト・フィルミーノのプレースタイルが上手い具合に融合してます。

さらに、守備の場面のところを見てもらえればわかると思いますが、前線でのプレスだけでなく、下がってまで守備もしてくれるのですね。

こんなCFは見たことがないぐらい。これだけ守備に貢献してくれていれば、守備陣は楽になりますよ!

この動画を見ている限り、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、リヴァプールの心臓ですね。

味方へのスペースを作る動きや守備だけではないのも厄介です。

まあ、ボールタッチが柔らかく、テクニックも備えています。ファーストタッチが、本当に上手いんですよ!

取れないところにボールを持ってくる技術は流石の一言です。

隙あらば、ロベルト・フィルミーノが単独でゴールも奪うことも可能ですし、相手DFはやりづらいでしょうね。

下手に近づけば、上手くあしらわれて広大なスペースを活かすプレーをしますし、離れすぎていても何をしてくるかわからないですからね。

シュートも上手いと思いますし、ポストプレーもできる、スペースを作ることもできる何でもできるプレースタイルなんてズルいですよ!

リヴァプールは、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルを考慮して、チーム作りをしていったのでしょうね。

そのためのモハメド・サラー、サディオ・マネの獲得だったのでしょうね。

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルを研究して、連れてきたリヴァプールの首脳陣は優秀ですね!

先を見据えた補強だったのでしょう。現代サッカーの理想のFWの一人ですね。

クロップ監督の頭の中には、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルを活かしつつ、両サイドに快速ウイングの選手を置くプランがあったのでしょうね。

まとめ。

今回は、ロベルト・フィルミーノのプレースタイルについて書かせていただきました。

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、もはやリヴァプールの心臓ですね。

彼がいなければ、クロップ監督の掲げる「ゲーゲンプレス」は成り立たなかったかもしれません。

攻撃面だけでなく守備面でもチームに貢献できるロベルト・フィルミーノ。移籍の話は出ていませんが、リヴァプールは離さないでしょうね。

ロベルト・フィルミーノの代わりを見つけるのは大変だと思いますので。こんなプレースタイルが出来るFWは少ないですからね。

強力3トップを抱えるリヴァプールは、今シーズンはリーグ制覇できるのでしょうか?チャンピオンズリーグも気になりますね。

リヴァプールの心臓であるロベルト・フィルミーノの活躍が不可欠になってきそうですね。

モハメド・サラー、サディオ・マネのプレースタイルを存分に発揮させ、自らも点を取ってほしいです!

こちらの記事も読まれています↓

サディオ・マネのプレースタイルの特徴は、2つのスピード?

モハメド・サラーのプレースタイルは、リヴァプールにピッタリ?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに欠点はあるのか?



【Fungoal】体幹・筋トレグッズ【解説が丁寧】Fungoal