土居聖真が日本代表で生き残るには、FW?左MFのどちらが良いのか?

土居聖真の日本代表デビューは、予想もしないところから起きてしまった。土居聖真本人もびっくりしたことでしょうね。

いきなりですからね。清武弘嗣が頭部を強打してことで離脱をしてしまい、急遽、サッカー協会から日本代表に追加召集されたわけですから。

しかも、土居聖真は結婚式の準備で忙しかったはずの時期に、いきなり日本代表に召集ですからね。


土居聖真は、どんな気持ちで日本代表に合流したのでしょうかね?、まだ、シーズンが終わったばかりだったから、コンディションは問題なかったと思いますが。

あらかじめ、故障者が出た時に連絡するかもとか、事前に日本代表に呼ぶ可能性がある選手には連絡しておけばよかったのにね。

いきなりこんな発表されても困りますよね?こんな感じの報道でした。

“土居は今年6月に一般女性と入籍しており、シーズン終了にともなって挙式の準備をしていたようで、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「結婚式の準備をしていたようなので、本当に申し訳ないんですが、何日か来てくれとお願いしたいと思います」
とコメントした。”

オフに入っていた土居聖真もビックリですよね?仕方のないことと言えば仕方ないですが、土居聖真にとってはチャンスだったわけでもあるので、良かったと捉えるべきでしょうね。

初の日本代表に召集された土居聖真ですが、E-1では、結果、印象に残るプレーはできたのでしょうか?

初の日本代表召集で、日本代表選手とのコミュニケーションや連携にも時間をさけない中で苦しかったと思いますが、どうだったのでしょうか?

土居聖真の日本代表デビューのことを振り返りたいと思います。

日本代表デビューの土居聖真は、何か爪痕を残すことはできたのか?

緊急招集で、日本代表に召集された土居聖真。中国戦で、日本代表デビューを果たし、続く韓国戦も先発で出場した。

日本でも激戦区の左サイドで出場したが、アピールできたとは言えない内容であった。

しかし、ところどころでは土居聖真の良さを見せていた。味方へのパスの際には、味方が前を向いて受けれるようなパスを出したり、前線からのプレスなどはあったが、ゴールに絡むプレーというものにかけていたような気がしました。

ハリルホジッチ監督も攻撃面での仕事を期待していたのではないかと思いますが、攻撃面ではアピールすることには失敗に終わったのかなと思います。

土居聖真は、実力的には認められての日本代表への追加召集であったし、土居聖真にとっては運が良い日本代表召集であった。

だからこそ、土居聖真は、ゴールという結果でアピールをしたかったと思う。ワールドカップの日本代表に滑り込むチャンスであったから。

試合後の土居聖真は、

「どこかでこの悔しさを晴らしたいと、すごく感じています。それを感じないようなら、選手として本当に終わりだと思うので」

とコメントをしていたらしい。

急遽ということもあり、周りとの連携不足という点もあると思うので、何度か日本代表に召集してもらい、試合に出るかはわかりませんが、連携を高めたうえでの試合を見てみたいですね。

私としては、もし、チャンスがもらえるとすれば、日本代表でもFWで起用してみても良いのかなと思います。

ワントップでの起用は難しいと思われますが、2トップなら土居聖真の良さを引き出せるのかなと思いますね。

正直に言えばFWというよりか、1.5列目の選手だとは思いますが、守備への意識も高く、ボールのもらい方も上手いので、2トップの一角で、やや下がり目のポジションだといいのかなと思います。

土居聖真は、自分で仕掛ける場面でも、仕掛けない時が多いので、仕掛けられるようになれば、サイドでも良いと思いますが。足元の技術はあると思うので。

今後の日本代表監督が、どのようなシステムで戦っていくかにもよりますが、2トップの一角としても大丈夫!左サイドでも大丈夫!ということで、終わらないような選手になってほしいですね。

特に、日本代表で左サイドで勝負するなら、これといった武器が絶対に必要になってきます。乾貴士、原口元気、宇佐美貴史、中島翔哉といった選手達との争いになりますからね。

私は、土居聖真を左サイドではなく、2トップの一角で生きる選手だと思っていますが、土居聖真自身は、そうでもないようですね。

では、土居聖真自身は、FWよりかは、左サイドの方が向いていると言っていました。果たして、なぜ、そういう風に言えたのか?

そこについて書いていきたいと思います。

土居聖真は、なぜ、左サイドの方が向いていると言えるのか?

土居聖真は、どうしてそう思っているのかを調べると、プロになってからのことが大きかったようだ。

プロ入り後、サイドバックも経験したようで、さらにはFWとしてもプレーをしていることにより、相手のサイドバックやサイドハーフの選手の嫌なところがわかるようになったからと言ってます。

まあ、確かにありますよね?私も、様々なポジションを経験しましたが、相手の嫌なところは何となくわかりますが、相手のレベルや特徴を考えるとすべてが当てはまるわけではないのでね。

クラブワールドカップで、土居聖真は自信を付けたようですが、心技体がレベルアップしているとも言ってました。

自分に自信を持てたことのようで良いことであるとは思います。ただ、自信が過信にならないように結果を出してもらいたいですね。

土居聖真自身、FWよりサイドの方が向いているという最大の理由は、サイドの場合は、前を向いてボールをもらうことが出来る点で自分の良さが出せるということが理由のようですね。

FWの場合は、どうしても相手を背負ってボールを受けるわけですからね。前を向いて、プレーという機会は少ないのでね。

ただ、先ほども指摘したように、仕掛けられる選手にならないと、日本代表では生き残っていけないと思いますね。

左サイドの日本代表候補の選手たちは、仕掛けていくことが特徴の選手が多いですし、相手にしてみたら仕掛けてこられる選手の方が、怖いですからね。

土居聖真は日本代表を狙うのであれば、そこを改善しないといけないと思います。そこを改善できれば、日本代表へのアピールにもなると思いますし、攻撃時の選択肢も広がって、相手の脅威になると思います。

まとめ。

今回は、土居聖真が日本代表に生き残っていくには、FW、サイドハーフのどちらが良いのかをテーマに書かせていただきました。

私的には、2トップで挑めるなら、その一角だと思いますが、日本代表が今後、どのようなシステムでやっていくかにもよるので、左サイドでの起用が多くなるかもしれません。

ただ、土居聖真自身が左サイドでのプレーの方が自分の良さを出せるというので、そちらの方が良いのかもしれませんね。

先ほど指摘させていただいたように、仕掛ける回数と精度を上げていかないと、日本代表では起用してもらえないのかなと思います。

足元の技術はある選手なので、どんどん仕掛けていってほしいですね。相手の脅威になるぐらいに。

9月以降は、日本代表戦も多いことですし、鹿島でアピールしまくってください。

こちらの記事も読まれています↓

土居聖真のプレースタイルを考えると適性ポジションはどこになる?

大島僚太は、怪我をしがちだが、日本代表に縁がないのか?

杉本健勇は、日本代表に生き残れるのか?


日本代表から、アルゼンチンのレアなクラブまで!

フットボールマックスは3000種以上の
サッカーユニフォームをお届けいたします!