北川航也は、海外志向が強いのか?移籍するなら、どのリーグ?

若い選手が海外でプレーすることを目標にする選手が増えてきて、日本サッカーにとってはいい傾向ですね。

有名ではないけれど、海外でサッカーをされている方も多くなっているようです。

北川航也も海外移籍の希望はあるようですが、この冬は海外移籍はなさそうですね。欧州の市場は、これからなのであるかもしれません。

北川航也は、もともと海外志向があったようですが、日本代表に選ばれるようになってから、海外で活躍する選手とコミュニケーションを取るようにしていたようだ。

先輩達や同年代の南野拓実の話を聞いて、より海外への意識が高まったことでしょう。

そこで、今回は、北川航也の海外移籍について書いていきたいと思います。


北川航也の海外移籍の気持ちの強さは?

北川航也の海外移籍の気持ちは、以前からあったようですが、日本代表に呼ばれるようになって気持ちが強くなったようです。

先ほども書きましたが、海外で活躍している選手と話をしたり、練習をしたりして良い刺激を受けたみたいですね。

話や練習以上に、キルギス戦での海外組との差を感じたことが大きかったのではないかと思います。

実際に、北川航也も話をしていましたが、プレースピードの違いを一番感じたようです。

プレースピードもありますが、スピードだけでなく正確性も兼ね備えているところに刺激を受けたのではないでしょうか?

前線の選手達との差を何とかしないといけないと危機感も口にしていたようですし、来シーズンの北川航也には注目したいですね。

しかし、よく海外で長くやっている選手が言っていますが、行かないと駄目と言っている人が多い。

海外に行かなくても、日本代表の中心選手としてやっていた選手もいるが、もうそのようなことを言っていられる状況でないかもしれない。

常に、厳しい環境でやっている方が成長に繋がりますし、試合に出ていれば、日本では体験できないようなことが体験できますからね。

最近は、ピークは過ぎましたが、世界的に有名な選手も、Jリーグに入ってきてはいますが。

それでも、常にハングリーにやっている海外の環境で揉まれた方が、北川航也にとって必要なモノになるのではないでしょうか?

それは、北川航也自身がよくわかっていると思うので、いつ海外移籍するのか?今後の北川航也の動向に注目ですね。

では、北川航也が海外移籍するにあたり、どこのリーグが良いのでしょうか?

そちらのことについても書いていきたいと思います。

北川航也が海外移籍をする際には、どこのリーグが良いのか?

来シーズンのスタートは、清水エスパルスでスタートすると思われますが、夏には海外移籍するかもしれませんね。

そのためにも、アジア杯では海外にアピールしたいところ。出番が限られていると思うので、その中で結果が出せるかが勝負のポイントになりますね。

では、北川航也が海外移籍をするのであれば、どこのリーグが良いのでしょうか?

いきなり5大リーグは厳しいかもしれませんが、ドイツであれば行けるかもしれませんね。中堅以下のクラブであれば出番はありそうです。

一番いいのは、ワンランク下がりますが、オランダ、ベルギー、ポルトガル辺りが良いのではないのかなと。

上のリーグのトップレベルのクラブは厳しいと思いますが、中堅クラスであれば、出番も確保できそうですし、中島翔哉、堂安律のようにステップアップを狙えるかもしれません。

一番いい例が、今シーズンの鎌田大地のような活躍が出来るところがいいと思います。

そこで、欧州レベルでやっていけるか、どうかを知る意味でも良いと思います。

自信がついて、認められたら、上のレベルに行けば良いことですので。

それに、日本人DFとは違い、上背もありますし、足の長さも違うので、そのような環境でやっていければ、間違いなくレべルアップできると信じています。

もし、オランダ、ベルギー、ポルトガル辺りからのオファーがあれば行ってもらいたいですね。

近いうちに海外移籍をするようであれば、やっておかないといけないことがありますよね?

いったい、何をしていかなければいけないのでしょうか?

北川航也が海外移籍をする際に、やっておかなければならないこととは?

北川航也が海外移籍をする際に、やっておかなければならないことは言語ですよね?

当たり前と言えば、当たり前ですが。言語の壁って、結構デカいんですよね?

監督からの指示や仲間とのコミュニケーションを取るのに必要です。中には、話せなくても乗り切れている選手もいますが。

出来ることに越したことはないですからね。最近はいないようですが、昔は言語の壁にぶつかって戻ってくる選手が多かった。

北川航也も海外に行く際には、言語の勉強をしていくと思いますが、英語と移籍先の言語は、ある程度できるようにしていかないと苦労しそうです。

後は、香川真司、乾貴士のように愛されキャラになれるかがポイントですね。

チームメートに愛されれば、上手く行く可能性が高くなるでしょう。北川航也が、そういうキャラであれば言語の問題以上にアドバンテージが大きいはず。

知らないこととかも教えてくれそうですし。チームにいるのが楽しくなりますので。

コミュニケーションの神、長友佑都に教えてもらって行くのが良いかもしれませんね!

まとめ。

今回は、北川航也の海外移籍のことについて書かせていただきました。

北川航也自身、日本代表合宿で海外組との差を肌で感じていたようですし、早く海外移籍をする必要があるなと思ったことでしょう。

差が広がっていかないように、自分も移籍をしないとと危機感を感じたのではないでしょうか?

北川航也も海外移籍をするには、ギリギリの年齢ですから行けるなら行ってほしいですね。

一番良い移籍先のリーグは、オランダ、ベルギー、ポルトガル辺りのクラブが良いと思います。

いきなり5大リーグよりかは、実践を通して自信をつけてから行った方が良いと思います。移籍してもベンチでは意味ないですからね。

やっぱり、サッカー選手である以上、試合に出ないと意味がないので。試合に出られるクラブを選んでほしいですね。

行く前には、言語の勉強と長友佑都のコミュニケーション術を聞いてから行けば、周りと上手くやれることでしょう。

アジア杯が、もうすぐ開幕しますが、北川航也にとっては、海外移籍のためにアピールしたいところ。

限られた時間での起用になると思われますが、そこで結果を出してほしいですね。




【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

こちらの記事も読まれています↓

伊東純也の海外移籍はあるのか?デュッセルドルフは本気のオファーなのか?

鈴木優磨の海外移籍は、この夏にはある?鹿島側は容認してるの?

大島僚太の海外移籍はあるのか?それとも、国内でプレーするのか?

南野拓実の実力は、どう評価されてるの?海外の反応は良いのか?

冨安健洋の海外の反応は良いモノなのか?それとも良くないのか?