冨安健洋の背番号は、変わってばかりですが、拘りとかはないの?

スポーツ選手で、背番号に拘る選手は多いですよね?背番号への想いがあったりとか。

最近書かせていただいている冨安健洋には、背番号に拘りとかあるのでしょうかね?

冨安健洋の場合には、長年いたクラブと言えば、福岡しかないですので、背番号に拘りがあってクラブに色々言えるのは福岡時代しかないですからね。

移籍したシント・トラウデンVVでは、初の海外移籍で欲しい背番号を言えるわけがないですからね。

さて、冨安健洋を見ていると、そういったわがままを言わなさそうな選手ですが、背番号への拘りはあったのでしょうか?

冨安健洋の背番号への拘りがあるのか?調べてみました。


冨安健洋には、背番号への拘りがあるのか?

冨安健洋に背番号への拘りがあるのか?ということで、冨安健洋のクラブでの歴代背番号を見ていきたいと思います。

2015年:アビスパ福岡(J2)では、背番号32。

2016年:アビスパ福岡。背番号21。

2017年:アビスパ福岡(J2)。背番号14。

2017-18:シント・トラウデンVV(ベルギー)。背番号3。

と背番号は、年ごとに変わっていますね。冨安健洋の背番号の変化を見ていると、背番号への拘りはあまりなさそうですね。

2015年は、高校2年で、2種登録ということで、大きい番号になってしまいました。これは、仕方のないことですが。

この年の冬に、冨安健洋は、福岡とプロ契約を結んで、背番号も変わりましたが、ルーキーですのでね。

まあ妥当な背番号であったのかなと思います。

翌年も背番号は変わりましたが、恐らくクラブが用意したものでしょうね。

シント・トラウデンVVの時も、クラブ側が用意した背番号であると思いますので、冨安健洋には拘りの背番号はないのかなと思います。

冨安健洋の雰囲気からして、そんな感じはしませんからね。凄く謙虚な感じがしますよね。それが、プレースタイルとかにも繋がっているような気がします。

では、日本代表では背番号何番を背負っていたのかを見ていきたいと思います。

冨安健洋は、日本代表では背番号何番を背負っているの?

フル代表では、背番号16ですよね?これは、皆さんご存知だと思います。

では、アンダー世代の時は、どうだったのでしょうか?そちらも見ていきたいと思います。

まずは、AFC U-16選手権の時です。その時の冨安健洋の背番号は5番。何と同じメンバーには、堂安律も登録されていた。

その時は、堂安律は左サイドバックで起用されていたようなので、DF登録になっていました。

続いて、U-17の時も冨安健洋の背番号は5番でした。U-18のAFC U-19選手権の時は、背番号が22。

あれ?冨安健洋の背番号が大きくなっている。なんででしょうかね?サッカー協会が決めたことなので仕方がないですが・・・。

AFC U-19選手権では、冨安健洋の背番号は、5番に復活!この頃のことを考えると、冨安健洋の背番号5というのが定番のようなんですね。

FIFA U-20ワールドカップの時も5番だったので、すっかり背番号5が定着してしまいましたね(笑)。

この時の結果は、残念な結果に終わりましたからね。堂安律がキレキレでいい成績を収めてくれると思っていましたが。

残念ながら、決勝トーナメント1回戦のベネズエラに延長で負けてしまいましたね・・・。

U-21のトゥーロン国際大会の時でも富安健洋の背番号5でした。

フル代表でも背番号5でもいいのでは?と思いましたが、長友佑都がいますからね・・・。これは、ちょっとどうしようもないかもしれませんね。

いずれは、冨安健洋のモノになるかもしれないでしょうけど。長友佑都もカタール大会まで頑張ると言ってますし、どうなることなんでしょうか?

では、歴代日本代表の背番号5は、どんな選手が背負っていたのでしょうか?

そちらについても見ていきたいと思います。

歴代日本代表の背番号5は、どんな選手が背負っていたの?

では、歴代の日本代表の背番号5を背負っていた選手は、どんな選手がいるのでしょうか?

新しい順に行こうと思います。長友佑都は、除外させていただきます。現在もそうなので。長友佑都ファンの方々、すみません。

まずは、現ガンバ大阪の監督を務めている宮本恒靖。

フラット3の時の中心的な存在。ラインコントロールなどは見事の一言。CBとしては、小柄な選手でしたが、頭の良さでカバーし、日本代表の守備陣を統率。

その頭の良さと統率力で、降格危機だったガンバ大阪を復活させ、無事に残留を果たす。

イケメン選手ともあり、女性ファンが多かったことを思い出しますし、W杯の時のフェイスガード姿も印象的な選手でした。

最後は、稲本潤一。

日韓W杯の時の活躍はインパクトに残っている人は多いのではないでしょうか?

稲本潤一の2ゴールで、無事に決勝トーナメントに進出した。開催国だったので、選手、スタッフはホッとしたことでしょう。

ダイナミックなパフォーマンスで、観客を魅了してくれたことは、私の中では今でも覚えています。

今年いっぱいで、コンサドーレ札幌を退団となりましたが、本人は、まだまだ現役でやるつもりのようなので、カテゴリーが下がるかもしれませんが続けてほしいですね。

私が、知っている限りの日本代表の歴代背番号5番を背負っていた選手です。

調べれば、もっと出てくるんでしょうけど・・・。すみません。

冨安健洋もこの中の一人になれるのでしょうかね?なれる可能性は、非常に高いと思います。

是非、冨安健洋にも名を連ねてほしいですね。

まとめ。

今回は、冨安健洋の背番号について書かせていただきました。

アンダー世代の時は、背番号5が多かったみたいですね。クラブの方では、毎年、背番号が変わっていますが、まあ、仕方のないことでしょう。

冨安健洋は、背番号への拘りはなさそうですね!冨安健洋の雰囲気からして、この番号がいいとか言わなさそうですし。

クラブ側が用意した背番号で、OKですと言いそうです。

歴代日本代表の背番号5の選手を見てきましたが、現役の選手もいますが、偉大な選手が背負っていましたね。

日本代表の時点で偉大な選手か。今は、長友佑都がいるので、長友佑都が出れる状況であれば、冨安健洋は、5番にはなれなさそうですね。

まだ、若い冨安健洋ですから、5番を背負う可能性は高いでしょう。将来的にですよ!もしかしたら、お世話になった井原正巳監督のように、4番になるかもしれませんね。

できれば、冨安健洋には、歴代日本代表の背番号5を背負う選手になってもらいたいですね!

こちらの記事も読まれています↓

吉田麻也に背番号の拘りは、あるのか?

酒井宏樹の日本代表での背番号は、19番で決まりなのか?

日本代表、乾貴士の背番号は決まっているのか?



【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!