堂安律は、韓国人なのか?噂される国籍は?

次世代の日本代表の中心になりそうな堂安律

プレー一つ一つが、スケールが違うなと思ったのが第一印象でしたね。

特に、U-20Wカップの時に、そう感じましたね。イタリア戦での4人抜きのゴールなんて、鳥肌が立ちましたね(笑)


左利き特有の独特のリズムがあるので、対戦相手のDFは、厄介でしょうね。

そういえば、最近の若い選手は、パスももちろん上手いが、ドリブルが上手い選手が多いですね。

今は、そういった教育が流行っているのかな?ある意味、新しい日本のスタイルになるかもしれませんね。

井手口陽介らとともに、日本代表の中心となっていってほしいですね。

そんな稀な才能を持った堂安律は、どんな経歴があるのでしょうか?

堂安律のプロフィール。

ここまでの選手だから、きっと良い環境で、サッカーをしてきたんでしょうね。

名前:堂安律(どうあんりつ)
生年月日:1998年6月16日
出身:兵庫県
身長:173 cm
体重:70 kg

3歳からサッカーを始めて地元の少年団に入団した。

中学に進学する際に、ガンバ大阪と名古屋グランパスからオファーを受けたらしい。

それで、ガンバ大阪ジュニアユースに入団。

クラブから、オファーがくるとは!この時から、ずば抜けていたのですね。

ジュニアユース時代に史上初となるU-15世代で、全国3冠を達成する。

そして、ユースに昇格し、2年生の時にトップチームに帯同するようになる。

ACL決勝T1回戦で、韓国のFCソウルと当たる。そこで、クラブ史上2番目となる16歳344日で公式戦デビューを果たす。

2016シーズンからのトップチーム昇格内定。飛び級でのトップチームに昇格。

そして、AFCのU-19選手権のメンバーに選ばれて、U-20W杯の出場権を獲得し、チームは優勝を果たす。堂安律は、大会MVPにも選ばれた。

U-20W杯ワールドカップでのイタリア戦では、4人抜きの素晴らしいゴールを決めて、日本のみならず世界にも堂安律の名前が広まった。

そこで、堂安律のことを調べてみたところ、気になる事がありました。

検索をかけてみると、「堂安律 韓国」、「堂安律 国籍」といったキーワードが出てくる?

「韓国」「国籍」?なぜだ?と思い堂安律の国籍を調べてみました。国籍を二つ持っているのでしょうか?

国籍2つあるから?ネタになっているのか?国籍ネタは、ブームなのか?

堂安律の国籍は、どうなっているのか?

堂安律の国籍について、結構書かれていますね。結構、国籍ネタ多いですね!

代表戦で、国籍の違反とかしていませんし、国籍なら、JFAが調べているはず。

日本代表で試合に出ているので、例え違う国の国籍があろうが関係ないのですが、国籍が気になってしまい…。調べて見たわけです。

堂安律(どうあんりつ)と言う名前に関してなんですが、まぁ、国内でも珍しい苗字ですよね?

日本国内で、堂安という苗字は、非常に少なく、近畿地方に、130くらいしかいないようです。

そのくらいしか、いないため韓国人に多く見られる「堂」、「安」という字が使われていることから、国籍はどちらも持っているのではないか?と話が出ていたようです。

実際、韓国人であれば、「堂」、「安」と一字別々で使われていることが多いようです。

なので、堂安と名乗ること自体珍しいらしいです。堂安律のご両親も日本国籍なので、堂安律の国籍は日本になります。

他に国籍持っていても、関係ないですが…。他の選手で、国籍が2つあるというのは、よく聞きますが…。

また、ベトナム人と、間違えられたこともあるようです。

代表のユニフォームに、「DOAN」と書かれているため、ベトナムの国籍もあるのではないか?と疑われたこともあったようだ。

堂安律も国籍の勘違いで困ったことでしょうね。まあ、今後は、国籍を間違えられる事は無いでしょう。

国籍が、日本だということを世界に知らしめた?大活躍をしましたからね。

そう、U-20ワールドカップでのことがあるからである。

グループリーグのイタリア戦のゴールで、世界の注目を集めた。

世界に衝撃を与えた、堂安律のゴール!

イタリア戦での、あのゴールは、世界にもインパクトを与え、海外からの評価も高まっていった。

なんて言っても、囲まれながら、相手DF4人を抜き去り、ゴールを決めた。

このゴールに、FIFA公式サイトは

「スペシャルなゴールだ」

と称賛し、また、公式Twitterでは

「これが彼らが日本のメッシと呼ぶ理由だ!」

と絶賛されていた。最大級の賛辞でしたね。

さらに、堂安律の絡んだプレーが公式サイト?で、ハイライトが流れていたようだ。

アメリカのメディアでは、

「タックルにくる多くのDF陣をかわしてボールを運んだ。この右サイドの18歳は若きアッズーリにとって常に脅威だった」

と堂安律のゴールを称賛。

得点部分以外のプレーでも評価をされていて、

「恐らく非常に近いうちに欧州へ行くのではないか」

といった投稿もあったようだ。

グループリーグを突破して、決勝トーナメントでベネズエラと戦ったが、敗れてしまい。ベスト16で大会を去った。

しかし、堂安律に関して、「グループステージでアジア最高の選手だった」と評価するメディアもあったそうだ。

この大会では3ゴールを決め、イタリア戦では4人抜きドリブル、得点以外のプレーで、会場のみならず、サッカーファンもを沸かせた。

堂安律としては、世界に向けて大きなアピールとなったと思われる。

アピールに成功した?堂安律は、舞台をオランダに移した。

順調に、ステップアップしている堂安律は、どんなプレースタイルなんでしょうかね?

堂安律のプレースタイルとは?

ユースの頃から、ドリブル、シュート、パスの3拍子はすでにプロレベルであったようだ。

さらに、堂安律の特徴の一つである複数のポジションができるという点。

クラブでは、攻撃的なポジションでやっているが、代表では、ボランチと状況に応じてポジションをこなしている。

カットインからのシュート、パスが上手い選手なので攻撃的なポジションが良いのではないかと思います。

こういった選手がいることで、対戦相手によってフォーメーションが変えられるので、どのチームの監督も重宝されているだろう。

堂安律には、ポリシーがあるようで、

「数字を残していれば、何も言われへん。」

とよく口にしているようだ。何か、点取り屋のような発言。

結構、エゴイストなのかな?と思っていましたが、そうではないようですね。

言葉だけ聞くと、やりたい放題、チームプレーを無視するように聞こえますが、自分のやるべきことは、ゴールに絡むことだと決めてるからのようです。

サイドバックをやっていたようですが、その時もゴールに絡むことに拘りを見せていたそうで、譲れない部分であったのでしょうね。

何か、本田圭佑みたいな選手だな(笑)自分のスタイル、得点への拘りなどソックリ。

後は、強靱なメンタルも似ている。ある意味海外向きな選手なんでしょうね。

堂安律は、自分の持ち味を活かすために肉体改造を行っているようで、体脂肪率を一桁まで落としたこともあるようです。

その効果なんでしょうね。得意のドリブルの際、当たられても、倒れない身体を手に入れたのでしょう。

世界と戦うための準備を前からしていたんですね。どの選手もそうだと思いますが、よりストイックにされていたんでしょう。

そして、ガンバ大阪の先輩である宇佐美貴史は、高評価をしていた。

自分と同じ年齢の時よりも完成度は高い。ユースの時でも、トップでやれる力があった。

井手口陽介や堂安律らが、どうチームを引っ張っていくのか?楽しみである。

将来のガンバ大阪を背負う選手である。と言っていた。

先輩に、そこまで言ってもらえるとは、やはり違うものを持っていたんですね。

今は、オランダのFCフロー人間に期限付き移籍で、プレーしていますが、今後は違うクラブに移籍するのでしょうか?

それともガンバ大阪に戻ってくるのでしょうか?

恐らく、堂安律なら、海外でのプレーを望むはず!今後も、堂安律の動向に注目ですね!

こちらの記事も読まれています→堂安律、完全移籍を勝ち取ったが、今後のステップアップはどうするのか?



サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の
フットボールマックスで!