中井卓大のような選手の育て方はあるのか?ジュニア時代に大切な育成方法は?

日本のジュニア時代の育て方で、サッカー選手になれるのか?どうかが決まっているような気がしますね。

レアルやバルサが認めた少年は、父親がコーチで家の中には練習場まで作って育成をしている。

その少年のボールコントロールは素晴らしく、足からボールが離れない。マスクをしてもドリブルできるといった凄い少年だ。

こんな育て方をされていたら、サッカー選手を目指すしかないですよね?父親の夢を叶えるために頑張っています。

中井卓大は、そんな育て方で成長していったわけではないと思いますが、日々、サッカーボールを追いかけていたことでしょう。

では、今後、中井卓大や今の話の少年のような選手を育てるには、どうしたら良いのでしょうか?

中井卓大や少年のような選手の育て方について書いていきたいと思います。


中井卓大のような選手の育て方は、どんな風にすれば良いのか?

中井卓大のような選手を育てるのには、どんなことが必要になってくるんでしょうか?

久保建英の場合は、父親が一緒にボールを蹴ったり、母親は、外で遊ばせる、読み聞かせなどを行っていたようです。

そのことについては、こちらに書いてあります→久保建英の両親の仕事は特殊なもの?教育方針は変わった物なのか?

中井卓大の育て方については書いていないみたいですね・・・。

恐らくですよ!親が一生懸命になっていたところがあったのかもしれません。

中井卓大の両親は離婚していたという噂がありますが、本当なのかはわかりません。

中井卓大がレアルの下部組織に合格した際に、移住権の問題がありました。

何故、問題になったのかというと、FIFAの規約にこういったルールがあるからです。

「各クラブは18歳以下の海外の選手を受け入れてはいけない」

当時、9歳の中井卓大には、家族と離れてレアルに所属することが不可能だったのです。

そこで、中井卓大の母親は、マドリードで移住権を得ていると言い、FIFAの規則には当てはまらなくなりました。

両親の仕事などで移住の場合はOKみたいなので、中井卓大の夢を壊さないように努力をされた結果でしょう。

育て方とは関係ないかもしれませんが、夢を壊さないように行動をとった母親の行動がそうなった大きな理由かもしれませんね。

後は、中井卓大のやりたいようにやらせてあげるといった育て方が大きかったのではないでしょうか?

締め付けずに、レアルで頑張りなさい!といった感じで、サッカーに関しては何も言わなかったのではないでしょうか?

そういった育て方だったのかなと思います。あくまでも想像ですが。

中井卓大自身も自由にやらせてもらえたことで大きく成長したのでしょうね!

母親の育て方?行動が、今の中井卓大を生み出したと思われますが、他にジュニア時に大切なことはあるのでしょうか?

ジュニア時代の育成に大切なことは何かについて書いていきたいと思います。

ジュニア時の育成に大切なこととは?

いったい、ジュニア時の育成に大切なこととは何なのでしょうか?

ボールコントロールなどの技術を身に付けさせるという方が多いと思われますが、本人の感情を大切にすることが一番のようです。

子供たちの感情を引き出すように、指導者は指導をする必要があると言われています。

結局は、感情が判断する力を付け、決断力を付けるという話がありました。

確かに、言われてみると、シュートを打つのか?パスを出すのか?はジュニアの内は感情でやっている子の方が多いなと思います。

そこで成功、失敗することで判断をする力を付けられますし、決断力が付きます。

さらに、サッカーを上手くなりたいと思うような感情が芽生えれば、サッカーの上達速度が変わりますね。

正しい指導をする前に、子供たちの感情を第一に、「こういった選択肢もあるよ!」!と言った感じで選手を育てていけば良いのかなと思います。

私も小学生時代は、「それも正しいけど、こういう方法もあるよ」と指導され、いくつかの選択肢を与えてもらったことがあります。

押さえつけるのも良いのかもしれませんが、怒られることに怯えてしまい、自分の感情や発想を大切にしてあげる方がジュニア時代は良いのかなと思います。

その中で、判断する力もついてきますし、発想が豊かなプレーもできるようになると思われます。

何でもかんでも自由とはいきませんが、ある程度の自由を与えてあげる育て方の方が、ジュニアの育成法には合っているのかなと思います。

中井卓大や久保建英らを見ていると、自分の判断力に優れていますし、発想が豊かです。

日本の武器である規律も大切ですが、ジュニア時代以降で良いのかもしれませんね。

育て方は、人それぞれなので、何とも言えませんが、個人の能力が活きるような指導、育成が芽生えてくれるといいなと思います。

まとめ。

今回は、中井卓大のような選手の育て方について書いてみましたが、育て方については調べても出ていませんでした。

出ていたこととしては、母親の決断力が大きかったのと、想像の世界ですが、自由にやらせてあげたことが大きかったのではないでしょうか?

母親の決断がなければ、レアルの下部組織にいられなかったと思われますし。母親の決断力と育て方が実を結びましたね!

ジュニア時代の育成についても書いてみましたが、子供の感情を大切にしながら、判断力を身に付けていくことが良さそうですね。

成功と失敗をしながら、自分で考えるようになっていかないと、日本サッカーは強くならないと思われます。

ジュニアといえど、自主性を大切にしてあげることが、中井卓大のような選手を育てられるのかもしれません。

今後、どんな育成方法が流行るのかはわかりませんが、子供たちの感情を優先して上げて欲しいですね!

こちらの記事も読まれています↓

中井卓大は、トップチームに昇格できる?厳しい?現場の評価は?

中井卓大のプレースタイルの特徴と弱点はスピードが関係している?

中井卓大のスペイン語は流暢なのか?将来、リーガで活躍できる可能性は?

久保建英の幼少期は、サッカー漬け?どんな過ごし方をしていたのか?

久保建英の母は高学歴?教育方針は、どのようなものだったのか?