伊東純也は、現在の日本代表の序列を覆す可能性はあるのか?

夏の移籍市場も過熱してきましたね。日本人選手の移籍も何人か噂もありますし、移籍した選手もいますし、日本代表にとっても良いことですね。

ワールドカップの日本代表組では、遠藤航、植田直通がベルギーに移籍、香川真司、柴崎岳、本田圭佑がどうするかも注目ですね。

昌子源は、海外移籍せずに国内に残りますが、Jリーグ組でもう一人海外移籍しそうな選手がいますよね?

そう、柏レイソルの伊東純也。報道によると、いいオファーなのか?どうか?微妙なところはありますが。

スポンサードリンク



デュッセルドルフが伊東純也にオファーを出したと報道があったが、伊東純也はどうするんでしょうかね?ブンデスリーガが開幕まで時間はありますが。

ハノーファーに移籍してしまった原口元気の穴を埋める存在としてのオファーのようだが、もう一つの噂によると、宇佐美貴史の値下げ交渉のためとか。

その宇佐美貴史は、ケルンからの話が合ったとか?デュッセルドルフは宇佐美貴史の買い取りをしたいようだが、アウグスブルク側が移籍金を下げない。

そこで伊東純也の話が出てきたということなんですが、戦力としてなのか?宇佐美貴史獲得のためなのか?どちらなんでしょうかね?

まあ、伊東純也が決めることなので、この夏に移籍するのか?今後の動向に注目ですね。

今、サッカー、イケメンで注目を集めている伊東純也ですが、日本代表に召集されることはあるのでしょうかね?明日あたりに、日本代表の新監督が発表になりますからね。

そこで、今回は、伊東純也は今後、日本代表に定着することが出来るかについて書いていこうと思います。

伊東純也は、新監督の元日本代表に定着できるのか?

前日本代表監督のハリルホジッチの際に、E-1選手権の時に日本代表に呼ばれましたが、E-1選手権の時は、国内組だけの日本代表ということでした。

後は、浦和レッズがクラブワールドカップで召集できなかったこともあり、呼ばれたからと言っても、テストの意味合いが強いかなといったところですね。

それでも、日本代表に召集されたことですから伊東純也の実力が無視されていたわけでないですからね。

ハリルホジッチ監督は、

「伊東はボールを持ったら仕掛けることができる。1対1で相手を抜ける選手は(日本には)多くはない」

と名指しで評価をされていましたね。ハリルホジッチ監督は、そういった選手を好んでいたのかなといった印象が強いですね。

残念ながら、監督交代ということもあり、緊急だったので、以前から日本代表に選ばれているメンバーが選出されてしまいました。

伊東純也も日本代表に選ばれなかったわけですが、伊東純也は次もありますからね。ただ、ハリルホジッチ監督のいう1対1で仕掛けられる選手はいないので、そこを磨いていってほしいですね。

スポンサードリンク



現在の日本代表で伊東純也以外にも自ら仕掛けられる選手と言えば、乾貴士、原口元気、武藤嘉紀、宇佐美貴史ぐらいでしょうかね?

日本代表に落選したとはいえ、中島翔哉、久保裕也、堂安律、浅野拓磨もいますからね。日本代表のポジション争いも激しくなりそうですね。

この激戦区で、日本代表に定着するのか困難かもしれませんが、伊東純也が割って入れないこともないとは思いますね。

伊東純也は、ドリブルも上手いこともありますが、何と言ってもスピードがありますからね。スピードといったところで考えると浅野拓磨がライバルになりそうですね。

浅野拓磨は、フィジカルコンタクトも強い方なので、伊東純也が割って入るのであれば、フィジカル面を強化しないといけないですし、日本ではスピードで勝負できるかもしれませんが、世界を相手にとなるとどうでしょうか?

そういったことを考えると伊東純也も海外移籍をして、持ち味のスピードをどう生かすかを学んでくることが大切かなと思います。

海外のリーグでは、俊足のDFも多いことですし、そういった相手との駆け引きが上手くできるようになれれば、日本代表にも召集されるかもしれませんね。

では、そんな伊東純也のプレースタイルについても見ていこうと思います。伊東純也は、スピード以外にはどんな特徴があるのか?

伊東純也のプレースタイルは、どんな感じなのか?

伊東純也のポジションは、主にウイングが多いのかなと思います。サイドバックでの起用もあったようですが。

スピードがある選手は、よくサイドバックにされたりしますからね。現在は、ウイングかサイドハーフですが。

皆さんがご存知の通り、伊東純也の最大の持ち味は、スピードとなります。

サイドでボールを受けて、スピードに乗ったドリブルで敵陣内をえぐり、シュートやクロスを上げることが得意のプレーです。

右利きの選手なので、カットインしてシュートというよりかは、縦に突破して、チャンスメークするタイプの選手かなと思います。

最近は、右利きの選手は、左サイドに配置されることが多く、カットインからシュートという選手が多い中で、珍しい存在ですよね。

最近は、日本代表、クラブでもサイドでボールを持ってもカットインする選手が多い中で、気持ちいいぐらい縦に勝負できる選手です。

直接、伊東純也を見たことがないので、ネットでの情報だけで申し訳ないのですが、クロス、シュートの精度があまり良くないとか。

スピードを活かして突破はいいのですが、その後ですね。そこを改善されると、日本代表に近づくのではないかなと思います。

もう一つ気になるのが、守備力と運動量。ワールドカップを見ていても、乾貴士、原口元気の守備力と運動量は凄かったと思います。特に、原口元気は。

やはり、海外で鍛えられているのだなと思いますし、体のぶつけ方とかも上手い!

恐らく、日本代表の新監督には森保さんがなり、西野さんがアドバイザー的な役割になりそうなので、守備力、運動量が求められると思います。

伊東純也が、そこをクリアできるかも今後注目していきたいですね。そうできないと伊東純也の日本代表に定着は厳しいのかな?

そのことを解消するには、やはり海外でのプレーが早いのかなと思いますが、伊東純也が、この夏に海外に移籍するのか?今後も注目ですね。

まとめ。

今回は、柏のスピードスターの伊東純也の日本代表入りは可能かどうかについて書かせていただきました。

結論は、伊東純也の日本代表入りは厳しいかなと思いますが、海外に移籍して、駆け引きとかを学んでくると日本代表入りが近づくのかなと思いますね。

特に、サイドで勝負する選手であればオランダあたりがいいのかなと思いますが。いいサイドの選手が出てくるので。

日本代表も世代交代の時期でもありますし、全くチャンスがないわけではないので、伊東純也も貪欲にチャレンジしてほしいですね。

伊東純也が日本代表に割って入ることがあれば、また競争が生まれ、日本代表も強くなっていくと思いますので、新しい風を日本代表に吹き込んでくれることを期待してます。

こちらの記事も読まれています→伊東純也のプレースタイルを磨くには、海外移籍は必要か?どうか?

スポンサードリンク