北川航也が、日本代表で生き残るには?成長に必要なことは?

北川航也が、日本代表の常連になれるでしょうかね?今の序列だと、大迫勇也、南野拓実の2番手扱いといったところでしょうか?

アジア杯で、日本代表に選ばれたことは、非常に大きいと思います。ただ、小林悠、鈴木優磨もいますので、ウカウカはしてられないですね。

まだ、日本代表に召集されていない選手もいますので、アジア杯では北川航也は、アピールをしたいところ!

森保監督のことですから、北川航也にも出場のチャンスが巡ってくると思います。そこで、チャンスをものにできるかが勝負になりそうですね。

そこで、今回は、北川航也が、日本代表に生き残るためには?というテーマで書いていきたいと思います。


北川航也が、日本代表に生き残るためには?

北川航也が、日本代表に生き残るためには?どうすればよいのでしょうか?

正直、日本代表のメンバーに入ることは可能だと思いますが、スタメンで出れるかとなると厳しいというのが正直なところですね。

やはり、大迫勇也、南野拓実の存在が大きすぎますね。この2人を差し置いて、スタメンになるには、かなり厳しいと思う人は多いはずです。

北川航也の特徴としては、周りを活かしつつ、自分も活きるというのが大きな特徴です。

これは、日本代表にとっては、チームのコンセプトに合っているかなと思います。

ただ、器用にこなすあたりは流石だと思いますが、スペシャルな部分にかけているのかなと思いますね。

要は、器用貧乏になってしまいそうで怖いですね。北川航也に大きな武器があれば、日本代表の常連は可能ですし、スタメンの座も見えてくるのかな?と思います。

以前書いた、北川航也のプレースタイルの記事でもそうなのですが、もう少しエゴを出せるようになったらいいのかなと思います。

キルギス戦では、大迫勇也のアシストはしたもののゴールへの姿勢が欠けるものがあったように思えます。

まだ、日本代表の選手を見ている状況だと思うので、そこまで積極的に行けなかったのだと思いますが・・・。

北川航也自身も、こんなコメントをしていた。

「ゴールがすべてじゃないと思うし、いろいろな面でチームに貢献できることもある。ただ、FWである以上、得点は必要ですけどね」

北川航也自身もわかっているようなので、今後の北川航也が、どれだけエゴを出していけるかがポイントになりそうですね。

来シーズンの北川航也のプレースタイルの変化に注目していきたいですね。その前に、アジア杯でエゴを見ることが出来るか見ものですね!

では、北川航也が成長していくには、何が必要なのでしょうか?そちらについて書いていきたいと思います。

北川航也が一回り成長するために必要なこととは?

北川航也が成長するためには、やはり、海外でプレーすることだと思います。いきなり、大きなクラブには行けないでしょうけど。

今でこそ、ベルギー、ポルトガル、オランダで、日本人選手が活躍できていますので、そこら辺の中堅クラブに移籍出来たらいいのかなと思います。

北川航也が自身、日本代表でプレーして感じたことがあったようです。

「すべてにおいてのスピードがやっぱり違う。(堂安)律にしても、サコくんにしても、(原口)元気くんにしても、(中島)翔哉くんにしても、(南野)拓実くんにしてもそうですけど、前線のクオリティが格段に上がった。それは外から見てもわかることだったし、そのなかでも自分が遜色なくやる必要があると思う」

まさに、北川航也が言っているように、国内組と海外組では、プレースピードが違います。

これは、多くの人が感じたのではないでしょうか?しかも、スピードがある中でも一つ一つのプレーの質は高い。

前線の4人には、欧州での経験と何より週末に試合に出ていることが大きいと思います。

欧州に行って試合に出れないけど得られるものがあると言われていますが、それも当たっていると思います。

しかし、サッカー選手である以上試合に出てナンボですからね。そうやって、揉まれてきた結果が、今の差だと思います。

ですから、まだ若い北川航也には、早い段階で海外にチャレンジしてほしいですね。海外だと、北川航也は若いうちに入りませんが。

日本では味わえない海外の屈強なDFを相手に自分を磨いてきてほしいですね。

試合に出られるクラブであれば、大きく成長できるはず。そうなれれば、日本代表でもスタメンに近い存在になれる可能性が高まると思います。

日本代表の前線には、タレントが揃ってきてはいますが、現状だと4人の選手に頼りすぎているので、北川航也は新しいオプションをもたらせてくれる選手になってほしいですね。

それが、日本代表にとって大きなプラスになると思うので!

まとめ。

今回は、北川航也が日本代表に生き残るためにはと成長に必要なことについて書かせていただきました。

日本代表に生き残るためにはについては、生き残ることについては可能だと思います。

ただ、スタメンでの起用は厳しいかなという状況であることは、皆さんご存知のはず。

北川航也には、もっとエゴを出してもらい、ゴールという目に見える結果を残してほしいなと思います。

成長するためにはのところでは、やはり、海外移籍をしないといけませんね。

北川航也自身言っていましたが、プレーのスピード、精度が違うのは明らかでした。海外でスタメンの座を取り、活躍していかないと取り残されるばかりです。

いきなり、強豪国の強いチームは厳しいと思いますが、中堅国のリーグで試合に出られる環境に行って、レベルアップしてきてほしいですね。

それが、北川航也にとっても良いことですし、日本代表にとっても良いことだと思います。

是非、アジア杯で活躍をして、欧州移籍のきっかけを作ってほしいです!そして、日本代表を優勝に導いてください。




【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

こちらの記事も読まれています↓

守田英正は、日本代表のボランチ争いに割って入れるのか?

伊東純也は、現在の日本代表の序列を覆す可能性はあるのか?

鎌田大地が、日本代表にかける想いは、どれぐらい強いのか?

杉本健勇は、日本代表に生き残れるのか?

大島僚太が日本代表に求められているものとは何か?