久保建英が初アシスト!今後もアシストは増やせるのか?

2019年9月22日のヘタフェ戦で初アシストを記録した久保建英

ベンチスタートでしたが、味方の選手が負傷退場し、急遽、久保建英に出番が回ってきました。

前半の早い時間帯だったので、試合の中に入っていくのは楽であったと思われます。

久保建英が投入された時には、1点のビハインド。まだ追いつける状況でしたが、逆に追加点を奪われて3点差に・・・。

そんな状況でも久保建英は見せ場を作りました。後半の半ば、右サイドから正確なクロスを上げ、味方のヘディングシュートで1点を返す。

久保建英がリーガ初アシストを記録した瞬間でした。この久保建英のアシスト後、マジョルカは、さらに1点を返すも及ばず。

試合結果は、2-4でマジョルカの敗戦。しかし、久保建英はアシストという結果で爪痕は残せました。

初アシストを記録できた久保建英は見事でしたが、今後もアシスト数を増やせることができるのか?

今回は、今後も久保建英がマジョルカでアシストを増やしていけるのかについて書いていきたいと思います。


久保建英は、今後もアシストを増やせるのか?

久保建英の実力があれば、アシストは増やせると思われます。

ただ、味方の選手の実力と久保建英のイメージが合っていないのかな?という感じもします。後は守備の時間が多くなるので厳しいかもしれません。

それは、マジョルカに移籍をする前に理解していたことだと思われますが。ギャップに苦しんでいるのだと思います。

本田圭佑が、ある報道で、久保建英は上手い選手が周りにいることで活きると話していました。

また、マジョルカはリーガで弱い方に位置し、守備に回る時間が多くなり、結果を残すことが難しいと。

まさに、その通りの展開になってしまいましたね。

やはり、プロフェッショナルの意見は正しいですね。

私を含め、一般の方はレアル・マドリードからマジョルカに移籍をし、試合に出られることが良いと思っていましたが、本田圭佑は見抜いていたのですね。

久保建英は味方を活かせることも上手いですし、その中で自分も活きるプレーが得意。

そういったことを考えると、周りに良い選手がいることは重要ですね。

先日、レアル・マドリード戦に出場しましたが、守備の時間が多く、攻撃に絡めなかったようです。

レアル・マドリードに勝ちましたが、開始直後に決めた先制点を守り切ったという印象。そこをついたマジョルカは上手かったですが。

恐らく、今後も攻撃に絡める回数が限定的になってくると思われます。その中で、久保建英がアシスト、ゴールを決められるのかが大きなポイントとなることでしょう。

この環境で結果を残すことができれば、大きな自信になると思われますし、レベルが高いクラブへ行ってもやれることでしょう。

現在のマジョルカの状況を考えれば、久保建英は、5ゴール5アシストできれば最高の結果だったなと言えるのではないでしょうか?

3ゴール3アシストぐらいは決めて欲しいですが、これができないと厳しいかもしれませんね。

久保建英がアシストを決めたことで、日本メディアは喜んでいましたが、マジョルカの監督は冷静でしたね。

では、久保建英がアシストを決めた試合で、マジョルカの監督は、どう見ていたのか?について書いていきたいと思います。

久保建英のアシストを決めた試合で、マジョルカの監督は、どう見ていたのか?

久保建英がアシストを決めた試合後、マジョルカの監督は、

「久保については、ほかのチームメートと同じだ。私たちはチームとして良い試合をできなかったし、彼が試合の流れを大きく変えたわけではない。それは全員の問題だ。一人の選手を例外としては扱えない」

と。

騒ぐ日本メディアとは対照的に試合を振り返っていましたね。

また、アシストした試合ではないですが、加熱する久保建英への質問について、

「すべての記者会見でタケについて質問をされるのは、もう、うんざりです。彼は他の選手たちと変わらずにプレーした、このチームの一人の選手です。そのプレーについて良い言葉しか伝えることはありませんが、常に個別の評価をするつもりはありません」

とコメントしていました。

久保建英がアシストを決めた試合に戻りますが、確かにアシストは決めましたが、久保建英が流れを変えていないことは事実。

試合の流れを変えられるようであれば、監督も大いに評価してくれていたと思われます。

結局のところ、まだ、マジョルカにとって、スーパースターになり切れていないことの表れですね。

久保建英の才能には疑いがないのですが、まだ勝敗に大きく関係するような仕事を成し遂げていないので騒がない方が良いと思いますね。

特に、日本メディアは久保建英のことになると大きな反応を示しますが、もう少しそっとして上げた方が良いのではないでしょうか?

マジョルカで騒がれますが、サッカー日本代表戦では異常に騒がれていますよね?

史上最年少ゴールについては特に。先日、報道陣に対して、「期待していていい」といったようなコメントをしていました。

何か、いい加減にしてくれ!と言わんばかりの感じですよね?

幼少期から話題になり、本田圭佑や香川真司がメインではなくなった日本サッカーでは注目されることは仕方のないことです。

本人も自覚していると思われますが、騒ぐのは久保建英が、ゴール、アシストなど結果を出した時だけにしてあげれば、余計なストレスを感じることなくプレーできるのではないでしょうか?

マジョルカの監督や森保監督も配慮してくれていることは感じます。監督にも気を使わせるような報道は止めて欲しいですね。

まとめ。

今回は、久保建英が、今後もアシスト数を増やせることができるのか?について書いてみました。

本田圭佑が指摘したように、守備に回る時間が多く、ゴール、アシストという結果を残すことが難しそうです。

やはり、周りに良い選手がいて輝くのでしょう。

そればかり言っていては、どうしようもないので、久保建英にはゴール、アシストで結果を残してほしいと思っています。

まずは、ベンチスタートからの出番から、スタメンでコンスタントに出られるようにしていかないと厳しいですね。

こちらの記事も読まれています↓

日本代表の右サイドのポジションは、久保建英と堂安律のどちらが良いのか?

中井卓大と久保建英がW杯カタール大会に招集される確率は?

中井卓大の現地評価は高いの?海外の反応はあるのか?知られているの?

中井卓大のようにリフティングが上手くなるためには?コツはあるの?

中井卓大のゴラッソ連発の秘密は?一体、どんなことをしているのか?